多趣味な男性と付き合うのは大変!?メリット&デメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-05 06:00
投稿日:2021-07-05 06:00
 さまざまな趣味を持ち、経験や話題が豊富な男性は魅力的に映るもの。そんな男性に、心惹かれている女性もいるのではないでしょうか? でも、交際する前の男性は悪い部分が見えにくく、良い部分だけを見てしまいがち。これでは、交際に至ってから後悔してしまうかもしれませんよ。そこで、今回は多趣味な男性と付き合うメリットとデメリットについてご紹介します。

多趣味な男性と付き合う5つのメリット

 趣味を楽しんでいる人は、周りから見てもキラキラ輝いて見えます。そんな多趣味な男性と付き合うのは、どんなメリットがあるのでしょうか。

1. 話題が多く一緒にいて楽しい

 趣味が多い人は、何といっても話題が豊富。たくさんの経験をし、多くの人と接してきているため、話題に尽きることがありません。

 そうなれば当然、長い間一緒にいても「楽しい」と感じることができ、飽きることはないでしょう。まるで子供のように楽しそうに話す彼を見ては、どんどん惹かれる女性も多いはずです。

2. 世界観が広がる

 多趣味な彼は日頃からさまざまな趣味を楽しんでいるため、とにかく世界観が広いです。そんな彼と一緒にいることで、あなたも今まで知らなかった世界を知ることができるでしょう。

 身近にいる人の話には、意外と影響を受けるもの。「そんな世界もあるんだ」「実は、深い世界だったんだ」なんてことに気づくことも多々あります。実際にその趣味を試さなくても、話を聞いているだけであなたの世界観も変わってくるでしょう。

3. 自分の趣味も理解してくれる

 女性の中には、「自分の趣味を理解してくれる男性はいない」と思っている人がいるかもしれません。でも、彼が多趣味な場合、あなたの趣味に対しても理解を示してくれることが多いです。

「それ、いいよね!」と共感してくれることもあれば、「応援するから、頑張って」と背中を押してくれるかもしれません。

4. 新たな趣味が見つかることも

 大人になってから、「なかなか趣味が見つからない」と思っている女性もいるはず。そんな人は、多趣味な男性と付き合うことで自分の趣味が見つかることもあります。

 楽しそうに趣味と向き合う彼と付き合っているうちに、あなた自身もはまってしまうことがあるでしょう。そうなれば、同じ趣味を一緒に楽しむことができ、関係性がより深まるはずです。

5. 友達が増える

 趣味の中には、一人で黙々と楽しむものもありますが、仲間と一緒に楽しむものもあります。そのため、多趣味な男性は友達が多い傾向にあるのです。

 そんな男性と付き合うことで、知らず知らずのうちにあなたも仲間が増えてくるはず。彼に付き合い、趣味仲間に会っているうちにあなたにも新しい友達がどんどん増えていくでしょう。

多趣味な男性と付き合う5つのデメリット

 多趣味な男性と付き合うにはご紹介したようなメリットもたくさんありますが、少なからずデメリットもあります。事前に知っていれば、後々後悔することもなくなるはずですよ。

1. お金使いが荒い

 多趣味な男性の多くは、趣味にお金を使っている人がほとんど。貯蓄などはせず、あればあるだけ趣味にお金をつぎ込んでしまいがちです。

 そのため、付き合ってからお金使いの荒さにびっくりする人もいるでしょう。デート代をどちらが払うかで、揉めることも出てくるかもしれません。

2. デートの時間を作ってくれない

 趣味が多い男性は基本、休日も忙しいです。土曜は家で趣味に没頭し、日曜は趣味仲間との予定が入っていることも多いでしょう。

 そのため、「会いたいのに、なかなかデート時間をとってくれない」という不満が女性側に起こってしまう可能性もあります。彼女よりも趣味を優先する人も少なくありませんから、それが理解できない女性にとっては寂しく感じるかもしれません。

3. 出会いが多いぶん、浮気の可能性が高くなる

 いくつもの趣味を持っていると、その趣味ごとに仲間が変わってきます。その中には、女性がいることもあるでしょう。

 つまり、出会いが多いぶん、女性との付き合いも増えるということ。もちろん、趣味仲間として割り切った付き合いをしてくれる男性も多いですが、彼に好意を抱く女性が現れた時には、誘惑に負けてしまうことがあるかもしれません。

4. 現実的な未来が見えにくい

 多趣味な男性の多くは、まるで子供のように趣味を楽しんでいます。仕事はしているものの、収入や時間のほとんどを趣味に費やしているため、彼女としては未来を想像しにくいでしょう。

 交際期間がある程度長くなれば、結婚を考える女性が多いと思います。しかし、趣味を自由に楽しんでいる彼との未来は見えにくいため、「このまま付き合っていいのだろうか?」と悩んでしまうことも少なくありません。

5. 興味ない趣味に付き合わされる

 彼が多趣味であることに理解はできても、「彼の趣味には興味がない」という女性もいるでしょう。

 しかし、多趣味な男性の中には彼女に共有してほしいと考え、趣味に付き合わせる男性もいます。デートだと思って出かけたら、「趣味仲間の集まりだった」なんてこともあり、喧嘩になるケースもあります。

多趣味な男性は魅力がいっぱい! デメリットを上手にカバーして

 趣味が多いということは、それだけ人生を楽しんでいるということ。そんな男性と付き合うことができれば、あなたの人生もより充実させることができるでしょう。

 どんな男性にも、付き合った際のメリットとデメリットはあるものです。多趣味な男性のデメリットは、事前に知っていればあなた次第でカバーすることもできるはず。ぜひ、上手に関係を深めていってくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ