狙うべき男子は…合コンを効率的に活用するための恋愛戦略

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-03-26 20:06
投稿日:2019-02-19 06:00

合コンは恋愛に発展しにくい?

合コン楽しんでる?(写真:iStock)
合コン楽しんでる? (写真:iStock)

 みなさん、金曜日の夜は、合コンを楽しんでおりますでしょうか? 最近では、出会いの場としては少しおとなしくなってきた感のある合コンですが、まだまだ人気の高い出会いの場ではありますよね。

 しかしながら、実際に「合コンで付き合う」率は、20代でたった4%しかないという調査結果もあります。

 合コンが恋愛に発展しにく理由としては、1対1での会話ができず関係を深めにくい、短時間で初対面の異性と仲良くなるのが難しい、などといった理由があるようです。

 でも、せっかくの合コン。やるからには、できるだけ効率的に活用したいですね。

 そういう方が狙うべき相手、それは「幹事男子」です!

なぜ幹事男子を合コンで狙うべきなのか?

「幹事男子を狙う」戦略のメリットとは(写真:iStock)
「幹事男子を狙う」戦略のメリットとは (写真:iStock)

 合コンの難しさは、わずか2~3時間でお互いが“また会いたい”と思えるレベルにまで好感度を高める必要があること。

 そして、事前情報が全くない状況下で合コンは始まるので、短時間で相手の情報を引き出しつつ、自分のアピールもしなければならないという、非常に難易度の高いスキルが求められることです。

 そこで、オススメしたいのが「幹事男子を狙う」という戦略です。

 幹事男子については、女性幹事から事前に情報を入手できますよね? そのため、予習がしやすいのもポイント。さらに、会の仕切り方などから、その人のセンスや人間性なども見えてきます。

 また、幹事男子に対しては、「よく飲み会とかされてるんですか? 出会いを探してる子がいっぱいいるんで、良かったらまたやりましょう」という鉄板トークが使えるのも有利な点でしょう。

 もともと、合コンという短い時間でイイ相手を見極めるのは至難の業。それなら、次につながる種を巻いておくことこそ、合コンで最も有効な生存戦略なのです。

合コン後にとるべき行動は?

蒔いた種をじっくり育てよう(写真:iStock)
蒔いた種をじっくり育てよう (写真:iStock)

 さて、無事に幹事男子のLINEをゲットしたあなたの取るべき行動はなんでしょう?

 それは、幹事男子との合コンの調整のために、一度食事に行くことです。

「飲み会にどんな子を呼んだらいいか、ちゃんと聞いといた方がイイ子を紹介できそうだから、今度ご飯でもいこうよー」と話せば、自然にご飯に誘導できるでしょう。

 ポイントは、合コンの調整を通じて幹事男子の人間性も見えてくること。仮にあまり好感を持てなかった場合でも、合コンで別の男性にスイッチすることも可能です。幹事男子という共通の知人の話題で会話も弾みますよね。

 つまり、幹事男子は1粒で2度おいしい優れもの。ぜひ、合コンのリターンを最大化してくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ