リップクリームで乾燥知らずのうるツヤ唇に♡選び方&使い方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-13 06:00
投稿日:2021-02-13 06:00
 唇を乾燥から守ってくれるリップクリーム。「一年中手放せない」という人も多い、必須アイテムのひとつですよね。定番のメンソレータムから、色付きや香り付き、オーガニックなど、種類が豊富で何を選んで良いのかわからない人も多いでしょう。
 そこで今回は、リップクリームの選び方と正しい使い方をご紹介します。自分の悩みに合ったリップクリームで、乾燥知らずの唇を目指しましょう♪

リップクリームの選び方! チェックするべき4つのこと

自分の悩みに合わせて選ぶことが大切!(写真:iStock)
自分の悩みに合わせて選ぶことが大切! (写真:iStock)

「リップクリームは何を選んでも一緒」と思っている人も多いかもしれませんが、実はリップクリームこそ、選ぶ種類によって効果が違います。まずはじめに、選ぶ時にチェックするべきポイントを見ていきましょう。

1. ライフスタイルに合った使いやすいものを選ぶ

 リップクリームには、手を汚さずに塗れる「スティックタイプ」、柔らかくて使いやすい「バームタイプ」、馴染みの良い「チューブタイプ」などがあります。

 スティックタイプは硬めのテクスチャですので、乾燥がひどい場合は塗りにくさを感じてしまうことも。対して、バームタイプやチューブタイプは伸びが良いものの、使用時に手が汚れてしまうのが難点です。それぞれメリット&デメリットがあるので、自分のライフスタイルに合う使いやすいリップクリームを選ぶようにしましょう。

2. 保湿力が高いものを選ぶ

 基本的にリップクリームは、唇を乾燥から守るために使うもの。そのため、保湿力の高いものを選んだほうが効果が期待できると言えます。

 ヒアルロン酸やホホバオイル、ハチミツエキスやスクワランなど、保湿効果が高い成分が含まれているかをチェックしましょう。

3. 自分の悩みに合ったものを選ぶ

 リップクリームは、大きく分けて「医薬品・医薬部外品・化粧品」の3つの種類に分類されます。

 唇の荒れがひどい場合は炎症を抑える成分が配合されている医薬品リップを、乾燥予防が目的の場合は医薬部外品である薬用リップが良いでしょう。また、化粧品のリップクリームは、日々の保湿ケアにおすすめです。

 それぞれ効果が違うので、自分の悩みに合ったリップクリームを選びましょう。

4. 敏感肌にはオーガニックタイプがおすすめ

 ただでさえ、唇の皮膚はとても薄いので、敏感肌の人は特に注意が必要。

 一般的に販売されているリップクリームには保湿力のある化学成分が配合されているため、肌負担が少ないかを確認して選ぶようにしましょう。その点、オーガニックタイプは天然由来の肌に優しい成分でできているため、敏感肌の人でも安心して使用できますね。

リップクリームの正しい使い方! 5つのポイントをチェック

正しい使い方で美しい唇に♡(写真:iStock)
正しい使い方で美しい唇に♡ (写真:iStock)

 続いては、リップクリームの正しい使い方のポイントを見ていきましょう。自分に合ったリップクリームの効果を、最大限に引き出すことにもつながりますよ♪

1. リップクリームを塗る前に唇の汚れをしっかり落とす

 汚れた唇にリップクリームを塗るとムラになってしまう可能性があるため、必ず唇の汚れを落としてから塗りましょう。

 とはいえ、汚れを落とすために唇をゴシゴシ拭くのは絶対にNG。摩擦は荒れた唇の大敵ですので、ティッシュやコットンなどで優しくオフするようにしてくださいね。

2. リップクリームは温めてから塗る

 リップクリームは、「冷えると硬くなる」という特徴があります。硬くなってしまったリップクリームをそのまま唇に擦りつけると、唇の荒れが酷くなってしまうことも。

 それを防ぐためには、塗る前に体温で温めることが肝心。こうすることでリップクリームが柔らかくなり、なめらかに伸ばすことができるようになりますよ。

3. 塗る頻度をしっかり守る

 唇の乾燥が気になるとはいえ、リップクリームを塗りすぎると逆効果になってしまうこともあるので注意が必要。リップクリームの効果的な頻度は、一日3〜5回だと言われています。製品によっても違うので、用法に従って使用しましょう。

 朝の洗顔後や歯磨き後、お風呂あがりなど、自分の覚えやすいタイミングを決めておくと良いですね。

4. 縦方向に丁寧に塗る

 スティックタイプのリップクリームを横向きに塗っている人は多いですが、リップクリームは縦方向に使用するのが正解。

 唇を鏡でよく見てみると、縦方向に細かいシワがありますよね。この線に沿って塗ると、シワの中に保湿成分が浸透しやすくなるそうです。横向きに塗ると効果が半減してしまうので、縦のラインに沿って丁寧に塗るようにしましょう。

5. 昼用と夜用を使い分ける

 昼用と夜用でリップクリームを使い分けるのも、おすすめです。紫外線は唇が荒れてしまう原因のひとつでもあるので、日中は紫外線ケアがしっかりできるリップクリームを選びましょう。

 対して、就寝前のリップケアには保湿効果が高いものがおすすめ。自分好みの香りつきのものを選ぶと、リラックス効果も期待できますよ。

正しい選び方でお気に入りのリップクリームを見つけよう♡

しっかり選んでツヤツヤ唇を目指そう♪(写真:iStock)
しっかり選んでツヤツヤ唇を目指そう♪ (写真:iStock)

 リップクリームを購入する際、価格や使いやすさなどだけに注目してリップクリームを選んでいた人も多いはず。でも、自分の悩みに合った選び方がわかれば、さらに効果的にリップクリームを活用できるでしょう。ぜひ、正しいケアで「ツヤのある唇」を手に入れてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...