冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-06-15 08:28
投稿日:2021-06-15 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

働く女性には無理!?お相手のこだわりとは

「お互いに譲歩する」
「お互いに譲歩する」

case7-3.後藤美菜子さん(仮名/47歳)

  目がパッチリとしていて年齢に見合わない美肌の持ち主、後藤美菜子さん(仮名/47歳)は、42歳のときに同い年の宏一さん(仮名)と結婚しました。出会いは、日本仲人協会でのお見合い。担当は、以前取材させていただいた、五十嵐まこ先生です。ですが、宏一さんには働く女性にとっては、なかなかクセのあるこだわりが……。

食事に強いこだわりが(写真:iStock)
食事に強いこだわりが (写真:iStock)

「炊き立てのご飯」「手作りおかず」「つくり置き不可」の衝撃

「彼は一時期、一人暮らしをしていたそうですが、私と出会ったときは家業を継ぐために実家暮らしをしていました。家事はすべてお義母さんまかせ。“名もなき家事”の苦労を忘れたか、知らなかったのかもしれません。

 掃除や洗濯はもちろんしてもらっていて、家に帰れば毎日温かい食事が待っていたそうで、言われました。『結婚したら母がしてくれていたように、家ではいつも、“炊きたて”のごはんが食べたい。夕ごはんと朝ごはんで同じおかずを食べる経験もしてこなかったから、つくり置きも食べたくない。おかずは毎食、手づくりがいい』と」

 衝撃。夫婦が1日3食派で職場が異なれば、働く日、朝と夜は食事をともにする生活になります。うち2食に、炊きたてのご飯とそのときにつくったおかずを供する。フルタイムでも時短でも、仕事をしている女性にとっては、クリアするのは相当難関。いや、専業主婦でもお子さんがいたら難しい。

 筆者は思わず、「無理案件! せめてうち1食は、レトルトごはんとスーパーのお惣菜や冷凍食品でいいではないですか!! もしごはんが余ったら、炊きたてにこだわる旦那様は食さず、美菜子さんが次の食事で残りを食べるんですよね? 解せない!」と言ってしまいました。

 最初は美菜子さんも筆者と同様の思いを抱えたようで、伝えたそうです。「それだけの家事量を私に求めてくるのであれば、仕事は続けられません。専業主婦希望の人と結婚したほうがいいのでは」と、ストレートに。

それでいて仕事も続けてほしい!?

 美菜子さんの率直な物言いに、宏一さんはもじもじしながらまたも驚愕の発言を重ねます。

「いや、女性には結婚後も働いてもらわないと困るんだよね。家事も全部してほしい」

 宏一サン、ナニヲ言ッテイルノデショウネ? ドレダケ我儘ヲ言エバ気ガスムノデスカ?? 筆者は頭が混乱しました。

 筆者なら、こう言われた時点ですみやかに、確実に退散します。譲歩するのであれば、キッチンつきウィークリーマンションで仮同棲をして、最低でも半年間は自身の求める妻像を相手に担当してもらってから、あらためて会議を開くとか。

 余談ですが、キッチンつきウィークリーマンションでの仮同棲、オススメです。お互い、あるいはどちらかが一人暮らしの場合は、部屋の解約をせずに。生活スタイルが如実にわかるため、生涯をともにすごせる相手かどうかの判断がつきやすいからです。実際に別媒体のインタビューで、仮同棲を経て結婚に至ったカップルがいました。

無茶振りへの対抗策「ウインザー効果」

同性の第三者に自分を売り込んでもらう(写真:iStock)
同性の第三者に自分を売り込んでもらう (写真:iStock)

 さて美菜子さんですが。宏一さんの無茶振りには屈しませんでした。ある策を講じるのです。

「彼と、何人かの女友達との食事中に言ったんです。『宏一さんは炊きたてのごはんしか受けつけなくて、冷凍ごはんは食べないんだよね』と。悩みを吐露するように言うと深刻な雰囲気になってしまうので、あくまでも笑いに変える方向で。

 そうしたら、彼女たちが私の味方になってくれて。『宏一さんは、働きながら家事を担うオンナの敵だ!』と、非難したんです。彼は彼女たちの言葉で、『自分のスタンダードは間違っていたのか』と思い直してくれたみたいです。以来、冷凍ごはんには文句を言わず、食べてくれるようになりました」

 美菜子さん、切れ者! 本人が直接訴えかけるよりも、第三者を介した口コミや情報のほうが信頼性を増すという、心理学の「ウインザー効果」を用いたのかもしれません。彼女自身は気づいていないかもしれませんが。

 ウインザー効果は、婚活中ではほかにも活用方法があります。

 できれば第三者の同性から相手に、自分を売り込んでもらうのです。「あの子はモテるから」とか、「あの子を逃したらもったいないよ」とか。緊急事態宣言が明けた暁には、頼まれてもいないのに筆者は実行予定です。本当にいい子なので。婚活でウインザー効果を活用するには、日頃の言動が鍵を握るといえそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...