狙うべき男子は…合コンを効率的に活用するための恋愛戦略

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-03-26 20:06
投稿日:2019-02-19 06:00

合コンは恋愛に発展しにくい?

合コン楽しんでる?(写真:iStock)
合コン楽しんでる? (写真:iStock)

 みなさん、金曜日の夜は、合コンを楽しんでおりますでしょうか? 最近では、出会いの場としては少しおとなしくなってきた感のある合コンですが、まだまだ人気の高い出会いの場ではありますよね。

 しかしながら、実際に「合コンで付き合う」率は、20代でたった4%しかないという調査結果もあります。

 合コンが恋愛に発展しにく理由としては、1対1での会話ができず関係を深めにくい、短時間で初対面の異性と仲良くなるのが難しい、などといった理由があるようです。

 でも、せっかくの合コン。やるからには、できるだけ効率的に活用したいですね。

 そういう方が狙うべき相手、それは「幹事男子」です!

なぜ幹事男子を合コンで狙うべきなのか?

「幹事男子を狙う」戦略のメリットとは(写真:iStock)
「幹事男子を狙う」戦略のメリットとは (写真:iStock)

 合コンの難しさは、わずか2~3時間でお互いが“また会いたい”と思えるレベルにまで好感度を高める必要があること。

 そして、事前情報が全くない状況下で合コンは始まるので、短時間で相手の情報を引き出しつつ、自分のアピールもしなければならないという、非常に難易度の高いスキルが求められることです。

 そこで、オススメしたいのが「幹事男子を狙う」という戦略です。

 幹事男子については、女性幹事から事前に情報を入手できますよね? そのため、予習がしやすいのもポイント。さらに、会の仕切り方などから、その人のセンスや人間性なども見えてきます。

 また、幹事男子に対しては、「よく飲み会とかされてるんですか? 出会いを探してる子がいっぱいいるんで、良かったらまたやりましょう」という鉄板トークが使えるのも有利な点でしょう。

 もともと、合コンという短い時間でイイ相手を見極めるのは至難の業。それなら、次につながる種を巻いておくことこそ、合コンで最も有効な生存戦略なのです。

合コン後にとるべき行動は?

蒔いた種をじっくり育てよう(写真:iStock)
蒔いた種をじっくり育てよう (写真:iStock)

 さて、無事に幹事男子のLINEをゲットしたあなたの取るべき行動はなんでしょう?

 それは、幹事男子との合コンの調整のために、一度食事に行くことです。

「飲み会にどんな子を呼んだらいいか、ちゃんと聞いといた方がイイ子を紹介できそうだから、今度ご飯でもいこうよー」と話せば、自然にご飯に誘導できるでしょう。

 ポイントは、合コンの調整を通じて幹事男子の人間性も見えてくること。仮にあまり好感を持てなかった場合でも、合コンで別の男性にスイッチすることも可能です。幹事男子という共通の知人の話題で会話も弾みますよね。

 つまり、幹事男子は1粒で2度おいしい優れもの。ぜひ、合コンのリターンを最大化してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ
FILM
 初婚の婚活女子なら、その多くが「結婚相手はなるべく初婚がいい」と言います。まあ、そう思う気持ちはよくわかります。ただ、...
田中絵音 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 H美さんの言葉に、一同の男女が感心しています。(前回の話はこちら) 「やっぱりなぁ。さすが心が広いというか、腹の...
うかみ綾乃 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んで...
恋バナ調査隊 2020-07-29 06:00 ラブ
FILM
 一昔前とは違って、現代では離婚は珍しいことではありません。周りから後ろ指を差されたり、肩身が狭い思いをすることもないで...
恋バナ調査隊 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また...
リタ・トーコ 2020-07-28 06:00 ラブ
FILM
 仲が良くて気が合う片思い中の男性がいたとします。しかし、カレから見て自分が恋愛対象外だったらツライですよね。このまま動...
若林杏樹 2020-07-27 06:00 ラブ
FILM
 同棲を始める時には、誰だって幸せな生活をイメージするものです。中には、結婚前提で同棲をスタートさせる人もいるでしょう。...
恋バナ調査隊 2020-07-27 06:00 ラブ
FILM
 メリ様こんにちは! いつもSNSやブログ、そして、何度も本をリピ読みさせていただいております! 私もひとつご相談をさせ...
神崎メリ 2020-07-26 06:00 ラブ