男性が夢中になる女性に共通する特徴5つ&夢中にさせる方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-11 06:00
投稿日:2021-07-11 06:00
 好きな男性から、愛されたいと思うのは当然のこと。彼の心を離さないためには、いかに自分に夢中にさせるかが鍵となります。しかし、そう思っても、相手の心をコントロールすることはできませんから、どうしたら良いのか分からないという人も多いでしょう。そこで今回は、男性が夢中になる女性の特徴や、夢中にさせる方法をご紹介します。

男性が夢中になる女性に共通する5つの特徴

彼が夢中になる女性って?(写真:iStock)
彼が夢中になる女性って? (写真:iStock)

 男性を夢中にさせる女性には、共通する特徴があります。その特徴こそが、あなたの武器になるかもしれませんよ。

1. 甘え上手

 女性の中には、男性に上手に甘えられる人がいます。そんな女性は困った時、無理に強がったりしません。「迷惑をかけるかも……」なんて考えず、自分の気持ちを素直に伝えて甘えたり、助けてもらうことができます。 

 男性からすれば、素直に甘えてくる女性は可愛らしく映るもの。女性が困っていれば、「俺が何とかしなくちゃ」と思うでしょう。そして、気が付いた時には「放っておけない」と思わせる存在になっているのです。

2. 前向きで明るい性格

 一緒にいて楽しい相手や、刺激を受ける相手は魅力的に映るものです。どんなに美人でも、いつも暗く、ネガティブな女性に惹かれる男性は少ないでしょう。

 実は、男性が夢中になる女性は、前向きで明るい性格というのも特徴の一つ。いつも笑顔でニコニコしていて、何事にも前向きに取り組んでいる姿は魅力的に映ります。

3. 分け隔てなく接する

 誰だって、苦手な人もいれば、興味のない人もいます。しかし、それを態度に出してしまえば人付き合いはうまくいきませんし、恋愛にも影響を及ぼすでしょう。

 男性は女性を見る時、見た目だけではなく、意外と人との接し方を見ています。男性を夢中にさせる女性は、分け隔てなく接するというのも特徴。当然ですが、人によって態度を変えるような女性は信用されません。

4. 恋愛以外の楽しみがある

 一途なのは素敵なことですが、すべてのエネルギーを自分に注がれると、重荷だと感じる男性は多いでしょう。

 その点、男性を夢中にさせる女性はそのバランスが絶妙。彼のことは好きだし、大切に思っているものの、恋愛以外にも「楽しい」「大切」と思えるものを持っています。依存されすぎないからこそ、重荷に思うことなく、夢中になる男性が多いのでしょう。

5. 魅力的なギャップがある

 男性は、女性のギャップに惹かれる傾向にあります。今まで興味なかったはずの女性でも、ちょっとしたギャップがきっかけで好きになる男性もいます。

 そのせいか、男性を夢中にさせる女性にはギャップがあるというのも特徴のひとつです。「仕事をバリバリこなしているけれど、二人きりになると甘える」といったギャップに、虜になる男性も多いでしょう。

男性を夢中にさせるには? 5つの方法

素直さと笑顔を忘れずに(写真:iStock)
素直さと笑顔を忘れずに (写真:iStock)

 好きな人や彼氏を夢中にさせることができれば、不安や心配はなくなるはず! 彼の心を掴みたいなら、これからご紹介する方法で彼を夢中にさせましょう。

1. 常に笑顔を意識する

 彼を夢中にさせたいと思うのであれば、常に笑顔を意識しましょう。仕事で忙しい時、イライラしている時こそ、鏡で表情をチェック! ムスっとしていたら、口角を上げるだけで気持ちも変わってくるはずです。笑顔があなたの第一印象になれば、彼の心を掴める可能性がぐっと高まるはずです。

2. 前向きな考え方を心がける

 どんなにルックスが良い女性でも、「どうせ私なんて……」と後ろ向きな考えばかりしていては、男性は寄り付きません。

 それを防ぐためには、常に前向きな考えを心掛けること。失敗したとしても、「これを次に活かそう!」と考えることで行動が変わるはず。そんなあなたに、「いつも頑張っているな」と、惹かれる男性が現れるかもしれません。

3. 恋愛に依存しない

 恋愛は楽しいものですし、一途に思うのも素敵なことです。しかし、恋愛だけがすべてではありません。

 たとえ彼氏ができたとしても、恋愛にだけエネルギーを注ぐのではなく、仕事、趣味、友達など、さまざまなことを楽しみましょう。もともと恋愛依存傾向がある人も、「重い」という理由で振られることはなくなるはずです。

4. 好きな気持ちを素直に表現する

 男性は鈍感な人が多いため、彼女の気持ちに気づけない人が多いです。「ちゃんと伝えている」と思っていても、まったく伝わっておらず、気持ちがいつの間にかすれ違って、別れに至るケースもあります。

 これを避けるには、好きな気持ちを素直に伝えること。本心が分かれば、彼ももっとあなたに愛情表現するでしょうし、さらに夢中になってくれるかもしれません。

5. 彼の変化を見逃さない

 気配りができる女性は、男性にとって理想的な存在。ちょっとした変化にも気づいてくれる女性は、男性の心を夢中にさせるでしょう。

 それを叶えるためには、彼の変化を見逃さないことが肝心。「最近、疲れていそう」「何か良いことがあったのかな」など、変化に気づいて応じることができれば、気配りのできる女性どころか、唯一無二の存在になることができるでしょう。

意中の男性の心を上手に掴んで夢中にさせよう!

マンネリ知らずでいつまでも幸せに♡(写真:iStock)
マンネリ知らずでいつまでも幸せに♡ (写真:iStock)

 好きな人ができ、うまく交際に至ったとしても、「嫌われたらどうしよう」「浮気されたらどうしよう」と、新たな悩みを抱える人がいます。そんな人は、彼の心をがっちりと掴み、あなたに夢中にさせてしまいましょう。そうすることができれば、交際が長くなったとしても、マンネリ化を防ぐことができるはずですよ。

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...