積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-24 06:00
投稿日:2021-06-24 06:00
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる人もいるでしょう。しかし、アプローチをやりすぎると、振り向かせるどころか引かれてしまう可能性があるんです。そこで今回は、女性のやりすぎアプローチや、やりすぎないためのポイントをご紹介します。

嫌われてしまうかも…女性のやりすぎアプローチ7選

 男性は鈍感な人が多いため、「アプローチするなら、分かりやすい方法で……」と考えている人もいるでしょう。しかし、どんなに分かりやすいアプローチでも、“やりすぎ”の境界線を超えるのは危険です。まずは、男性はどんなアプローチに引いてしまうのか、チェックしていきましょう。

1. 頻繁なLINEや長文LINE

 好きな男性ができると、当然少しでも距離を縮めたいと思うものです。LINEなどを交換したら、積極的に連絡を取りたくなる女性も多いでしょう。

 しかし、多くの男性は、LINEやメールなどのやり取りを「面倒くさい」と思ってしまうようです。ましてや、まだ交際もしていない女性からの連絡となれば、さらに「重い」と思われる可能性があるので、頻繁なLINEや長文LINEは要注意です。

2. 返事の催促をする

 LINEが既読になったのに返信がこなかったり、電話したのに折り返しがない時、「どうして返信してくれないの?」と、やきもきしてしまう人も多いでしょう。

 しかし、アプローチ中の男性に返事を催促するのはNG! 早く返事がほしいと思っても、彼が対応できない状況、心境であれば仕方がありません。万が一、「返事がこないんだけど……」なんて催促してしまうと、返事が来るどころかブロックされてしまうかもしれません。

3. 過剰なスキンシップ

 女性がアプローチする際、女としての武器を使う人も少なくありません。その一つとして、スキンシップを得意とする女性もいるのではないでしょうか。

 確かに、女性からのスキンシップは男性にとってドキッとするものですが、それはあくまでも好意を抱いている女性からされるから嬉しいもの。何とも思っていない女性からされると、「何を考えているんだ?」と、不快に感じる男性もいます。

4. 酔ったふりで甘える

 好意を抱いている男性と飲みに行く機会ができると、「これはチャンス!」と思う女性も多いでしょう。

 しかし、酔ったふりでアプローチをするのは、一昔前のお決まりテクニックでしかありません。酔ったふりは、意外と見抜かれるもの。気づいた男性は、ドン引きすることになるでしょう。また、本気で酔っていたとしても、「お酒にだらしない人」という悪い印象を与えることになるので注意が必要です。

5. 必要以上に褒める

 好きな男性と一緒にいると、「やっぱりカッコいいなぁ」なんて惚れ惚れしてしまいますよね。そして、それをついつい、口に出してしまう人も多いのではないでしょうか?

 確かに、人から褒められるのは誰だって悪い気はしません。特に、異性から褒められれば嬉しいものです。しかし、必要以上に褒められると嘘くさく感じてしまうのも事実。アプローチの一環で褒めていたつもりが、いつの間にか不快感を与えてしまうかもしれません。

6. 露出ファッションでアプローチ

 好きな男性の前では、いつだって可愛くいたいもの。アプローチ中の彼の前で、「女性としての魅力を発揮したい」と考える人もいるでしょう。

 しかし、露骨な肌見せは男性にとって“軽い女”と見られる可能性大! 確かに、チラッと肌を見せるような露出であれば、男性をドキッとさせることができるかもしれませんが、過度な露出は、遊び相手と見られる可能性があるので要注意です。

7. 人目を気にせずアプローチしてくる

 アプローチする際、振り向かせることばかり考えてしまい、周りの状況まで気が回らなくなってしまう人がいます。

 たくさん人がいるにも関わらず、アプローチをすると、男性は「恥ずかしい」「人に見られたくない」という思いから、好意を抱いている女性であってもOKできないこともあるようです。

アプローチでやりすぎないための3つのポイント

 これからアプローチしようと考えている女性の中には、積極的とやりすぎの境界線が分からない人もいるでしょう。そんな時には、これらのポイントを思い出してくださいね!

1. 自分を安売りしない

 どんなに好きな男性を振り向かせるためでも、自分を安売りしないことは大切です。「彼が振り向いてくれるなら……」と思ってアプローチをすると、都合の良い女になってしまうかもしれません。

 それを防ぐためにも、まずは自分を大切にしましょう。できないことはできない、嫌なことは嫌と伝えることを忘れてはいけません。

2. アプローチしようと思った時こそ、冷静になる

「今まで、やりすぎのアプローチをしていたかも」と思う人は、まずは行動に出る前にいったん冷静になることを癖づけましょう。

 たとえば、彼に話しかけようと思った時、「これを言ったら彼は困らないかな?」「重荷にならないだろうか?」と、冷静になって客観的に判断する時間を作ることで、やりすぎを抑えることができるでしょう。

3. 場所や状況を把握する

 アプローチしようとすると、彼しか見えなくなってしまって、ついつい周りの状況を無視してしまう人がいます。しかしこれだと、彼を困らせてしまう可能性があります。場合によっては、空気が読めない人だと思われてしまい、印象を左右してしまうかもしれません。

 アプローチをする際には、彼に近づいても迷惑にならない場所か、状況かを判断しましょう。

失敗しないためにも、程よいアプローチを心がけよう

 勇気を出して積極的にアプローチしたのに、やりすぎたことで振られてしまっては意味がありません。彼を振り向かせるためには、程よいアプローチが重要! 人の振り見て我が振り直せではありませんが、失敗ケースを参考に境界線を見つけてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?