新卒で付き合った3歳上の同僚彼氏には別居中の奥様がいた。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-11-10 19:02
投稿日:2020-11-03 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」の連載です。

東大卒・松たか子似美女の婚活を振り返る

「尽くすだけでは幸せになれない」
「尽くすだけでは幸せになれない」

case3-1.佐伯京香さん(仮名/47歳)

  ご縁があって日本仲人協会様よりご紹介いただいた佐伯京香さん(仮名/47歳)は今月、彼の誕生日に入籍予定とのこと。おめでとうございます! 

 京香さんは初婚、お相手の三島敦さん(仮名/46歳)はバツイチで、お子さんは元奥様が育てているそうです。

 事前情報によると京香さんは東大卒で、松たか子さん似の美女。英語が堪能で、海外出張もこなし、男性並みの年収を稼ぐキャリアウーマンとのこと。すごい! 天が二物を与えている……! 

 率直な意見を述べると京香さんは、「私は自分自身を、学歴のわりには落ちこぼれだと思っています」と、つつましい態度で現職を教えてくれました。

わざわざ婚活をしなくてもモテるのでは?

女性の管理職はまだまだ少ない(写真:iStock)
女性の管理職はまだまだ少ない (写真:iStock)

「今は、お給料計算のアウトソーシングを担う外資系企業で、中間管理職をしています。有名企業ではないですし、転職を繰り返してきているので、みなさんが東大と聞いてイメージされるような華やかなキャリアではないと思います」 

 厚生労働省の「平成30年度雇用均等基本調査」によると、女性管理職を有する企業の割合は21.7%。管理職に占める女性の割合は、課長相当職以上で11.8%となり、部長相当職では6.7%、課長相当職では9.3%、係長相当職では16.7%とのこと。

 今から35年も前に制定された、「男女雇用機会均等法」が反映されていない現実が浮き彫りとなっています。この状況下で出世を果たすのは、やはり仕事がデキる証なのでしょう。

 共働きの2馬力夫婦が一般的な現代で、美女で高収入の京香さんは、わざわざ婚活をしなくてもモテる女性なのでは? 気になったので過去の恋愛を聞いてみると、「地味な恋愛遍歴ですけれども……」と前置きしつつ、教えてくれました。

浮気されても元妻が忘れられない男

断ち切れない思い(写真:iStock)
断ち切れない思い (写真:iStock)

「初めてお付き合いをした方は、新卒で入社した会社の、3歳年上の先輩です。出会った当時、彼は結婚していましたが別居中でした。奥様が浮気をして、家を出ていってしまったそうです。若さゆえですが、あの頃の私は血の気が多くて正義感が強かったのだと思います。

 彼に、『あなたはもう、十分に苦しんだよ』と励ましの言葉をかけつつ、趣味を共有する遊ぶ仲間として接していました。そして、離婚届の保証人欄に私がサインをしたあと、正式に交際することになったんです。

 ですが、恋人として向き合ってみると、彼がまだ元奥様への未練が断ち切れないのが手に取るようにわかって。痛々しくて見ていられなくて、2年ほどでお別れしました」

 元奥様を忘れられずに未練タラタラ……というケース、実は珍しくないのかもしれません。筆者の知人男性にも2人います。

 1人は京香さんの元カレ同様、元奥様が浮気して家を出ていってしまったケース。元奥様は40代、浮気相手は20代後半でした。彼は、「相手が若いから、いつか捨てられたら自分に戻ってくるだろう」と予測。待ち続けています。

 もう1人の男性は、散々浮気した挙げ句、お子さんが成人したことを機に、元奥様に逆三くだり半を突きつけられました。自業自得ですが、彼は今でも元奥様との復縁を望みつつ、独身女性とデートを重ねているとか。

 いずれのケースにせよ、以前のパートナーを忘れられない人と結婚を視野に入れた交際はやめておくのがアンパイ。主観ですが、元パートナーとの思い出を美化しすぎているか、「あのとき、◯◯しておけば」と後悔の念にかられ、自分との関係を直視してくれない場合があるからです。「1人でいるより2人でいるほうが寂しい」という関係になりがちであれば、清算したほうがいいと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ