隙がない女性はモテない? 男性のために「スキ」を作る方法

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-07-23 06:00
投稿日:2019-07-23 06:00
 山本早織の「結婚につながる恋コラム」第10回は、男性から選ばれる女性が持っている「隙(スキ)」について。隙がないと言われるあなたのために、簡単に隙を作る方法をお伝えします。

女性の隙は男性に「入り口」を作ること

近寄りやすさを演出して恋をゲット(写真:iStock)
近寄りやすさを演出して恋をゲット (写真:iStock)

 そもそも、隙(スキ)とはなんでしょうか? 私は、男性がアプローチしやすくするための「入り口」を作ってあげる、そんなイメージだと伝えています。

「自分を受け入れてもらえそう」と男性に感じさせたり、「近寄りやすい」と思ってもらったりすることですね。

 男性は失敗や挫折を恐れ、嫌う生き物なんです。だからこそ、入り口をわかりやすくして、入りやすくしてあげるのです。

 では、女性が隙を作るにはどのようにすればいいのでしょうか?

隙作りで大切な男性からどう見られているか

しっかりしてると思われがちな女性は……(写真:iStock)
しっかりしてると思われがちな女性は…… (写真:iStock)

 よく、天然ボケな女性は隙があるように見られますよね。この子なら自分を受け入れてもらえそうだと男性が感じるからこそなんです。

 しかし、30歳を超えると天然ボケを繰り出す方が恥ずかしかったり、自分のキャラクターじゃなかったりして難しいはず。

 隙を作る上で一番大切なのは、自分自身が男性からどのように見られているか? というところです。

「しっかりとしていて少し冷たく見られがち」だとしたら「ちょっとした失敗や弱音」などが隙を感じさせられるポイントになります。

「いつもふわふわしていて女性らしさが前面に出ている」場合は「責任感」などが実は隙になります。

 そんなに器用にできるのならやっているわ! という声が聞こえてきそうですよね。

 なので、自分がどのように見られていて、どんなキャラクターと周囲からポジショニングされているか? それがわからなくてもできる隙の作り方を1つご紹介しましょう。

女性の誰もができる隙の作り方はコレ!

笑顔でさりげなく好意を伝えてあげる(写真:iStock)
笑顔でさりげなく好意を伝えてあげる (写真:iStock)

「ライトに好意を相手に伝える」――これこそ、女性の誰もができる隙の作り方です。

 例えば、男性とお会いした時に「〇〇さんとお会いできてうれしい」「〇〇さんのそういうところが本当に大好き」など、少し軽めに好意を伝えるのです。

 これが“男性からのアプローチも受け入れますよ”というサインになり、男性がアプローチをする勇気を出しやすくなります。

 男性は女性が思っているよりも、自分に自信がなく、寂しがりやで臆病です。

 そのネガティブな感情を抑え、男らしく振る舞うためにプライドで支えているのです。

 既婚者はそのネガテイブな感情を支えているのが実はプライドではなく奥様なのです。

 そんな奥様のポジションをゲットするためには、男性が自分にアプローチをしやすい環境作りをしていくことも結婚するための第一歩。

 好きな人だけでなく、さまざまな男性に隙を見せていくことで、いざ!という男性に出会った時に、自然と隙を出せる女性になりますよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ