3人の男をローテで回して…異性のカラダを求めてしまうワケ

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-01-12 09:58
投稿日:2021-01-05 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

妖艶美女の意外な過去

「黒が似合う女」
「黒が似合う女」

case6-1.冴島凛さん(仮名/41歳)

 都内のホテルにあるカフェでの待ち合わせ場所に現れた冴島凛さん(仮名/41歳)は、橋本マナミさん似の妖艶な雰囲気を持つ美女。「華がある」という表現がふさわしい女性で、カフェ内を歩くたびに男性がチラチラと彼女を見つめていました。年齢を重ねると、顔色を暗く見せる黒い洋服は着こなすことが難しいといわれているのに、凛さんは全身ブラック。すごくお似合いで、「筆者もこんな大人になりたかった……」と、瞬時に憧れの眼差しを向けてしまいました。

「旦那様と出会う前は、かなりモテましたよね?」

 開口一番に筆者が切り出すと、「今までおつき合いした方たちと結婚に至っていないので、モテてはいないと思います」と控え目な言葉を発しますが、旦那様と出会う前は“やんちゃな性活”を送っていたようで――。

独身か既婚かは関係なかった

「夫と出会った当時はフリーで、セフレが3人いました。1週間に1回会う人と、月に2回会う人、月に1回会う人でローテーションを組んでいました(笑)。たとえば週に1回会う人が出張に行ってしまったら、会えなくて暇になってしまうのがイヤで。相手は40代半ばと、50代後半と60代で、独身か既婚かは関係ありませんでした。当時の私は最低だったと思います。でも、あの頃の自分は、その行為以外で自分自身を必要とされていると実感できなかった。私はその行為によって承認欲求を求め、男の人のカラダを借りて自慰行為をしていたのかもしれません」

カラダを使った“遊び直し”とは

愛情不足だった子ども時代が影を落とす(写真:iStock)
愛情不足だった子ども時代が影を落とす (写真:iStock)

 不倫が袋叩きにあう現実は、芸能ニュース班に任せておくとして。とくに愛情不足の家庭で育てられると強くなる(あるいはまったく求めなくなる)といわれている「承認欲求」の扱いに、難しさを覚えている人は意外と多いのではないでしょうか。

 書籍名を失念してしまい恐縮ですが、筆者は「愛情不足、いわゆる子ども時代に親から存分に遊んでもらえなかった子どもが大人になると、カラダを使って“遊び直し”をする」という一文を拝読した過去がありまして。筆者の知人に該当する女性がいます。その彼女は親から「産まなければよかった」と何度も言われて育てられたとのこと。結果、「自分はいなくてもいい存在」と認識するようになり、世の中の誰からも求められていないとヤケになり、長年おつき合いした彼と別れた途端、カラダを使って散々“遊び直し”をしたそうです。

父親からの叱責

 凛さんは、お父様から「私にかけたお金は基本的にドブに捨てたようなもんだ。結局お前は何も身につかなかったんだから、ドブに捨てた方がまだマシだった」と、言われた経験があるそう。大人になってから言われたことだと想像しますが、子ども時代から精神的なダメージを受ける暴言を浴びてきたと容易に察することができます。「ドブ」発言を聞いている凛さんの姿をイメージするだけで、泣けてきます……。

 前者の女性や凛さんのようなケースを幾例か聞いてきているので、筆者は異性関係が活発な人を否定できません。生育環境になにかしらあったかもしれないので。お2人は「毒親育ち」の典型例かもしれませんが、現在は両者ともに結婚して幸せな生活を送られています。毒親の洗脳から逃れて、幸せになれる人はいるという証拠です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ