“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-21 06:00
投稿日:2021-06-21 06:00
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女子」が大好きなんです。そこには、女性目線とはまた違った、男性なりの理由があります。そこで今回は、素朴女子が結婚相手に選ばれる理由や、男性から見た素朴女子の特徴をご紹介します。

男性から見た「素朴女子」の特徴6つ

素朴女子の魅力って?(写真:iStock)
素朴女子の魅力って? (写真:iStock)

 そもそも「素朴女子」といっても、定義が曖昧でわかりづらいですよね。そこで、男性から見てどんな特徴の女性が素朴女子だと判断されているのか、確認していきましょう!

1. 自然体で優しく親しみやすい

 親しみやすく、優しげな雰囲気を持っている女性を、男性は素朴女子だと捉えます。美人で華やかな女性の場合、どこか女性の「主張」を感じてしまうそう。男性から見た素朴女子とは、たとえ見た目の華やかさがなかったとしても、ありのままの内面の美しさが滲み出ている人のことを指すようです。

2. いつでも自然体

 周囲の視線や反応を気にするのではなく、自分の感覚を大切にして自然体で生きているのも、素朴女子の特徴。他人軸ではなく「自分がやりたいからやる」というように、素朴な中にも芯を感じるところに魅力が感じられるのでしょう。

3. 服装が落ち着いている

 見た目的な特徴ですが、派手な服装よりも落ち着いた服装をしている女性は、素朴女子だと捉えられる傾向にあります。どんなに内面がおっとりしていて派手さがなくても、やはり露出が多く派手な服装をしていれば、その時点で「素朴」とは思われにくいそうですよ。

4. 聞き上手で相手を立てている

 会話をしている時に自分の話ばかりをするのではなく、相手の話をよく聞いて、素直な反応をするのも、素朴女子の特徴でしょう。相手を立てて、気持ちを思いやれる飾り気のない素朴な部分が、イメージに大きく関係するのかもしれません。

5. どんな環境でも楽しそう

 誰もが文句を言いたくなるような環境や状況にあっても、いつでも良い面を見つけて楽しそうにしている女性は素朴女子だと思われやすいです。ありのままの状況をそのまま受け止め、その中で楽しいことを探せるのは、人としてとても魅力的。素朴女子の持つ武器ですね。

6. 駆け引きせず素直

 恋愛において駆け引きする女性は多いですが、男性から見た素朴女子は、駆け引きをせず、常に自分に素直であるという特徴があります。わざと冷たくしてみたり、大げさに喜んだりするのではなく、ありのままに喜怒哀楽を見せるのです。そんな態度を見せると、男性は「素朴な子だな」と感じるようです。

華やかな美人ではなく「素朴女子」が結婚相手に選ばれる理由

自分らしく幸せになれそう(写真:iStock)
自分らしく幸せになれそう (写真:iStock)

 女性の中には、キラキラしていておしゃれで華やかで、いつでも男性の注目の的になる美女っていますよね。でも、なぜか大多数の男性が結婚相手には「素朴女子」を選ぶのです。その理由を、チェックしていきましょう!

素朴女子のほうが「家族に紹介しやすい」

 男性は結婚を意識する年齢になってくると、「彼女を両親に紹介したら、どう思われるか」という点についても考えるようになります。その点、素朴女子は、派手な見た目の女子よりも両親世代の人に好感度が高いため、家族に紹介しやすいのです。家族全員が、円満にお祝いしてくれそうと考えるのかもしれませんね。

素朴女子のほうが「自分らしくいられる」

 男性は結婚相手に「自分らしくいられる人」を選ぶ傾向にあります。どんなに美人でも、ワガママで自己主張が激しく、男性を困らせてばかりでは、男性も無理をして過ごすことになります。

 素朴女子はいつでも自然体で、ありのままの自分をさらけ出している人が多いです。親しみやすいので、男性も素の自分を見せやすく、癒されるのでしょう。結婚相手は一生の付き合い。だからこそ、お互いに素のままでいられる素朴女子が選ばれるのです。

素朴女子のほうが「幸せになれそう」

 素朴女子の特徴に、「どんな状況でも楽しそう」というものがありました。華やかな女性の場合、どうしても生活や食事、ファッションにも華やかさを必要としている気がしてしまいます。

 その点、素朴女子が相手なら、たとえ高いお給料が稼げなくても、その環境で楽しめることを見つけてくれそう、幸せになれそうと感じるのでしょう。

素朴女子は飾らず自然体だからモテる♡

素の自分で過ごしてみては?(写真:iStock)
素の自分で過ごしてみては? (写真:iStock)

「素朴」の意味を見ると、“飾り気がなく、自然のままであること”とあります。素朴女子に対する男性の印象を見てみても、ありのままであることに魅力を感じているようですね。

 もしも今、自分を着飾って自然体の姿を見せられていない人は、素朴女子のように素の自分で過ごしてみてください。新たな恋が始まるかもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ
タイプ別! 彼氏が落ち込んでいる時の正しいなぐさめ方♡
 彼氏が落ち込んでいる時、あなたはどのように励ましていますか?「私ならこうして欲しい」と思う励まし方をする人や、「男性な...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
返信率が上がる♡ 彼が思わず返信したくなるLINEの内容5選!
 大好きな彼とLINEを交換したのに、結局盛り上がらずにフェードアウトしてしまった……という人は意外と多いようです。それ...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
外見を磨く以上に愛される!今すぐできる“モテる行動”って?
 年齢を重ねても、ますます魅力的になりたいと願う今日このごろ。皆さんも、いつまでもモテていたいですよね。正直、10〜20...
若林杏樹 2021-11-24 06:00 ラブ
幸せな結婚ができるかも♡ 相性抜群な男性の見つけ方5選
 恋愛において「相性」ってとても大切ですよね。でも、恋に落ちてしまったばかりの頃は、相手の良い面ばかりが見えてしまうため...
恋バナ調査隊 2021-11-24 06:24 ラブ
この人と結婚する気がする! 男性が直感で運命を感じる瞬間
「女の勘」という言葉があります。その言葉の通り、「なぜか、この人と結婚する気がした」と、答える女性って意外と多いんですよ...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
別れの前兆…? 遠距離恋愛で彼が冷めた時のサイン&対処法
 会えない時間が多い「遠距離恋愛」では、相手の気持ちが心配になることもあるでしょう。そんなカップルの中には、「最近彼が冷...
恋バナ調査隊 2021-11-23 06:00 ラブ
重い女性が好きな男性の特徴&モテるための3つのポイント♡
「重い女性」と聞くと彼氏への束縛や依存など、マイナスのイメージを持っている人も多いはず。しかし、男性の中には重い女性に魅...
恋バナ調査隊 2021-11-22 06:00 ラブ
浮気しても罪悪感がない!? 女性を不幸にする男性の特徴4つ
 恋愛をしていれば、時には彼氏に浮気されることがあるかもしれません。もちろん、ちゃんと反省してくれる場合も多いですが、男...
恋バナ調査隊 2021-11-21 06:00 ラブ
「法律的な権利」だから…離婚を拒み姿を消した男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.65〜女性編〜」では、結婚後何年たっても口先ばかりで結果を出せない夫・トモアキさん(仮名・4...
並木まき 2021-11-27 04:33 ラブ
口先ばかりで結果を出さない怠け者の夫に見切りをつけた女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-20 06:00 ラブ