恥ずかしい…消したい…好きな人に送ってすべったLINE5選!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-22 06:00
投稿日:2021-05-22 06:00
 好きな人とのLINEって、彼の本音が知りたいものの、なかなか切り出せないドキドキ感でいっぱいですよね。中には、そんな彼との関係がもどかしくて、勇気を出して関係を一歩進めようと冗談を入れ、見事に引かれてしまった経験がある女性も多いようです……。そこで今回は、好きな人に送ってすべったLINEを5つご紹介しましょう。

え? もしかして引いてる? 好きな人に送ってすべったLINE5選!

1. 私のこと考えてたでしょ♡

 こちらの女性は、なかなか関係が発展しない片思い中の彼に、意を決して「私のこと考えてたでしょ♡」と、ハート付きでLINEを送っています。それなのに、二日酔い中の彼は、それどころではなかった様子。

 彼女が、あくまで冗談だったことにしようとフォローのために入れたスタンプが、虚しく青い背景に浮いています。勇気は讃えましょう! ただ、タイミングが悪かったのかもしれません……。

2. 突然のにゃんにゃん言葉

 デートを何度か重ねているのに、なかなかお付き合いまで進展しない2人。ついに彼女が意を決して、“にゃんにゃん言葉”で、思い切り甘えてみたそう。ところが、彼はそういう言葉を使う女の子がどうしても苦手らしく、不快感を隠さずに言葉にしてしまったようです……。

 心が折れて敬語に戻した後の彼女と、不快感満載の彼。この後のデートは、きっと辛い時間になってしまったことでしょう。それにしても、彼、正直すぎませんか? もう少し、オブラートに包んで伝えてほしいところですよね。

3. 距離を縮めようと決死のダジャレ

 こちらの女性、相当勇気のある挑戦をしました。お見合いで知り合った彼は、硬派でなかなか敬語を崩してくれない真面目な男性。そんな距離感を縮めるべく、「敬語じゃなくても大丈夫」と伝えた彼女。と、ここまでは良かったのですが、何を思ったか、場を和ませるためにダジャレを連発してしまいました。

 ところが、返ってきた返信は、「またお会いできるのを楽しみにしています」というもの。正直、真面目すぎて、冗談が通じたのかすらわからないですね。それにしても、なぜダジャレをチョイスしたのか……恋は盲目!としか言えません。

4. 付き合っちゃいますか!

 こちらの女性は、一緒にイベントを企画していた彼に片思いをしてしまったそうです。とにかく話が合って居心地が良く、2人で企画を進める時間も楽しかったので、「もしかしたら両想いかも?」と期待していました。彼からも「相性最高!」と入ってきた瞬間、彼女は意を決して「このまま付き合っちゃいますか!」と宣言してみたそう。

 でも、男性の答えは「NO」。しかも彼女がいると言われてしまい、今すぐに穴があったら入りたい心境になってしまったとのこと。いますよね、こういう男性。「結局みんなに優しくしてたんだ……」と、がっくりきてしまいます。

5. 気づいたら来てました♡

 こちらの女性は、「好きな彼の職場まで気づいたら来てしまいました」と、思い切ったLINEを送ってみたそうです。それなのに、なんと彼女がいたことが発覚! 顔から火が出るほど恥ずかしくて、必死に冗談だったことにしたつもりだそうですが……。

 思い出すだけでも、切なく恥ずかしい思い出になってしまいましたね。泣きながらパンを食べる彼女の姿が思い浮かびます。新しい恋が見つかりますように!

彼に送ってすべったLINEは心の闇に葬り去ろう!

 5つのすべったLINEをご紹介しましたが、どれもとても恥ずかしく、どこか切ない内容でした。でも、送ってしまった過去を変えることはできません。もう諦めて、なかったことにして、ぜひ新しい恋に挑戦してもらいたいです! そして、LINEを送った勇気はそのままに、好きな人のハートを積極的に射止められますように♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ
長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理
 何年も付き合っていた彼女とは結婚しないまま別れて、その後に付き合った新しい彼女とあっさり結婚する男性って少なからずいま...
田中絵音 2021-09-14 18:11 ラブ
恋愛にドライになりたい…真似したい性格の特徴&恋愛傾向
 恋愛に依存してしまうと精神的に追い詰められてしまうことも多く、疲れてしまいますよね。恋愛にドライな友人を見て、「あんな...
恋バナ調査隊 2021-09-14 06:00 ラブ