男性の脈なしLINEの8つの特徴&恋を掴む挽回テクニック

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-02 06:00
投稿日:2020-06-02 06:00
 好きな人に女性からアプローチするって、なかなか勇気がいるものです。でも、LINEを使えば、恋愛経験が少ない人でも気軽にやり取りができますよね。しかし、LINEのやり取りが始まることで、彼の「脈なしサイン」が見えてしまうことも……。
 そんな、男性の脈なしLINEの特徴&挽回テクニックをご紹介します。

男性の脈なしLINEとは?知っておきたい8つの特徴

あなたのLINEどう思われてる?(写真:iStock)
あなたのLINEどう思われてる? (写真:iStock)

 自分からLINEをして積極的にアプローチしているのに、やり取りをしていると「これって、脈がないってこと?」なんて、不安に感じる時があるでしょう。男性は気持ちが行動に出やすい人が多いため、LINEの対応から「脈なし」を見抜くことができます。

1. 返信スピードが明らかに遅い

 男性は好意を抱いている女性のLINEには、すぐに返信する傾向にあります。そのため、返信スピードが遅い場合、脈なしの可能性が高いでしょう。

 特に、グループラインでの返信は早いのに、個人LINEは返信が遅いという場合には、あなたに特別な気持ちは抱いていない可能性が高いです。

2. 返信内容が薄い

 好きな男性にLINEを送る場合、内容に気を使う人が多いでしょう。返信しやすいように、質問形式にしている人も多いはず。

 しかし、それに対してそっけない内容や薄っぺらい返信をしてくる場合は、気がないという証拠かもしれません。

3. 既読スルー、未読スルーされることが多い

 女性に比べると男性は面倒くさがりな人が多いため、文章を打ち込むこと自体を億劫に感じる人もいます。

 しかし、既読スルー、未読スルーがあまりに続く場合には、あえてスルーしている可能性も。脈なしサインの1つだと思った方が良いでしょう。

4. 返信がスタンプのみ

 男性は好意を抱いている女性からのLINEであれば、「自分にも好意を持ってほしい」という思いから、やり取りが続くような工夫をするものでしょう。

 そのため、逆に「いつも返信はスタンプばかり」という場合には、あなたに気を使っていない証拠。「とりあえず、返信しておこう」という、気持ちの表れなのかもしれません。

5. なぜか文体が敬語

 会っている時にはタメ口で話しているはずなのに、「LINEでは、なぜか敬語で送ってくる」という男性もいるでしょう。実は、この敬語は「これ以上、あなたとの距離を縮める気はない」という彼の気持ちの表れかもしれません。

6. やり取りが一方通行

 好きな男性を振り向かせるため、LINEで一生懸命アプローチしている女性もいるでしょう。しかし、「LINEを送るのは、いつも私から」と、一方通行になっていませんか?

 会話もあなたからの質問、返信の繰り返しという場合には、脈なしである可能性が高いでしょう。

7. あなたへの質問はない

 気になる相手とコミュニケーションを取る時、「相手のことが知りたい」と、さまざまな質問を投げかけるのは普通のこと。

 しかし、LINEのやり取りで彼からの質問が一切ない場合には、あなたに興味を抱いていない証拠。「知りたい」と、思っていないのかもしれません。

8. 彼からの強制終了でLINEが終わる

 好きな男性とLINEでやり取りをしている時間というのは、「ずっと、このままやり取りをしていたい」と思えるほど、とても楽しいものです。

 しかし、どんなに会話が盛り上がっていても「じゃあ、そろそろおやすみ」といった具合に、いつも彼からの強制終了でLINEが終わる場合には、彼は同じ気持ちではない可能性が高いです。

脈なしLINEの彼を振り向かせるには?5つのテクニック

思い切って電話をかけてみては?(写真:iStock)
思い切って電話をかけてみては? (写真:iStock)

 男性の脈なしLINEの特徴を見て、ショックを受けている人もいるでしょう。しかし、今の段階で脈なしであっても、ここから挽回することはできるはず!そこで、すぐに試せる5つのテクニックを実践してみてくださいね。

1. しばらくLINEをしない

「脈なしかもしれない」と思っている人の中には、頻繁に彼にLINEをしていた人も多いはず。そんな人は、諦めるためではなく、挽回するために一度LINEをお休みしてみましょう。

 今まで、頻繁に来ていたLINEが突然来なくなると、男性は「あれ、どうしたんだろう?」と気になるはず。これが、あなたに興味を抱くきっかけになるかもしれません。

2. すぐに返信しない

 好きな男性からLINEが来ると、「待っていました!」と言わんばかりに、すぐに返信してしまう女性も少なくありません。しかし、これでは「普段は何をしているんだろう?」「彼氏はいるんだろうか?」など、男性から興味を持ってもらえる存在になることは難しいでしょう。時には、すぐに返信せずに少し時間をおいて焦らすことも必要です。

3. 彼の好きそうな話題を選ぶ

 LINEで彼の気持ちを動かすためには、彼の好きそうな話題を見つけることも大切。やり取りの中で「つまらなそうだな」と感じたのであれば、相手にとって興味がない内容だったからかもしれません。

 彼の趣味や好みをチェックした上で話題を投げかけると、LINEのやり取りも長続きしやすくなります。

4. 送る時間帯を変える

「彼の返信はいつも遅い……脈なしかな?」と感じている人の中には、単純にLINEを送る時間帯が悪い人もいます。

 そのため、いつもとは違った時間にLINEをしてみましょう。仕事の時間や休日の過ごし方などは人それぞれですので、タイミングが合うだけで返信が早く来る可能性は十分に考えられます。

5. LINEではなく電話で直接話す

 LINEは文字のやり取りですから、「本心や気持ちが分からない」と思っている人もいるでしょう。そんな人は、思い切って「電話で話さない?」と提案するのもおすすめ。実は、筆不精なだけで、電話では盛り上がるかもしれませんよ。

LINEの脈なしサインに落ち込まないで!テクニック次第で挽回も♡

あなたの愛に応えてくれるかも(写真:iStock)
あなたの愛に応えてくれるかも (写真:iStock)

 好きな男性とLINEをするのはとても楽しいものですが、もしも脈なしサインが出ていたらがっかりしてしまいますよね。しかし、そこで諦めるのではなく、テクニックを使ってアプローチ方法を変えてみると挽回できるチャンスはたくさんあるはずです。

 また、アプローチをするときには、ご紹介したように電話で直接話してみるのもアリですし、思い切ってデートに誘ってみるなど自分から動いてみるのも良いですよ。

 LINEというツールを駆使して、ぜひ、良い恋を始めてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ