新卒で付き合った3歳上の同僚彼氏には別居中の奥様がいた。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-11-10 19:02
投稿日:2020-11-03 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」の連載です。

東大卒・松たか子似美女の婚活を振り返る

「尽くすだけでは幸せになれない」
「尽くすだけでは幸せになれない」

case3-1.佐伯京香さん(仮名/47歳)

  ご縁があって日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、彼の誕生日に入籍予定とのこと。おめでとうございます! 

 京香さんは初婚、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)はバツイチで、お子さんは元奥様が育てているそうです。

 事前情報によると京香さんは東大卒で、松たか子さん似の美女。英語が堪能で、海外出張もこなし、男性並みの年収を稼ぐキャリアウーマンとのこと。すごい! 天が二物を与えている……! 

 率直な意見を述べると京香さんは、「私は自分自身を、学歴のわりには落ちこぼれだと思っています」と、つつましい態度で現職を教えてくれました。

わざわざ婚活をしなくてもモテるのでは?

女性の管理職はまだまだ少ない(写真:iStock)
女性の管理職はまだまだ少ない (写真:iStock)

「今は、お給料計算のアウトソーシングを担う外資系企業で、中間管理職をしています。有名企業ではないですし、転職を繰り返してきているので、みなさんが東大と聞いてイメージされるような華やかなキャリアではないと思います」 

 厚生労働省の「平成30年度雇用均等基本調査」によると、女性管理職を有する企業の割合は21.7%。管理職に占める女性の割合は、課長相当職以上で11.8%となり、部長相当職では6.7%、課長相当職では9.3%、係長相当職では16.7%とのこと。

 今から35年も前に制定された、「男女雇用機会均等法」が反映されていない現実が浮き彫りとなっています。この状況下で出世を果たすのは、やはり仕事がデキる証なのでしょう。

 共働きの2馬力夫婦が一般的な現代で、美女で高収入の京香さんは、わざわざ婚活をしなくてもモテる女性なのでは? 気になったので過去の恋愛を聞いてみると、「地味な恋愛遍歴ですけれども……」と前置きしつつ、教えてくれました。

浮気されても元妻が忘れられない男

断ち切れない思い(写真:iStock)
断ち切れない思い (写真:iStock)

「初めてお付き合いをした方は、新卒で入社した会社の、3歳年上の先輩です。出会った当時、彼は結婚していましたが別居中でした。奥様が浮気をして、家を出ていってしまったそうです。若さゆえですが、あの頃の私は血の気が多くて正義感が強かったのだと思います。

 彼に、『あなたはもう、十分に苦しんだよ』と励ましの言葉をかけつつ、趣味を共有する遊ぶ仲間として接していました。そして、離婚届の保証人欄に私がサインをしたあと、正式に交際することになったんです。

 ですが、恋人として向き合ってみると、彼がまだ元奥様への未練が断ち切れないのが手に取るようにわかって。痛々しくて見ていられなくて、2年ほどでお別れしました」

 元奥様を忘れられずに未練タラタラ……というケース、実は珍しくないのかもしれません。筆者の知人男性にも2人います。

 1人は京香さんの元カレ同様、元奥様が浮気して家を出ていってしまったケース。元奥様は40代、浮気相手は20代後半でした。彼は、「相手が若いから、いつか捨てられたら自分に戻ってくるだろう」と予測。待ち続けています。

 もう1人の男性は、散々浮気した挙げ句、お子さんが成人したことを機に、元奥様に逆三くだり半を突きつけられました。自業自得ですが、彼は今でも元奥様との復縁を望みつつ、独身女性とデートを重ねているとか。

 いずれのケースにせよ、以前のパートナーを忘れられない人と結婚を視野に入れた交際はやめておくのがアンパイ。主観ですが、元パートナーとの思い出を美化しすぎているか、「あのとき、◯◯しておけば」と後悔の念にかられ、自分との関係を直視してくれない場合があるからです。「1人でいるより2人でいるほうが寂しい」という関係になりがちであれば、清算したほうがいいと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ