隙がない女性はモテない? 男性のために「スキ」を作る方法

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-07-23 06:00
投稿日:2019-07-23 06:00
 山本早織の「結婚につながる恋コラム」第10回は、男性から選ばれる女性が持っている「隙(スキ)」について。隙がないと言われるあなたのために、簡単に隙を作る方法をお伝えします。

女性の隙は男性に「入り口」を作ること

近寄りやすさを演出して恋をゲット(写真:iStock)
近寄りやすさを演出して恋をゲット (写真:iStock)

 そもそも、隙(スキ)とはなんでしょうか? 私は、男性がアプローチしやすくするための「入り口」を作ってあげる、そんなイメージだと伝えています。

「自分を受け入れてもらえそう」と男性に感じさせたり、「近寄りやすい」と思ってもらったりすることですね。

 男性は失敗や挫折を恐れ、嫌う生き物なんです。だからこそ、入り口をわかりやすくして、入りやすくしてあげるのです。

 では、女性が隙を作るにはどのようにすればいいのでしょうか?

隙作りで大切な男性からどう見られているか

しっかりしてると思われがちな女性は……(写真:iStock)
しっかりしてると思われがちな女性は…… (写真:iStock)

 よく、天然ボケな女性は隙があるように見られますよね。この子なら自分を受け入れてもらえそうだと男性が感じるからこそなんです。

 しかし、30歳を超えると天然ボケを繰り出す方が恥ずかしかったり、自分のキャラクターじゃなかったりして難しいはず。

 隙を作る上で一番大切なのは、自分自身が男性からどのように見られているか? というところです。

「しっかりとしていて少し冷たく見られがち」だとしたら「ちょっとした失敗や弱音」などが隙を感じさせられるポイントになります。

「いつもふわふわしていて女性らしさが前面に出ている」場合は「責任感」などが実は隙になります。

 そんなに器用にできるのならやっているわ! という声が聞こえてきそうですよね。

 なので、自分がどのように見られていて、どんなキャラクターと周囲からポジショニングされているか? それがわからなくてもできる隙の作り方を1つご紹介しましょう。

女性の誰もができる隙の作り方はコレ!

笑顔でさりげなく好意を伝えてあげる(写真:iStock)
笑顔でさりげなく好意を伝えてあげる (写真:iStock)

「ライトに好意を相手に伝える」――これこそ、女性の誰もができる隙の作り方です。

 例えば、男性とお会いした時に「〇〇さんとお会いできてうれしい」「〇〇さんのそういうところが本当に大好き」など、少し軽めに好意を伝えるのです。

 これが“男性からのアプローチも受け入れますよ”というサインになり、男性がアプローチをする勇気を出しやすくなります。

 男性は女性が思っているよりも、自分に自信がなく、寂しがりやで臆病です。

 そのネガティブな感情を抑え、男らしく振る舞うためにプライドで支えているのです。

 既婚者はそのネガテイブな感情を支えているのが実はプライドではなく奥様なのです。

 そんな奥様のポジションをゲットするためには、男性が自分にアプローチをしやすい環境作りをしていくことも結婚するための第一歩。

 好きな人だけでなく、さまざまな男性に隙を見せていくことで、いざ!という男性に出会った時に、自然と隙を出せる女性になりますよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ