恥ずかしい…消したい…好きな人に送ってすべったLINE5選!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-22 06:00
投稿日:2021-05-22 06:00
 好きな人とのLINEって、彼の本音が知りたいものの、なかなか切り出せないドキドキ感でいっぱいですよね。中には、そんな彼との関係がもどかしくて、勇気を出して関係を一歩進めようと冗談を入れ、見事に引かれてしまった経験がある女性も多いようです……。そこで今回は、好きな人に送ってすべったLINEを5つご紹介しましょう。

え? もしかして引いてる? 好きな人に送ってすべったLINE5選!

1. 私のこと考えてたでしょ♡

 こちらの女性は、なかなか関係が発展しない片思い中の彼に、意を決して「私のこと考えてたでしょ♡」と、ハート付きでLINEを送っています。それなのに、二日酔い中の彼は、それどころではなかった様子。

 彼女が、あくまで冗談だったことにしようとフォローのために入れたスタンプが、虚しく青い背景に浮いています。勇気は讃えましょう! ただ、タイミングが悪かったのかもしれません……。

2. 突然のにゃんにゃん言葉

 デートを何度か重ねているのに、なかなかお付き合いまで進展しない2人。ついに彼女が意を決して、“にゃんにゃん言葉”で、思い切り甘えてみたそう。ところが、彼はそういう言葉を使う女の子がどうしても苦手らしく、不快感を隠さずに言葉にしてしまったようです……。

 心が折れて敬語に戻した後の彼女と、不快感満載の彼。この後のデートは、きっと辛い時間になってしまったことでしょう。それにしても、彼、正直すぎませんか? もう少し、オブラートに包んで伝えてほしいところですよね。

3. 距離を縮めようと決死のダジャレ

 こちらの女性、相当勇気のある挑戦をしました。お見合いで知り合った彼は、硬派でなかなか敬語を崩してくれない真面目な男性。そんな距離感を縮めるべく、「敬語じゃなくても大丈夫」と伝えた彼女。と、ここまでは良かったのですが、何を思ったか、場を和ませるためにダジャレを連発してしまいました。

 ところが、返ってきた返信は、「またお会いできるのを楽しみにしています」というもの。正直、真面目すぎて、冗談が通じたのかすらわからないですね。それにしても、なぜダジャレをチョイスしたのか……恋は盲目!としか言えません。

4. 付き合っちゃいますか!

 こちらの女性は、一緒にイベントを企画していた彼に片思いをしてしまったそうです。とにかく話が合って居心地が良く、2人で企画を進める時間も楽しかったので、「もしかしたら両想いかも?」と期待していました。彼からも「相性最高!」と入ってきた瞬間、彼女は意を決して「このまま付き合っちゃいますか!」と宣言してみたそう。

 でも、男性の答えは「NO」。しかも彼女がいると言われてしまい、今すぐに穴があったら入りたい心境になってしまったとのこと。いますよね、こういう男性。「結局みんなに優しくしてたんだ……」と、がっくりきてしまいます。

5. 気づいたら来てました♡

 こちらの女性は、「好きな彼の職場まで気づいたら来てしまいました」と、思い切ったLINEを送ってみたそうです。それなのに、なんと彼女がいたことが発覚! 顔から火が出るほど恥ずかしくて、必死に冗談だったことにしたつもりだそうですが……。

 思い出すだけでも、切なく恥ずかしい思い出になってしまいましたね。泣きながらパンを食べる彼女の姿が思い浮かびます。新しい恋が見つかりますように!

彼に送ってすべったLINEは心の闇に葬り去ろう!

 5つのすべったLINEをご紹介しましたが、どれもとても恥ずかしく、どこか切ない内容でした。でも、送ってしまった過去を変えることはできません。もう諦めて、なかったことにして、ぜひ新しい恋に挑戦してもらいたいです! そして、LINEを送った勇気はそのままに、好きな人のハートを積極的に射止められますように♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ