女性が送る「復讐LINE」…元カレを震え上がらせた内容5選

コクハク編集部
更新日:2021-04-01 15:46
投稿日:2021-03-27 06:00
 いつの時代も、女性を本気で怒らせたら怖いというのは共通する真実のようです。中でも、恋愛感情が絡むとその恐ろしさは倍増しますよね……。そこで今回は、恨みを持った女性たちが元カレに送った、恐ろしい復讐LINEの数々をご紹介しましょう。

クズ男も元カレも撃沈…女性から届いた恐ろしい復讐LINE5選

1. 週末BBQのLINEに浮気相手を招待

 こちらの夫婦、週末に友達とBBQをすることになっているのですが、そのグループLINEがこちら。実は旦那さんは夫婦共通の知り合い「かなちゃん」と浮気中で、そのことを奥さんは知っていたようです。

 そこで奥さんは、その浮気相手を勝手にグループLINEに招待し、現場で復讐をしようと決意……。実際のBBQの現場では、2人のぎくしゃくしたやりとりを見て厳しいツッコミを入れたり、友達にこっそり2人きりでいる時の様子を聞いたりして、復讐しながらも、着実に証拠を押さえていったとか。うーん、恐ろしいですね……。

2. 会社のグループLINEで2人の関係をわざと誤爆

 こちらの女性は、職場LINEに彼との不倫関係を誤爆……。と思いきや、実はこのLINE、彼女がわざと誤爆した復讐LINEだったのです。もちろん、送信してから24時間は送信取り消しをすることもできますが、そんなことをするはずもありません。

 あえて職場LINEに誤爆することで、奥さんの耳にも自然に不倫の事実が入るように仕向け、さらに一途で苦しんでいる健気な女性を演じることで、味方まで増やそうとしています。非常に計算高い復讐LINEですね。

3. 元カレのスマホに彼の親友との仲良し写真を送信

 都内に住むKさんは、浮気やギャンブルを繰り返し、平気で嘘をつくような最低な元カレへの復讐を決意したそうです。そこでまず、「相談したいことがあるから」と、彼が一番心を許していた親友を飲みに誘い、酔いつぶれた親友にキスしている写真を元カレに送信。

 激怒した元カレは、親友を問いただし、2人の友情は壊れてしまったそう。彼の親友には悪いことをしたと感じているそうですが、このくらいの復讐をしないと気が済まなかったと後悔はしていないそうです。普段、おとなしい女性ほど怒ると怖いもの。男性の皆さん、女性は大切にしましょう。

4. 自分を捨てた元カレからの連絡に幸せいっぱいの復讐LINE

 突然の元カレからの連絡。実はこの彼氏、交際中に自分にお金を貢いでくれるお金持ちの女性と浮気。散々お金を借りたまま、彼女を捨てて逃げてしまった男性だそうです。

 いつか見返してやろうと、ずっと復讐の機会を待っていた彼女。そこに届いたLINEに、ここぞとばかりに幸せをぶつけて見返してやったとのことです。再会したいという彼の願いにOKを出しつつも、しっかり貸したお金の返済も要求した彼女。これで元カレも、猛省してくれたことを願います。

5. 義母に夫の真実を誤送信

 こちらの女性は、夫に浮気されただけでなく、隠し子までいることが発覚したそう。これ以上ないショックの中、どうしても彼に復讐したいと思い立ち、誤爆のフリをして、彼が一番知られたくない実のお母さんにすべての真実を暴露したようです。

 しかも、浮気を一度は許そうとしたことを自然に伝えることで、より夫が悪者になるよう仕向けるところがすごいですよね。女性が復讐を決意すると、もう誰にも止めることはできないのかもしれません。

女性に復讐LINEを送らせないで! ケリをつけたら次へ進もう!

 女性が復讐LINEを送ろうと思うということは、それなりに心が傷ついたという証拠。それぞれの事情にもよると思いますが、そこにお互いの思いやりや優しさがあったら、復讐したいという心は生まれないはず。復讐LINEを送信したら、そんな男性とはケリをつけて、ぜひ新しい恋や幸せの方向に進んでいってくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ