続けるorやめる?脈なし男性のLINEの特徴&返信テク♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-28 06:00
投稿日:2020-09-28 06:00
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。そこで今回は、脈なし男性が送りがちなLINEの返信に共通する特徴、そして逆転を狙うためのLINEの返信テクニックをご紹介します。

男性が脈なしかを見抜こう! LINEの返信に共通する特徴4つ

1. LINEは未読スルーなのにSNSは更新されている

 彼のSNSは更新されているのに、LINEはいつまで経っても未読スルーというのは脈なしの特徴です。通知を見てあえて未読にしているか、あなたのLINE自体がブロックされている可能性もあるかもしれません。

2. 文章がそっけない

 何回もLINEのやりとりをしているのに、いつも返事がそっけない場合、脈なしである可能性があります。ただし、単に連絡不精である場合もあるので、普段の言動や相手の性格から推測してみてください。会った時もそっけない態度なら、あまり期待しない方が良いでしょう。

3. 返信が短文ばかり

 あなたが送るLINEに対して短文でしか返信がこない場合、あなたに興味がないのかもしれません。男性は、興味のある女性から質問をされたら嬉しいもの。その感情は、少なからず文章に出るはずです。

4. 向こうからLINEがこない

 LINEのやりとりは頻繁にしているけれど、いつもあなたからLINEを送っているという場合、正直、脈ありかどうかが微妙です。まずは、数日時間を置いて、相手からLINEがくるかどうかを見極めてみてください。そのまま連絡がこないようであれば、そのままフェードアウトしてしまう可能性が大きいです。

逆転できるかも! 返信のない脈なし男性に送るLINEテクニック4つ

 続いては、脈なし男性に送ることで立場が逆転するかもしれない、LINEテクニックをご紹介します。

1. 返信しやすいLINEを送る

 男性にLINEを送る場合、必ず答えやすいLINEを送るようにしましょう。ただの報告など返答に困るLINEは、女性間では成立しても男性にとっては「何が言いたいの?」と思われてしまうことがあります。

 用件に合わせて質問したり、急ぎであったり、第三者が返答を求めているなど「早めに返信しないと」と思わせることができれば、とりあえず相手から返信をもらうことができるでしょう。

2. LINEの頻度を減らしてみる

 返信が来ないなら、今まで送っていたLINEの数を減らしてみてください。あなたからのLINEが「面倒」というイメージを、払拭させることができるかもしれません。

 ただし、いきなり減らしてしまうとあなた自身が「脈なし」だと思われてしまうので、適度に連絡は続けるようにしてくださいね。

3. 確信をついた質問をしてみる

 ダラダラとLINEを続けるのが辛い人は、思い切って確信をついた質問をしてみるのもありです。まずは、彼女がいるかどうかを聞いてみましょう。答えが聞けたら「そうなんだ」とだけ返しておきます。

 もし相手に理由を聞かれたら、その時はじめて気があることを伝えてください。この後は相手の出方次第ですが、少なくともあくまで「聞かれたから気になっていることを伝えた」という状態に持っていくことで、一方的な会話になるのを防ぐことができます。

4. 一度わざと返信を遅らせてみる

 少し攻めるなら、一か八かでわざと返信を遅らせてみてください。今まであなたがすぐ返信をし続けてきた場合ほど、効力が高くなる方法です。

「追われていたはずなのに、なんで返事が来ないの?」「もしかして、彼女のことが気になっていたのかな?」という心理に持っていければベストです。

脈なし男性とのLINEは相手の心理を考えて返信しよう♡

彼の本心は…?(写真:iStock)
彼の本心は…? (写真:iStock)

 恋愛に焦りは禁物。追えば追うほど男性は逃げていってしまいます。脈なしだなと思っても、この記事で紹介したような駆け引きを上手に使いながら、相手との距離を少しずつ詰めていってくださいね。

 ただし、本当に脈なしの場合は潔く去ることも大切。あなたの女性としての直感を信じて、本当の恋を見つけてみてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ