デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-23 06:00
投稿日:2021-06-23 06:00
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人はそこで諦めてしまうでしょう。でも、一度で脈なしだと判断するのは早いかもしれませんよ。今回は、男性にデートを断られた時に脈ありか脈なしかを見極めるポイントや、今後の対策をご紹介します。

デートを断られた…脈なしか脈ありか見極める5つのポイント

意を決して誘ったのに断られた…(写真:iStock)
意を決して誘ったのに断られた… (写真:iStock)

 一度デートを断られると、「脈なし」だと判断する人が多いでしょう。でも、彼が断ったのは、本当に脈なしだったからでしょうか? まずは、脈なしか脈ありか見極めるポイントをご紹介します。

1. 断る理由

 デートを断られると、多くの人は「私に興味がないから……」とネガティブな理由を想像するでしょう。

 しかし、男性がデートを断る理由はさまざまです。「仕事が忙しくて時間が作れない」「その日は友達と約束が入っている」など、あなたが理由でない可能性も高いです。ショックを受ける前に、断られた理由を確認してみましょう。

2. 返事のタイミング

 デートを断られた際、返事のタイミングも脈ありかどうかを見極めるポイントの一つです。

 すぐに返事をされたのであれば、「待たせてはいけない」という気持ちの現れですから、脈ありかもしれません。逆に、返事が来るまでかなり時間がかかった場合には、「面倒だな」という気持ちが隠れているのかも。残念ながら、脈なしの可能性が高いでしょう。

3. フォローはあるか?

 たとえば、好意のある相手から予定が入っている日に誘われてしまったら、あなたはどう思いますか?「本当はOKしたいのに!」と思うでしょう。

 それは、男性だって同じ。あなたに好意を抱いていれば、一度断っても必ずフォローが入るはずです。「次の休みなら、大丈夫だよ」などのアプローチがあれば、脈ありの可能性大です。

4. 断った後の態度

 勇気を出して誘ったのに、断られるとショックを受けると同時に「気まずさ」を感じるものです。でもそれは、断った側も同じこと。特に、あなたに興味がない男性の場合には「これからどう接したら良いだろう?」と戸惑い、ぎこちない態度になるでしょう。

 しかし、あなたに好意を抱いている男性は、そこで態度を変えることはありません。あなたに気まずい思いをさせまいと、いつも通りに振舞ってくれたり、上記でご紹介したように「この日だったらどう?」など、フォローをしてくれるはずです。

5. 連絡頻度の変化

 デートに断られてから脈ありかどうかを確認するには、連絡頻度から判断することもできます。

 脈なし男性は、「少し距離を置いた方がいいな」と考えるため、連絡頻度が減るでしょう。対して、連絡頻度が変わらない、逆に頻度が増えた場合には、脈ありの可能性が高いです。

デートに断られた時の5つの対策

お誘いは余裕を持って(写真:iStock)
お誘いは余裕を持って (写真:iStock)

 彼にデートを断られて落ち込んでいる人は、「もうこれ以上、自分からアプローチできない」と思っているかもしれません。しかし、まだまだ成功する鍵は残されていますよ!

1. 重くならないように気軽に誘う

 一度デートに断られると、次に誘うのが怖くなるものです。「また、断られたら……」なんて思うと、重く感じてしまうでしょう。

 しかし、それを彼に悟られてしまったら、彼もあなたの誘いを重く受け止めてしまいます。デートの誘いは、あくまでも気軽に誘うのがポイント。「前回は、断られたけど……」なんて重い空気は、決して出さないようにしましょう。

2. 彼の状況を把握して、しばらく間を開けてから誘う

 デートの誘いは、一度断られたくらいで諦める必要はありません。しかし、断られたすぐ後に誘うのはNG。「忙しいって言ったのに」「断ったばかりなのに、よく誘ってくるな」と呆れられてしまうかもしれません。

 次に誘う場合は、最低でも1週間以上は開けるようにしましょう。その時には、彼の状況をチェックして、余裕がありそうなタイミングで誘うことが大切です。

3. 彼が興味を持ちそうなデートに誘う

 デートに誘う際には、「飲みに行かない?」「お寿司を食べに行かない?」と、なんらかのプランを考えて誘っている人が多いでしょう。

 しかし、OKをもらうためには、いかに彼が興味を持つデートプランを提案できるかが鍵! お酒を飲まない人を飲みに誘っても、「行きたい」と思わせることはできません。彼の好みをリサーチすることも大切です。

4. 日程に余裕を持たせる

 彼と「デートしたい!」と思っている人は、「すぐにでも会いたい」と思うでしょう。そのため、デートの日にちを近い日にちで設定してしまう人が少なくありません。

 しかし、社会人ともなれば仕事や人付き合いなどがあるため、日にちが近いとすでに予定が入っていることも多いです。OKをもらいたいのであれば、日程に予定を持たせることも必要でしょう。

5. 自分から誘うのは3回まで

 一度デートに断られたからと言って、脈なしとは限りません。そのため、諦めずに何度かチャレンジすることは大切!

 しかし、自分から誘うのは3回までにしておきましょう。一度や二度、都合が悪く断られることはあっても、3回連続で断られる場合には脈なしの可能性が高いからです。「うざい」「重い」と思われる前に、いったん引きましょう。

一度断られたくらいで諦めないで! 脈ありの可能性はある♡

1回断られて諦めちゃうのはもったいない(写真:iStock)
1回断られて諦めちゃうのはもったいない (写真:iStock)

 デートは、できれば男性から誘ってもらえるのが理想的です。しかし、待っているだけでは何も始まらないため、女性からデートに誘うことも必要でしょう。

 時には、勇気を出して誘ったのに、断られることがあるかもしれません。でも、それは単に忙しいだけかもしれませんし、すでに予定が入っているからかもしれません。デートに断られたら、まずはその理由をしっかりと確認し、脈ありの可能性を逃さないようにしてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...