こうなると手遅れ…夫が離婚を本気で考えた時の3つのサイン

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-04-10 12:39
投稿日:2021-04-10 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージが強いかもしれませんが、家庭裁判所で離婚の申し立てをする男性は約4割もいます。別れたい理由はさまざまですが、離婚を真剣に考え出した男性は必ず”決別したいサイン”を出しています。悪夢が起こる前触れを事前にキャッチできれば対策を練ることも出来るかもしれません。今回は関係修復不可能になった夫たちの行動についてお話ししましょう。

1. 妻の料理は食べないと決めた夫たち

嫁の食事を食べるくらいならレトルトでいい(写真:iStock)
嫁の食事を食べるくらいならレトルトでいい (写真:iStock)

「そういえば……ここ1年は朝は食欲がないから食べないと言って、夜は帰宅が遅く会社の近くで食べていたみたいです」

 子供がまだ3歳の専業主婦A子さん(32歳)は、食事の支度をしなくていいのは内心ラッキー!と喜んでいましたが、夫からまさかの離婚宣告を受けてしまったのです。「食べないって言うから作らなかっただけなのに……」

 うつむき加減のA子さんは別れたくないと涙を流しました。旦那さんの言い分は、もう一緒に生活するのが嫌になったということでした。食事も食欲がないから食べなかったわけではなく、妻の手料理を“拒否”していたそうです。

 “離婚したいほど嫌いな嫁さんの料理は食べられない”ということでした。筆者は数々の男性側のお別れ相談も受けてきましたが、離婚希望者も同棲解消も男性は共通して彼女の手料理を頑として食べません。

 コンビニ弁当をぶら下げて帰るようになったら手遅れの末期です。言い方を変えると、家でご飯を食べているうちは2人の関係を修復できる見込みがあるということです。ただし夫が食べたいものをリクエストしなくなったら危険信号です。

2. 帰宅をわざわざ遅らせる夫たち

駅で時間をつぶすというケースも(写真:iStock)
駅で時間をつぶすというケースも (写真:iStock)

 外食する金銭的余裕がない夫たちは、食事は家にあるもので済まさなければなりません。浮気調査専門の筆者の調査歴では、「家に帰る時間が遅いので浮気をしているのでは?」という漠然とした依頼がよくあります。

 そんな夫たちを尾行しても、自宅にすぐ帰らず大型の書店やコンビニで長時間滞在、もしくは車の中で眠っていたりして、明らかに時間をつぶしているのです。駅のホームのベンチでずっとスマホゲームをしながら最終電車待ちしている依頼者さんの夫もいました。

「そこまで家に帰りたくないんかい!?」と、なんだか可哀想な気持ちになったものです。

 嫁さんの作ったものを食べる姿を見られると、妻に負けたような気がするとおっしゃった男性もいました。

 とことん妻を拒否する夫は夜中に帰宅後、自分で食事の支度をするそうです。寝静まったあとなら顔を見なくていいし、会話もしなくていいという理由から頑張ってわざわざ遅く帰っているのです。

 男性は、あまりごちゃごちゃと不満を言いたくないという習性から“黙る”を選んでいます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に“彼女にしたくない”と思われる女性の特徴5つ&NG行動
 好きな人ができたら、その人の彼女になりたいと思うのは当然ですよね。でも、あなたが片思いをしている場合には、付き合うかど...
恋バナ調査隊 2021-05-16 06:23 ラブ
結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ