リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-13 06:00
投稿日:2021-02-13 06:00
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソレータムから、色付きや香り付き、オーガニックなど、種類が豊富で何を選んで良いのかわからない人も多いでしょう。
 そこで今回は、リップクリームの選び方と正しい使い方をご紹介します。自分の悩みに合ったリップクリームで、乾燥知らずの唇を目指しましょう♪

リップクリームの選び方! チェックするべき4つのこと

自分の悩みに合わせて選ぶことが大切!(写真:iStock)
自分の悩みに合わせて選ぶことが大切! (写真:iStock)

「リップクリームは何を選んでも一緒」と思っている人も多いかもしれませんが、実はリップクリームこそ、選ぶ種類によって効果が違います。まずはじめに、選ぶ時にチェックするべきポイントを見ていきましょう。

1. ライフスタイルに合った使いやすいものを選ぶ

 リップクリームには、手を汚さずに塗れる「スティックタイプ」、柔らかくて使いやすい「バームタイプ」、馴染みの良い「チューブタイプ」などがあります。

 スティックタイプは硬めのテクスチャですので、乾燥がひどい場合は塗りにくさを感じてしまうことも。対して、バームタイプやチューブタイプは伸びが良いものの、使用時に手が汚れてしまうのが難点です。それぞれメリット&デメリットがあるので、自分のライフスタイルに合う使いやすいリップクリームを選ぶようにしましょう。

2. 保湿力が高いものを選ぶ

 基本的にリップクリームは、唇を乾燥から守るために使うもの。そのため、保湿力の高いものを選んだほうが効果が期待できると言えます。

 ヒアルロン酸やホホバオイル、ハチミツエキスやスクワランなど、保湿効果が高い成分が含まれているかをチェックしましょう。

3. 自分の悩みに合ったものを選ぶ

 リップクリームは、大きく分けて「医薬品・医薬部外品・化粧品」の3つの種類に分類されます。

 唇の荒れがひどい場合は炎症を抑える成分が配合されている医薬品リップを、乾燥予防が目的の場合は医薬部外品である薬用リップが良いでしょう。また、化粧品のリップクリームは、日々の保湿ケアにおすすめです。

 それぞれ効果が違うので、自分の悩みに合ったリップクリームを選びましょう。

4. 敏感肌にはオーガニックタイプがおすすめ

 ただでさえ、唇の皮膚はとても薄いので、敏感肌の人は特に注意が必要。

 一般的に販売されているリップクリームには保湿力のある化学成分が配合されているため、肌負担が少ないかを確認して選ぶようにしましょう。その点、オーガニックタイプは天然由来の肌に優しい成分でできているため、敏感肌の人でも安心して使用できますね。

リップクリームの正しい使い方! 5つのポイントをチェック

正しい使い方で美しい唇に♡(写真:iStock)
正しい使い方で美しい唇に♡ (写真:iStock)

 続いては、リップクリームの正しい使い方のポイントを見ていきましょう。自分に合ったリップクリームの効果を、最大限に引き出すことにもつながりますよ♪

1. リップクリームを塗る前に唇の汚れをしっかり落とす

 汚れた唇にリップクリームを塗るとムラになってしまう可能性があるため、必ず唇の汚れを落としてから塗りましょう。

 とはいえ、汚れを落とすために唇をゴシゴシ拭くのは絶対にNG。摩擦は荒れた唇の大敵ですので、ティッシュやコットンなどで優しくオフするようにしてくださいね。

2. リップクリームは温めてから塗る

 リップクリームは、「冷えると硬くなる」という特徴があります。硬くなってしまったリップクリームをそのまま唇に擦りつけると、唇の荒れが酷くなってしまうことも。

 それを防ぐためには、塗る前に体温で温めることが肝心。こうすることでリップクリームが柔らかくなり、なめらかに伸ばすことができるようになりますよ。

3. 塗る頻度をしっかり守る

 唇の乾燥が気になるとはいえ、リップクリームを塗りすぎると逆効果になってしまうこともあるので注意が必要。リップクリームの効果的な頻度は、一日3〜5回だと言われています。製品によっても違うので、用法に従って使用しましょう。

 朝の洗顔後や歯磨き後、お風呂あがりなど、自分の覚えやすいタイミングを決めておくと良いですね。

4. 縦方向に丁寧に塗る

 スティックタイプのリップクリームを横向きに塗っている人は多いですが、リップクリームは縦方向に使用するのが正解。

 唇を鏡でよく見てみると、縦方向に細かいシワがありますよね。この線に沿って塗ると、シワの中に保湿成分が浸透しやすくなるそうです。横向きに塗ると効果が半減してしまうので、縦のラインに沿って丁寧に塗るようにしましょう。

5. 昼用と夜用を使い分ける

 昼用と夜用でリップクリームを使い分けるのも、おすすめです。紫外線は唇が荒れてしまう原因のひとつでもあるので、日中は紫外線ケアがしっかりできるリップクリームを選びましょう。

 対して、就寝前のリップケアには保湿効果が高いものがおすすめ。自分好みの香りつきのものを選ぶと、リラックス効果も期待できますよ。

正しい選び方でお気に入りのリップクリームを見つけよう♡

しっかり選んでツヤツヤ唇を目指そう♪(写真:iStock)
しっかり選んでツヤツヤ唇を目指そう♪ (写真:iStock)

 リップクリームを購入する際、価格や使いやすさなどだけに注目してリップクリームを選んでいた人も多いはず。でも、自分の悩みに合った選び方がわかれば、さらに効果的にリップクリームを活用できるでしょう。ぜひ、正しいケアで「ツヤのある唇」を手に入れてくださいね♡

ビューティー 新着一覧


夕方に毛穴が目立つのはなぜ? 5つの原因別対処法をご紹介
「朝、完璧にメイクしたつもりが、夕方になると毛穴が目立ってしまう……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな夕方に...
夏ビューティ♡ 雑誌付録で新スキンケア&限定ネイルが試せる
 美容雑誌の付録で、いろんなアイテムをお試し中! 気になっていたアイテムを気楽に試せるのは楽しいですし、しっかり試せるサ...
パフ&スポンジを水ありで使うとメイク持ちUP♡ 使い方のコツ
 ファンデーションには欠かせない、パフ&スポンジ。ファンデーション選びにはこだわっても、パフやスポンジは適当に使っている...
愛され女子に共通する6つの美習慣♡ 簡単な就寝前のケア方法
 女性から見て「素敵だな」と思える人は、男性にも魅力的に映り、愛される傾向にありますよね。中には「美人に生まれていいな」...
男ウケのいい“モテるネイル”のポイント5つ♡男性の本音も
 女性にとって、ネイルはおしゃれの一部。毎日いろいろな柄や色を楽しんでいる人は多いでしょう。でも、女性が可愛いと思うネイ...
真夏のドライヤー時間は短縮できる! おすすめ簡単時短術3選
 みなさんは、ドライヤーにどのくらいの時間をかけていますか? 夏はドライヤーをかけるだけで暑いので、ドライヤー自体を省い...
コンシーラーのメイク崩れを解消♡ 原因&ヨレない方法4つ
 コンシーラーはクマやシミ、くすみや毛穴などの肌トラブルをキレイに隠してくれる優れもののアイテム。でも、使い方を間違えて...
太ももを細くするための5つのポイント&簡単エクササイズ♪
 太ももは、多くの女性が「少しでも細くなりたい!」と思っている部位。しかし、一度脂肪が付いてしまうと、なかなか細くならな...
ボディスクラブで“うるツヤ肌”に♡4種類の特徴&正しい使い方
「ボディスクラブ」はクリームやジェルの中に細かい粒子が入っていて、マッサージすることで古い角質を落としてくれる優れたアイ...
“ダサい”は卒業!大人女性のスニーカーコーデのコツ&注意点
 近年、大人女性に大人気の「スニーカー」。なんといっても歩きやすいので、一度履くと手放せなくなってしまいますよね。とはい...
ここが残念…! 見過ごしがちな“老け見えポイント”の克服法
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。老化の大敵であるシワやシミを意識してケアする女性は非常に多いのですが、優先順...
化粧品サンプルの使用期限はいつ?上手に使い切る11個の方法
 雑誌の付録や、デパートの化粧品売り場でなどでもらえる「化粧品サンプル」。使いそびれて、ついつい溜まっていませんか? 実...
「コスメキッチン」の優秀アイテム3選♪肌レベルアップを実感
 人気急上昇中のコスメショップ「コスメキッチン」のアイテムで、肌レベルをアップさせてみてはいかがでしょうか♪ 肌の変化を...
これぞ究極の時短!面倒な美容も10秒で終わるミストコスメ3選
 夏場の時短美容では、ミストを活用するのが王道。クイックに狙いどおりの使用感を得やすく、出先などで手早くケアをするのに最...
大胸さん必見!胸を小さく見せる洋服の選び方6つのポイント
 胸に関するコンプレックスは人それぞれ。「貧乳をどうにかしたい!」と悩む女性もいれば、「胸をどうにか小さく見せたい!」と...
すぐに実践♡ 簡単イメチェン方法4つ&失敗しないポイント
 失恋した時や季節の変わり目、環境が変化した時など、女性にはそれぞれイメチェンしたいと思う時がありますよね。中には、「簡...