キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-11 06:05
投稿日:2021-06-11 06:00
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデートでキスするのがベストなのかわからず、悩んでいる女性も多いでしょう。そこで今回は、デート中にキスする最適なタイミングや、男性からのキスしたいサインをご紹介していきます。

キスは何回目のデートでするのがベストなの?

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 何回目のデートでキスするかどうかの判断は、本当に人それぞれ。「好きな人なら初デートでもOK」という人もいれば、「正式に付き合ってから」という人も。中には、「付き合い始めてもしばらくはNG」という人もいるようです。

 一般的には、早すぎず遅すぎない3回目のデートがベストだと言われます。確かに、会ってすぐよりも、少し慣れた3回目くらいのほうが、自然な流れでキスをできるかもしれませんね。

デート中にキスをする最適な4つのタイミング

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 まだカップルになっていなくても、お互いに好意を持っているとわかったら、デート中に「キスしたいな」と思ったことがあるはず。キスは何回目のデートでするかということよりも、雰囲気やタイミングが大事です。そこで、デート中にキスをする最適な4つのタイミングを見ていきましょう。

1. デートの別れ際

 楽しかったデートが終わる時間が近づいてくると、「まだ一緒にいたい」「寂しい」など、いろいろな気持ちが湧き上がってくるもの。相手への好意が強いほど、名残惜しい気持ちが大きくなります。

 そんなデートの別れ際は、キスをする絶好のタイミング。楽しかったデートが終わる時にはお互いの気持ちが高まり、同じ気持ちになりやすい瞬間でもあるので、自然にキスができる最大のチャンスだと言えるでしょう。

2. 夜景を見ながら

 夜景が綺麗な場所は、カップルに人気のデートスポット。大好きな男性と夜景を見ていると、ロマンチックな雰囲気に流されてついキスしてしまう人も多いそうです。

 ネットでも話題のおすすめの夜景スポットであれば、集まっている人たちもカップルばかり。ほかのカップルがイチャイチャしている姿を目の当たりにすると、「私たちも……」と影響されることもあるでしょう。

3. どちらかが告白してカップルになった瞬間

 どちらかが告白をしてカップルになれた瞬間は、お互いの気持ちが最高潮に達しているので、男女どちらも「キスしたい」と思うタイミングです。

 デートをする間柄なら、少なくともどちらかには好意があるもの。もし、デート中の告白で両思いであることが判明したら、どんな人でも嬉しくてたまらなくなってしまいます。

4. 見つめ合った瞬間

 人通りの少ない公園や個室のレストランなどでデートしていると、ふとした瞬間につい見つめ合ってしまうことってありますよね。

 そんなお互いの気持ちが通じ合った瞬間も、キスをする絶好のタイミングです。夜のデートで少しお酒が入った状態だと、アルコールを飲まない昼間のデートよりも良いムードになりやすいですよ。

男性からの“キスしたいサイン”をチェック♡

ボディタッチが増えたら…(写真:iStock)
ボディタッチが増えたら… (写真:iStock)

 続いては、男性がキスしたい時に出すサインをチェックしていきましょう。サインがわかれば心の準備ができるようになるので、デート中にハラハラすることも少なくなるはずです。

1. 距離が近くなる

 男性とデートしている時に、「あれ? 何だか急に距離が近くなった?」と感じたことはありませんか? これは、男性からのキスをしたいサインである可能性が高いでしょう。

 スムーズにキスをするためには、ある程度距離を縮めることが必要です。そのため、男性はキスを意識した時に、女性との距離を縮めて自分がキスしやすいポジションを見極めているのです。

2. 口数が少なくなる

 デート中に、「どうやって女性にキスしようか」ということばかり考えていると、男性は自然と無口になってしまうもの。彼が突然無口になって、何かを考えているような表情をしている場合は、キスをする作戦を練っているのかもしれません。

3. ボディタッチの回数が多くなる

 積極的な男性は、キスしたいと思った時に距離を縮めるだけでなく、ボディタッチの回数も多くなります。軽く肩に手を乗せてきたり、腰に手を回してくるなら、キスしたいサインである可能性大。

 中には、人通りの多い場所でも気にせずボディタッチしてくるタイプも。もしも、「ここではちょっと嫌だな……」と思う場合は、無理せずに断る勇気も必要です。

4. じっと目を見つめてくる

 男性は「キスしたい」と思った時、女性の気持ちを確かめるために、じっと目を見つめてくることがあります。相手の女性の気持ちがわからないままでは、どんなにキスがしたくても行動に移すことができません。

 あなたも彼のことが気になっているなら、目をそらさず彼の目を見つめ返してあげましょう。同じ気持ちであることが伝われば、きっと彼も安心してキスしてくれるはずですよ。

キスは“何回目”より“シチュエーション”を大事にしよう♡

ペースやシチュエーションを大事に(写真:iStock)
ペースやシチュエーションを大事に (写真:iStock)

 一般的には、3回目のデートでキスするのがベストだという意見が多いようですが、デートに出かける場所や相手の男性の性格によっても変わってきます。

「何回目のデートでキスをするか」ということよりも、二人に合ったペースやシチュエーションを大事にしてくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ