こうなると手遅れ…夫が離婚を本気で考えた時の3つのサイン

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-04-10 12:39
投稿日:2021-04-10 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージが強いかもしれませんが、家庭裁判所で離婚の申し立てをする男性は約4割もいます。別れたい理由はさまざまですが、離婚を真剣に考え出した男性は必ず”決別したいサイン”を出しています。悪夢が起こる前触れを事前にキャッチできれば対策を練ることも出来るかもしれません。今回は関係修復不可能になった夫たちの行動についてお話ししましょう。

1. 妻の料理は食べないと決めた夫たち

嫁の食事を食べるくらいならレトルトでいい(写真:iStock)
嫁の食事を食べるくらいならレトルトでいい (写真:iStock)

「そういえば……ここ1年は朝は食欲がないから食べないと言って、夜は帰宅が遅く会社の近くで食べていたみたいです」

 子供がまだ3歳の専業主婦A子さん(32歳)は、食事の支度をしなくていいのは内心ラッキー!と喜んでいましたが、夫からまさかの離婚宣告を受けてしまったのです。「食べないって言うから作らなかっただけなのに……」

 うつむき加減のA子さんは別れたくないと涙を流しました。旦那さんの言い分は、もう一緒に生活するのが嫌になったということでした。食事も食欲がないから食べなかったわけではなく、妻の手料理を“拒否”していたそうです。

 “離婚したいほど嫌いな嫁さんの料理は食べられない”ということでした。筆者は数々の男性側のお別れ相談も受けてきましたが、離婚希望者も同棲解消も男性は共通して彼女の手料理を頑として食べません。

 コンビニ弁当をぶら下げて帰るようになったら手遅れの末期です。言い方を変えると、家でご飯を食べているうちは2人の関係を修復できる見込みがあるということです。ただし夫が食べたいものをリクエストしなくなったら危険信号です。

2. 帰宅をわざわざ遅らせる夫たち

駅で時間をつぶすというケースも(写真:iStock)
駅で時間をつぶすというケースも (写真:iStock)

 外食する金銭的余裕がない夫たちは、食事は家にあるもので済まさなければなりません。浮気調査専門の筆者の調査歴では、「家に帰る時間が遅いので浮気をしているのでは?」という漠然とした依頼がよくあります。

 そんな夫たちを尾行しても、自宅にすぐ帰らず大型の書店やコンビニで長時間滞在、もしくは車の中で眠っていたりして、明らかに時間をつぶしているのです。駅のホームのベンチでずっとスマホゲームをしながら最終電車待ちしている依頼者さんの夫もいました。

「そこまで家に帰りたくないんかい!?」と、なんだか可哀想な気持ちになったものです。

 嫁さんの作ったものを食べる姿を見られると、妻に負けたような気がするとおっしゃった男性もいました。

 とことん妻を拒否する夫は夜中に帰宅後、自分で食事の支度をするそうです。寝静まったあとなら顔を見なくていいし、会話もしなくていいという理由から頑張ってわざわざ遅く帰っているのです。

 男性は、あまりごちゃごちゃと不満を言いたくないという習性から“黙る”を選んでいます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ
高学歴男性と結婚するには?東大卒と結婚して感じたメリット
 高学歴の男性と結婚したいと考える女性は少なくありません。  必ずしも学歴が高いイコール高収入というわけではないのです...
内藤みか 2022-11-17 06:00 ラブ