冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-06-15 08:28
投稿日:2021-06-15 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

働く女性には無理!?お相手のこだわりとは

「お互いに譲歩する」
「お互いに譲歩する」

case7-3.後藤美菜子さん(仮名/47歳)

  目がパッチリとしていて年齢に見合わない美肌の持ち主、後藤美菜子さん(仮名/47歳)は、42歳のときに同い年の宏一さん(仮名)と結婚しました。出会いは、日本仲人協会でのお見合い。担当は、以前取材させていただいた、五十嵐まこ先生です。ですが、宏一さんには働く女性にとっては、なかなかクセのあるこだわりが……。

食事に強いこだわりが(写真:iStock)
食事に強いこだわりが (写真:iStock)

「炊き立てのご飯」「手作りおかず」「つくり置き不可」の衝撃

「彼は一時期、一人暮らしをしていたそうですが、私と出会ったときは家業を継ぐために実家暮らしをしていました。家事はすべてお義母さんまかせ。“名もなき家事”の苦労を忘れたか、知らなかったのかもしれません。

 掃除や洗濯はもちろんしてもらっていて、家に帰れば毎日温かい食事が待っていたそうで、言われました。『結婚したら母がしてくれていたように、家ではいつも、“炊きたて”のごはんが食べたい。夕ごはんと朝ごはんで同じおかずを食べる経験もしてこなかったから、つくり置きも食べたくない。おかずは毎食、手づくりがいい』と」

 衝撃。夫婦が1日3食派で職場が異なれば、働く日、朝と夜は食事をともにする生活になります。うち2食に、炊きたてのご飯とそのときにつくったおかずを供する。フルタイムでも時短でも、仕事をしている女性にとっては、クリアするのは相当難関。いや、専業主婦でもお子さんがいたら難しい。

 筆者は思わず、「無理案件! せめてうち1食は、レトルトごはんとスーパーのお惣菜や冷凍食品でいいではないですか!! もしごはんが余ったら、炊きたてにこだわる旦那様は食さず、美菜子さんが次の食事で残りを食べるんですよね? 解せない!」と言ってしまいました。

 最初は美菜子さんも筆者と同様の思いを抱えたようで、伝えたそうです。「それだけの家事量を私に求めてくるのであれば、仕事は続けられません。専業主婦希望の人と結婚したほうがいいのでは」と、ストレートに。

それでいて仕事も続けてほしい!?

 美菜子さんの率直な物言いに、宏一さんはもじもじしながらまたも驚愕の発言を重ねます。

「いや、女性には結婚後も働いてもらわないと困るんだよね。家事も全部してほしい」

 宏一サン、ナニヲ言ッテイルノデショウネ? ドレダケ我儘ヲ言エバ気ガスムノデスカ?? 筆者は頭が混乱しました。

 筆者なら、こう言われた時点ですみやかに、確実に退散します。譲歩するのであれば、キッチンつきウィークリーマンションで仮同棲をして、最低でも半年間は自身の求める妻像を相手に担当してもらってから、あらためて会議を開くとか。

 余談ですが、キッチンつきウィークリーマンションでの仮同棲、オススメです。お互い、あるいはどちらかが一人暮らしの場合は、部屋の解約をせずに。生活スタイルが如実にわかるため、生涯をともにすごせる相手かどうかの判断がつきやすいからです。実際に別媒体のインタビューで、仮同棲を経て結婚に至ったカップルがいました。

無茶振りへの対抗策「ウインザー効果」

同性の第三者に自分を売り込んでもらう(写真:iStock)
同性の第三者に自分を売り込んでもらう (写真:iStock)

 さて美菜子さんですが。宏一さんの無茶振りには屈しませんでした。ある策を講じるのです。

「彼と、何人かの女友達との食事中に言ったんです。『宏一さんは炊きたてのごはんしか受けつけなくて、冷凍ごはんは食べないんだよね』と。悩みを吐露するように言うと深刻な雰囲気になってしまうので、あくまでも笑いに変える方向で。

 そうしたら、彼女たちが私の味方になってくれて。『宏一さんは、働きながら家事を担うオンナの敵だ!』と、非難したんです。彼は彼女たちの言葉で、『自分のスタンダードは間違っていたのか』と思い直してくれたみたいです。以来、冷凍ごはんには文句を言わず、食べてくれるようになりました」

 美菜子さん、切れ者! 本人が直接訴えかけるよりも、第三者を介した口コミや情報のほうが信頼性を増すという、心理学の「ウインザー効果」を用いたのかもしれません。彼女自身は気づいていないかもしれませんが。

 ウインザー効果は、婚活中ではほかにも活用方法があります。

 できれば第三者の同性から相手に、自分を売り込んでもらうのです。「あの子はモテるから」とか、「あの子を逃したらもったいないよ」とか。緊急事態宣言が明けた暁には、頼まれてもいないのに筆者は実行予定です。本当にいい子なので。婚活でウインザー効果を活用するには、日頃の言動が鍵を握るといえそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ