年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-27 06:06
投稿日:2021-07-27 06:00
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくすぐられてしまう人も多いでしょう。しかし、年下男性を好きになっても、相手が必ずしも好意を抱いてくれるとは限りません。そこで、知っておきたい年下男性の脈なしサインや、諦めずに射止める方法をご紹介します。

知っておきたい! 年下男性の6つの脈なしサイン

年下男性って難しい……?(写真:iStock)
年下男性って難しい……? (写真:iStock)

 好きになった男性が年下だと「私は年上だから積極的に行くしかない」と、グイグイと押してしまう人もいるでしょう。しかし、年下男性の脈なしサインに気づかぬままアプローチを続けると、嫌われてしまうかもしれません。

1. 会話が盛り上がらない

 男性は、好きな女性の前では分かりやすいくらい一生懸命になります。ちょっとした会話でも、「盛り上げよう」「楽しませよう」と思うのです。

 そのため、年下男性と話していて会話が盛り上がらない場合には、脈なしサインの可能性が高いでしょう。向こうから話を振ってこない、質問してこない、話を切り上げようとする場合には、あなたに興味がないかもしれません。

2. 二人きりになることを避ける

 ある程度仲良くなって距離感が縮まると、飲みに行ったり、食事をすることもあるでしょう。友達や先輩後輩という関係でも、二人で会うのは自然なことです。

 しかし、それにも関わらず、二人での飲みの誘いを断ってきたり、困ったような態度を示す場合には脈なしサイン。「友達を連れて行ってもいいですか?」なんて、ほかの人を誘おうとする場合にも、脈なしの可能性が高いです。

3. 断る際、ほかの日時を提案してこない

 年下男性と「今度二人でご飯でも行こう」なんて話をしていても、なかなか実現できていない人もいるのではないでしょうか。

 男性は、興味がある女性であれば、どんなに忙しくても会う努力をします。誘った日がNGだとしたら、「この日なら空いているんだけど……」といった提案をしてくるでしょう。それがない場合には、最初から社交辞令で行く気持ちがないのかもしれません。

4. 彼からの連絡はない

 男性の多くは、連絡することが苦手。仲の良い友達であっても、必要最低限の連絡しかしない人が多いでしょう。

 しかし、相手が好きな女性となれば別で、積極的に連絡を取ろうとします。そのため、連絡を取るのは自分からばかりで、年下男性からの連絡がない場合には、脈なしサインの可能性が高いです。

5. LINEなどの返信が遅い

 男性にとって、好意を抱いている女性からの連絡は嬉しいもの。駆け引きを考える人は少ないですから、好きな女性からLINEがきたらすぐに返信する人がほとんどです。

 しかし、LINEをしてもなかなか既読にならない、返信が来ない場合には、脈なしサインと考えたほうが無難でしょう。ただし、返信の際に「仕事でトラブルがあって返信が遅くなった」など、一言付け加えている場合には可能性があるかもしれません。

6. 会話の際、物理的距離が離れている

 人との距離感には、意外と気持ちが現れるものです。あなたも、苦手な人と接する際には無意識に距離を作ろうとするのではないでしょうか。

 そのため、年下男性と接する際、彼が物理的距離感を取ろうとする場合には、脈なしと考えられます。無意識で避けようとしているということですから、無理に距離感を詰めようとするのは危険です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ