“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-21 06:00
投稿日:2021-06-21 06:00
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女子」が大好きなんです。そこには、女性目線とはまた違った、男性なりの理由があります。そこで今回は、素朴女子が結婚相手に選ばれる理由や、男性から見た素朴女子の特徴をご紹介します。

男性から見た「素朴女子」の特徴6つ

素朴女子の魅力って?(写真:iStock)
素朴女子の魅力って? (写真:iStock)

 そもそも「素朴女子」といっても、定義が曖昧でわかりづらいですよね。そこで、男性から見てどんな特徴の女性が素朴女子だと判断されているのか、確認していきましょう!

1. 自然体で優しく親しみやすい

 親しみやすく、優しげな雰囲気を持っている女性を、男性は素朴女子だと捉えます。美人で華やかな女性の場合、どこか女性の「主張」を感じてしまうそう。男性から見た素朴女子とは、たとえ見た目の華やかさがなかったとしても、ありのままの内面の美しさが滲み出ている人のことを指すようです。

2. いつでも自然体

 周囲の視線や反応を気にするのではなく、自分の感覚を大切にして自然体で生きているのも、素朴女子の特徴。他人軸ではなく「自分がやりたいからやる」というように、素朴な中にも芯を感じるところに魅力が感じられるのでしょう。

3. 服装が落ち着いている

 見た目的な特徴ですが、派手な服装よりも落ち着いた服装をしている女性は、素朴女子だと捉えられる傾向にあります。どんなに内面がおっとりしていて派手さがなくても、やはり露出が多く派手な服装をしていれば、その時点で「素朴」とは思われにくいそうですよ。

4. 聞き上手で相手を立てている

 会話をしている時に自分の話ばかりをするのではなく、相手の話をよく聞いて、素直な反応をするのも、素朴女子の特徴でしょう。相手を立てて、気持ちを思いやれる飾り気のない素朴な部分が、イメージに大きく関係するのかもしれません。

5. どんな環境でも楽しそう

 誰もが文句を言いたくなるような環境や状況にあっても、いつでも良い面を見つけて楽しそうにしている女性は素朴女子だと思われやすいです。ありのままの状況をそのまま受け止め、その中で楽しいことを探せるのは、人としてとても魅力的。素朴女子の持つ武器ですね。

6. 駆け引きせず素直

 恋愛において駆け引きする女性は多いですが、男性から見た素朴女子は、駆け引きをせず、常に自分に素直であるという特徴があります。わざと冷たくしてみたり、大げさに喜んだりするのではなく、ありのままに喜怒哀楽を見せるのです。そんな態度を見せると、男性は「素朴な子だな」と感じるようです。

華やかな美人ではなく「素朴女子」が結婚相手に選ばれる理由

自分らしく幸せになれそう(写真:iStock)
自分らしく幸せになれそう (写真:iStock)

 女性の中には、キラキラしていておしゃれで華やかで、いつでも男性の注目の的になる美女っていますよね。でも、なぜか大多数の男性が結婚相手には「素朴女子」を選ぶのです。その理由を、チェックしていきましょう!

素朴女子のほうが「家族に紹介しやすい」

 男性は結婚を意識する年齢になってくると、「彼女を両親に紹介したら、どう思われるか」という点についても考えるようになります。その点、素朴女子は、派手な見た目の女子よりも両親世代の人に好感度が高いため、家族に紹介しやすいのです。家族全員が、円満にお祝いしてくれそうと考えるのかもしれませんね。

素朴女子のほうが「自分らしくいられる」

 男性は結婚相手に「自分らしくいられる人」を選ぶ傾向にあります。どんなに美人でも、ワガママで自己主張が激しく、男性を困らせてばかりでは、男性も無理をして過ごすことになります。

 素朴女子はいつでも自然体で、ありのままの自分をさらけ出している人が多いです。親しみやすいので、男性も素の自分を見せやすく、癒されるのでしょう。結婚相手は一生の付き合い。だからこそ、お互いに素のままでいられる素朴女子が選ばれるのです。

素朴女子のほうが「幸せになれそう」

 素朴女子の特徴に、「どんな状況でも楽しそう」というものがありました。華やかな女性の場合、どうしても生活や食事、ファッションにも華やかさを必要としている気がしてしまいます。

 その点、素朴女子が相手なら、たとえ高いお給料が稼げなくても、その環境で楽しめることを見つけてくれそう、幸せになれそうと感じるのでしょう。

素朴女子は飾らず自然体だからモテる♡

素の自分で過ごしてみては?(写真:iStock)
素の自分で過ごしてみては? (写真:iStock)

「素朴」の意味を見ると、“飾り気がなく、自然のままであること”とあります。素朴女子に対する男性の印象を見てみても、ありのままであることに魅力を感じているようですね。

 もしも今、自分を着飾って自然体の姿を見せられていない人は、素朴女子のように素の自分で過ごしてみてください。新たな恋が始まるかもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ