可愛いわがままが言える女子はモテる♡ セリフ&コツを紹介

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-23 06:00
投稿日:2021-05-23 06:00
 恋愛において、男性は女性の「可愛いわがまま」が大好きだそうです。「仕方ないなぁ」なんて言いつつ、内心では「可愛すぎる!」と胸キュンしているのだとか♡ でも、一歩間違えると「うざいわがまま」になってしまい、嫌われてしまうこともありますよね。
 そこで今回は、可愛いわがままに使えるセリフやコツをご紹介します。ぜひ、彼のハートを鷲掴みにしてくださいね!

男性が「可愛いわがまま」と感じるセリフ6つ♡

 それではさっそく、男性が言われて喜ぶ「可愛いわがまま」をご紹介します。さっそく今日から使ってみてくださいね!

1. 帰り際の「まだ帰りたくないな」

 笑顔いっぱいでデートをしていたのに、帰り際に突然、口数少なく、さみしげな表情に。そして、彼を見つめて「まだ帰りたくないな」と伝えれば、彼は胸キュンしてしまうでしょう。

 さらに、「でも明日は仕事だから早く帰らなきゃ! 次のデートも楽しみにしてるね♡」など、相手を思いやったセリフを添えれば、さらに彼に可愛いと思ってもらえるはずですよ。

2. 細かく明確に「美味しいイタリアンでピザが食べたいな」

 似たようなわがままでも「美味しいもの食べたい!」と言われるのと、「◯◯のお店の美味しいピザが食べたい」と具体的に言われるのでは、後者のほうが圧倒的に男性に好感を得られるそうです。

 前者だと、「美味しいお店を調べなきゃ」「洋風と和風どっち?」など、考えることが多すぎて負担になってしまいます。明確に条件を提示してくれるほうが、彼も希望を叶えやすく、また、彼女の喜ぶ顔もイメージしやすいので、面倒とは思わないそうですよ。

3. コンビニで「このプリン食べたいな」

 彼と一緒にコンビニに立ち寄った際、低価格のお菓子を「これ食べたいな♡」と可愛く甘えておねだりしてみましょう。彼は、喜んでわがままを叶えてくれるはず。安いものでも「ありがとう!」と笑顔で感謝する彼女を見て、彼は「可愛い」と思うのです。

 反対に、彼の財布に負担がかかるくらい高額なものをおねだりしても、多くの場合、うざいと思われてしまうでしょう。可愛いわがままは、相手が簡単に負担なくできるものを選ぶと良いですね。

4. 仕事終わりの電話で「会いたいな」

 仕事終わりに彼と電話する機会があったら、「会いたいな」と可愛らしく伝えてみてください。実際に会えなくても彼に会いたいと思っている健気な様子が伝わり、「週末はなんとか時間を作ってデートしたい!」と、愛しく思ってくれるはずです。

5. ペットボトルの蓋を「固いから開けて♡」

 一般的に、男性より女性のほうが力が弱いですよね。そこで、ペットボトルの蓋を開ける際に「固いから開けて」と可愛く頼んでみてください。

 彼からすると、女性らしくか弱い部分にキュンとすると同時に、「男として頼られた」という気持ちになり、とても嬉しく思うようです。

6. ほかの女の子を見ている時に「こっちも向いてよー」

 軽く嫉妬するようなわがままも、可愛いわがままと言えるでしょう。たとえば、デート中、彼がほかの女性を見た際に、「こっちも向いてよー」と、少し拗ねた感じで彼に伝えてみましょう。嫉妬する彼女に、思わず「可愛らしい!」と感じることでしょう。

言うだけじゃダメ! 可愛いわがままと思われるための3つのコツ

 どんなに可愛いわがままも、次に伝えるコツを意識していない場合、一転して「うざい」と思われてしまうことがあります。さっそくチェックしてみましょう。

1. わがままを叶えた時に思い切り喜ぶ

 彼があなたのわがままを叶えてくれた時には、すかさず最高の笑顔で喜びましょう! どんなに可愛いわがままを言ったとしても、喜んでもらえなければ彼もテンションが下がってしまいます。思い切り喜べば、また次のわがままも聞いてあげようかなという気になるものです。

2. わがままを覚えていてくれたことに感謝する

 もしも、彼があなたの過去のわがままを覚えていて、後から叶えてくれた際には、必ず「覚えていてくれたんだね! 嬉しい! ありがとう!」と感謝してみてください。

 彼は、あなたの喜ぶ顔が見たいと同時に、覚えていたことを褒めて欲しいという気持ちも持っているので、ただ「ありがとう!」だけでは物足りなく思ってしまうかもしれません。

3. わがままを断られても怒らない

 どんなに可愛いわがままだったとしても、必ずしも彼に叶えてもらえるわけではありません。その際「どうして?」「やってくれるって言ったでしょう!」と、怒るのはNG。

「そっか、大丈夫だよ! それなら仕方ないもんね。」と、彼の状況を考え、思いやりのある言葉で返すことで、「申し訳なかったな、次は叶えてあげたいな」と思ってもらうことができるでしょう。

可愛いわがままを言ったほうがもっと愛される♡

 女性は、「わがままな生き物」だと思っている男性も多いかもしれません。でも、同時に「可愛いわがままなら、いつでもOK♡」とも思っているのです。

 さらに、男性は頼られたい生き物。あなたが喜ぶたびに、「可愛いな」「幸せそうだな」と嬉しく愛おしい気持ちになるでしょう。ぜひ、この記事でご紹介した可愛いわがままのコツを押さえて、彼の心をさらにキュンとさせてくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ