3人の男をローテで回して…異性のカラダを求めてしまうワケ

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-01-12 09:58
投稿日:2021-01-05 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

妖艶美女の意外な過去

「黒が似合う女」
「黒が似合う女」

case6-1.冴島凛さん(仮名/41歳)

 都内のホテルにあるカフェでの待ち合わせ場所に現れた冴島凛さん(仮名/41歳)は、橋本マナミさん似の妖艶な雰囲気を持つ美女。「華がある」という表現がふさわしい女性で、カフェ内を歩くたびに男性がチラチラと彼女を見つめていました。年齢を重ねると、顔色を暗く見せる黒い洋服は着こなすことが難しいといわれているのに、凛さんは全身ブラック。すごくお似合いで、「筆者もこんな大人になりたかった……」と、瞬時に憧れの眼差しを向けてしまいました。

「旦那様と出会う前は、かなりモテましたよね?」

 開口一番に筆者が切り出すと、「今までおつき合いした方たちと結婚に至っていないので、モテてはいないと思います」と控え目な言葉を発しますが、旦那様と出会う前は“やんちゃな性活”を送っていたようで――。

独身か既婚かは関係なかった

「夫と出会った当時はフリーで、セフレが3人いました。1週間に1回会う人と、月に2回会う人、月に1回会う人でローテーションを組んでいました(笑)。たとえば週に1回会う人が出張に行ってしまったら、会えなくて暇になってしまうのがイヤで。相手は40代半ばと、50代後半と60代で、独身か既婚かは関係ありませんでした。当時の私は最低だったと思います。でも、あの頃の自分は、その行為以外で自分自身を必要とされていると実感できなかった。私はその行為によって承認欲求を求め、男の人のカラダを借りて自慰行為をしていたのかもしれません」

カラダを使った“遊び直し”とは

愛情不足だった子ども時代が影を落とす(写真:iStock)
愛情不足だった子ども時代が影を落とす (写真:iStock)

 不倫が袋叩きにあう現実は、芸能ニュース班に任せておくとして。とくに愛情不足の家庭で育てられると強くなる(あるいはまったく求めなくなる)といわれている「承認欲求」の扱いに、難しさを覚えている人は意外と多いのではないでしょうか。

 書籍名を失念してしまい恐縮ですが、筆者は「愛情不足、いわゆる子ども時代に親から存分に遊んでもらえなかった子どもが大人になると、カラダを使って“遊び直し”をする」という一文を拝読した過去がありまして。筆者の知人に該当する女性がいます。その彼女は親から「産まなければよかった」と何度も言われて育てられたとのこと。結果、「自分はいなくてもいい存在」と認識するようになり、世の中の誰からも求められていないとヤケになり、長年おつき合いした彼と別れた途端、カラダを使って散々“遊び直し”をしたそうです。

父親からの叱責

 凛さんは、お父様から「私にかけたお金は基本的にドブに捨てたようなもんだ。結局お前は何も身につかなかったんだから、ドブに捨てた方がまだマシだった」と、言われた経験があるそう。大人になってから言われたことだと想像しますが、子ども時代から精神的なダメージを受ける暴言を浴びてきたと容易に察することができます。「ドブ」発言を聞いている凛さんの姿をイメージするだけで、泣けてきます……。

 前者の女性や凛さんのようなケースを幾例か聞いてきているので、筆者は異性関係が活発な人を否定できません。生育環境になにかしらあったかもしれないので。お2人は「毒親育ち」の典型例かもしれませんが、現在は両者ともに結婚して幸せな生活を送られています。毒親の洗脳から逃れて、幸せになれる人はいるという証拠です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ