不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-19 06:09
投稿日:2021-06-19 06:00
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら、静かに着実に、証拠を集めているのです。今回は、そんな不倫夫を見張る妻が見た、不倫相手からの恐怖の驚愕LINEを5つご紹介します。言い訳できない証拠を、みんなでしっかり目に焼き付けましょう!

不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE5つ

1.「子供たちと今度遊びたいな」

 こちらのLINEは、夫が入浴中に妻がこっそり覗いた内容です。相手の名前が「企画グループ」になっていて、「ホテル、よかったね♡」と書いてある時点で、しっかりとした不倫の証拠になりますね。ただ、怖かったのはその後……。

 なんと、不倫相手の女性は妻抜きで子供たちと仲良くなり、さらに、味方につけようとしていたのです! これには、妻も恐怖で身が震えたとか。この後、夫には離婚を突きつけ、「子供たちを巻き込まないで」と冷たく突き放したそうです。

2.「奥さん違う人と不倫するよ」

 こちらのLINEは、不倫相手の女性から、なんと「奥さんはもうすぐほかの男性と不倫する」という予告のような内容でした。そして、文章の最後には「別れさせ屋」という単語が……。思い起こせば、最近、言い寄ってくる男性が確かにいたのだとか。

「まあ、叶わない恋だけどw」と笑っているのを見て、「うちの夫はこんな卑劣な女性を好きになったのか」と、情けなくなったそうです。この時に、夫への愛は完全に冷めてしまったそう。

 夫のLINEは、開けてはいけないパンドラの箱のようなもの。でも、この女性は、勇気を出して覗いてみてよかったと思ったそうです。

3.「子供ができたよ♡」

「実は子供ができたよ! 楽しみ♡」と、幸せいっぱいのこちらのLINE。一見、ラブラブな新婚夫婦のような文面ですが、不倫相手の女性との会話だから余計に怖さが倍増しますよね。風邪でデートができなくなった2人ですが、「妻に看病されちゃって抜けられなくて」という夫の文章に、妻は涙が止まらなかったそうです……。

 妊娠が本当の話かはわかりませんが、こんなにひどい夫とは1日も早く別れたほうが良いかもしれません。

4.「花束飾ってくれた?」

 こちらのLINEは、部下と不倫している夫のLINEを妻が覗いた時のもの。そういえば数日前、とても大きくて綺麗な花束が名無しで届いたのだとか。夫の誕生日だったので、名前を入れ忘れた知り合いからのお祝いかなと思い、妻は何も疑わずにリビングに飾ったそうです。

 しかし、それがまさか不倫相手の女性から送られてきたものだったとは……。夫は、もう50代。かなり若い部下と不倫関係にあったことが、後でわかったそうです。

 花には罪はありません。でも、こんなことがあったら、今後、綺麗な花束を見るだけで疑心暗鬼になってしまいそうですね。

5.「奥さんから電話がきて……」

 こちらのLINEは、夫がスマホを忘れて出かけていった日に妻が覗いた内容です。なんと、不倫相手が「妻から脅しの電話がかかってきた」というメッセージを送ってきたのです。もちろん、妻はそんな電話はしていません。

 不倫相手も必死に考えて、男性に答えを出させようと思ったのでしょう。でも、まさか、妻本人に見られてしまうとは……。この後、できるだけ争いがない状態で話が収まったことを祈ります。

不倫相手からのLINEは背筋も凍る恐ろしさ!

 いけない、いけないと思いながらも、多くの人がハマってしまう不倫。不倫中は、スリルもあり、恋心もさらに燃え上がっていて楽しいかもしれませんが、一歩間違えると、人間の醜い部分を見る羽目になってしまうかも……。

 夫のLINEを見るか見ないかはあなた次第ですが、その中には背筋も凍る恐怖のLINEが届いているかもしれません。ぜひ、覚悟の上でスマホを開くことをおすすめします……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ