男性の脈なしLINEの8つの特徴&恋を掴む挽回テクニック

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-02 06:00
投稿日:2020-06-02 06:00
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽にやり取りができますよね。しかし、LINEのやり取りが始まることで、彼の「脈なしサイン」が見えてしまうことも……。
 そんな、男性の脈なしLINEの特徴&挽回テクニックをご紹介します。

男性の脈なしLINEとは?知っておきたい8つの特徴

あなたのLINEどう思われてる?(写真:iStock)
あなたのLINEどう思われてる? (写真:iStock)

 自分からLINEをして積極的にアプローチしているのに、やり取りをしていると「これって、脈がないってこと?」なんて、不安に感じる時があるでしょう。男性は気持ちが行動に出やすい人が多いため、LINEの対応から「脈なし」を見抜くことができます。

1. 返信スピードが明らかに遅い

 男性は好意を抱いている女性のLINEには、すぐに返信する傾向にあります。そのため、返信スピードが遅い場合、脈なしの可能性が高いでしょう。

 特に、グループラインでの返信は早いのに、個人LINEは返信が遅いという場合には、あなたに特別な気持ちは抱いていない可能性が高いです。

2. 返信内容が薄い

 好きな男性にLINEを送る場合、内容に気を使う人が多いでしょう。返信しやすいように、質問形式にしている人も多いはず。

 しかし、それに対してそっけない内容や薄っぺらい返信をしてくる場合は、気がないという証拠かもしれません。

3. 既読スルー、未読スルーされることが多い

 女性に比べると男性は面倒くさがりな人が多いため、文章を打ち込むこと自体を億劫に感じる人もいます。

 しかし、既読スルー、未読スルーがあまりに続く場合には、あえてスルーしている可能性も。脈なしサインの1つだと思った方が良いでしょう。

4. 返信がスタンプのみ

 男性は好意を抱いている女性からのLINEであれば、「自分にも好意を持ってほしい」という思いから、やり取りが続くような工夫をするものでしょう。

 そのため、逆に「いつも返信はスタンプばかり」という場合には、あなたに気を使っていない証拠。「とりあえず、返信しておこう」という、気持ちの表れなのかもしれません。

5. なぜか文体が敬語

 会っている時にはタメ口で話しているはずなのに、「LINEでは、なぜか敬語で送ってくる」という男性もいるでしょう。実は、この敬語は「これ以上、あなたとの距離を縮める気はない」という彼の気持ちの表れかもしれません。

6. やり取りが一方通行

 好きな男性を振り向かせるため、LINEで一生懸命アプローチしている女性もいるでしょう。しかし、「LINEを送るのは、いつも私から」と、一方通行になっていませんか?

 会話もあなたからの質問、返信の繰り返しという場合には、脈なしである可能性が高いでしょう。

7. あなたへの質問はない

 気になる相手とコミュニケーションを取る時、「相手のことが知りたい」と、さまざまな質問を投げかけるのは普通のこと。

 しかし、LINEのやり取りで彼からの質問が一切ない場合には、あなたに興味を抱いていない証拠。「知りたい」と、思っていないのかもしれません。

8. 彼からの強制終了でLINEが終わる

 好きな男性とLINEでやり取りをしている時間というのは、「ずっと、このままやり取りをしていたい」と思えるほど、とても楽しいものです。

 しかし、どんなに会話が盛り上がっていても「じゃあ、そろそろおやすみ」といった具合に、いつも彼からの強制終了でLINEが終わる場合には、彼は同じ気持ちではない可能性が高いです。

脈なしLINEの彼を振り向かせるには?5つのテクニック

思い切って電話をかけてみては?(写真:iStock)
思い切って電話をかけてみては? (写真:iStock)

 男性の脈なしLINEの特徴を見て、ショックを受けている人もいるでしょう。しかし、今の段階で脈なしであっても、ここから挽回することはできるはず!そこで、すぐに試せる5つのテクニックを実践してみてくださいね。

1. しばらくLINEをしない

「脈なしかもしれない」と思っている人の中には、頻繁に彼にLINEをしていた人も多いはず。そんな人は、諦めるためではなく、挽回するために一度LINEをお休みしてみましょう。

 今まで、頻繁に来ていたLINEが突然来なくなると、男性は「あれ、どうしたんだろう?」と気になるはず。これが、あなたに興味を抱くきっかけになるかもしれません。

2. すぐに返信しない

 好きな男性からLINEが来ると、「待っていました!」と言わんばかりに、すぐに返信してしまう女性も少なくありません。しかし、これでは「普段は何をしているんだろう?」「彼氏はいるんだろうか?」など、男性から興味を持ってもらえる存在になることは難しいでしょう。時には、すぐに返信せずに少し時間をおいて焦らすことも必要です。

3. 彼の好きそうな話題を選ぶ

 LINEで彼の気持ちを動かすためには、彼の好きそうな話題を見つけることも大切。やり取りの中で「つまらなそうだな」と感じたのであれば、相手にとって興味がない内容だったからかもしれません。

 彼の趣味や好みをチェックした上で話題を投げかけると、LINEのやり取りも長続きしやすくなります。

4. 送る時間帯を変える

「彼の返信はいつも遅い……脈なしかな?」と感じている人の中には、単純にLINEを送る時間帯が悪い人もいます。

 そのため、いつもとは違った時間にLINEをしてみましょう。仕事の時間や休日の過ごし方などは人それぞれですので、タイミングが合うだけで返信が早く来る可能性は十分に考えられます。

5. LINEではなく電話で直接話す

 LINEは文字のやり取りですから、「本心や気持ちが分からない」と思っている人もいるでしょう。そんな人は、思い切って「電話で話さない?」と提案するのもおすすめ。実は、筆不精なだけで、電話では盛り上がるかもしれませんよ。

LINEの脈なしサインに落ち込まないで!テクニック次第で挽回も♡

あなたの愛に応えてくれるかも(写真:iStock)
あなたの愛に応えてくれるかも (写真:iStock)

 好きな男性とLINEをするのはとても楽しいものですが、もしも脈なしサインが出ていたらがっかりしてしまいますよね。しかし、そこで諦めるのではなく、テクニックを使ってアプローチ方法を変えてみると挽回できるチャンスはたくさんあるはずです。

 また、アプローチをするときには、ご紹介したように電話で直接話してみるのもアリですし、思い切ってデートに誘ってみるなど自分から動いてみるのも良いですよ。

 LINEというツールを駆使して、ぜひ、良い恋を始めてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ