恥ずかしい…消したい…好きな人に送ってすべったLINE5選!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-22 06:00
投稿日:2021-05-22 06:00
 好きな人とのLINEって、彼の本音が知りたいものの、なかなか切り出せないドキドキ感でいっぱいですよね。中には、そんな彼との関係がもどかしくて、勇気を出して関係を一歩進めようと冗談を入れ、見事に引かれてしまった経験がある女性も多いようです……。そこで今回は、好きな人に送ってすべったLINEを5つご紹介しましょう。

え? もしかして引いてる? 好きな人に送ってすべったLINE5選!

1. 私のこと考えてたでしょ♡

 こちらの女性は、なかなか関係が発展しない片思い中の彼に、意を決して「私のこと考えてたでしょ♡」と、ハート付きでLINEを送っています。それなのに、二日酔い中の彼は、それどころではなかった様子。

 彼女が、あくまで冗談だったことにしようとフォローのために入れたスタンプが、虚しく青い背景に浮いています。勇気は讃えましょう! ただ、タイミングが悪かったのかもしれません……。

2. 突然のにゃんにゃん言葉

 デートを何度か重ねているのに、なかなかお付き合いまで進展しない2人。ついに彼女が意を決して、“にゃんにゃん言葉”で、思い切り甘えてみたそう。ところが、彼はそういう言葉を使う女の子がどうしても苦手らしく、不快感を隠さずに言葉にしてしまったようです……。

 心が折れて敬語に戻した後の彼女と、不快感満載の彼。この後のデートは、きっと辛い時間になってしまったことでしょう。それにしても、彼、正直すぎませんか? もう少し、オブラートに包んで伝えてほしいところですよね。

3. 距離を縮めようと決死のダジャレ

 こちらの女性、相当勇気のある挑戦をしました。お見合いで知り合った彼は、硬派でなかなか敬語を崩してくれない真面目な男性。そんな距離感を縮めるべく、「敬語じゃなくても大丈夫」と伝えた彼女。と、ここまでは良かったのですが、何を思ったか、場を和ませるためにダジャレを連発してしまいました。

 ところが、返ってきた返信は、「またお会いできるのを楽しみにしています」というもの。正直、真面目すぎて、冗談が通じたのかすらわからないですね。それにしても、なぜダジャレをチョイスしたのか……恋は盲目!としか言えません。

4. 付き合っちゃいますか!

 こちらの女性は、一緒にイベントを企画していた彼に片思いをしてしまったそうです。とにかく話が合って居心地が良く、2人で企画を進める時間も楽しかったので、「もしかしたら両想いかも?」と期待していました。彼からも「相性最高!」と入ってきた瞬間、彼女は意を決して「このまま付き合っちゃいますか!」と宣言してみたそう。

 でも、男性の答えは「NO」。しかも彼女がいると言われてしまい、今すぐに穴があったら入りたい心境になってしまったとのこと。いますよね、こういう男性。「結局みんなに優しくしてたんだ……」と、がっくりきてしまいます。

5. 気づいたら来てました♡

 こちらの女性は、「好きな彼の職場まで気づいたら来てしまいました」と、思い切ったLINEを送ってみたそうです。それなのに、なんと彼女がいたことが発覚! 顔から火が出るほど恥ずかしくて、必死に冗談だったことにしたつもりだそうですが……。

 思い出すだけでも、切なく恥ずかしい思い出になってしまいましたね。泣きながらパンを食べる彼女の姿が思い浮かびます。新しい恋が見つかりますように!

彼に送ってすべったLINEは心の闇に葬り去ろう!

 5つのすべったLINEをご紹介しましたが、どれもとても恥ずかしく、どこか切ない内容でした。でも、送ってしまった過去を変えることはできません。もう諦めて、なかったことにして、ぜひ新しい恋に挑戦してもらいたいです! そして、LINEを送った勇気はそのままに、好きな人のハートを積極的に射止められますように♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...