夫にするとケンカが絶えない男の微妙な“会話のクセ”3大NG

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-10 09:27
投稿日:2019-02-22 06:00
こんなはずじゃなかったと思うことも…(写真:iStock)
こんなはずじゃなかったと思うことも… (写真:iStock)

「あばたもえくぼ」「恋は盲目」とはよく言ったもので、恋愛中にはさほど気にならなかったことが、結婚後にはイライラの元凶になるケースはたくさんあります。

 夫となる男に微妙な会話のクセがあると、それも妻を毎日いら立たせる原因になりがち。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男にありがちな会話のNGグセに迫ります。

1.基本、主語がない

「昨日、スーパーに行ったんだよね。そしたら魚を買ったんだって」など基本、“主語がない”話し方をする男を夫にすると、話を聞いている妻は「誰が何をした話?」がいちいち不明瞭なことから、いら立ちを覚えがちです。

 結婚生活における事務的な会話でも、“誰が”が不明だと誤解を生じることも多く、これが地味に妻のストレスになる恐怖も潜みます。

 主語を使わずにいくつかの文章が繋がると、誰が何をどうしたのか、妻が脳内変換をしながら聞き進める必要もあり、そのうちに会話が面倒に感じ「夫の話を聞くのって、疲れる」ともなりがちです。

2.語彙力が極端に低い

 美味しいものを食べに出かけた感想を聞けば「うん、楽しかったね」、飲み会に夫婦で参加した感想を聞いても「楽しかったね」など、基本的に同じ単語しか使わずに会話をする男性を夫にすると、妻はそのうちに物足りなさを感じがちです。

 何を話しても単調な返事しか返ってこないとなると、いつしかコミュニケーションもつまらなく感じ、会話も減りがち。

 他愛もない会話が盛り上がらないとなると、夫婦の円滑なコミュニケーションに、危険信号がともります。

3.話が長く、起承転結もオチもない

 「職場にいるAさんは20代の奥さんがいるんだけどさ、そのAさんが今日、大きなミスをやらかしたんだよね。そこでミスをするのも理解できるんだけど、Aさんの場合はなんでそうなったのか分からない。でも、ミスが起きたから対処をしなくてはならなくて、僕は今日、とても疲れたよ」

 こんなふうに、“今日は、Aさんがミスをしたから仕事が大変だった!”を伝えたいだけの会話で、不要なインフォメーションがやたら多かったり、起承転結もオチもなかったりする会話を好む夫がいると、妻は日々、微妙なストレスを抱きがちに。

 よく話す男は、家庭を明るくする存在ではあるものの、毎度、オチも起承転結もない話を延々と聞かされるとなると「お願いだから、簡潔に話して!」とイラつきながら感じるのも妻の心理です。

 恋愛時代にはさほど気にならなかった会話のクセも、結婚となると話は別です。

「夫の話は、何が言いたいのかサッパリわからない」となると、夫婦間のコミュニケーションも激減する要素になりやすいです。こんなクセがある男を夫に選ぶと、想定外の苦労が絶えないかも……。

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ
FILM
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きにな...
恋バナ調査隊 2020-10-19 06:43 ラブ
FILM
 メリさんこんにちは。今年30歳になる独身の女です。付き合って1年5カ月、1歳年上の彼氏がいるのですが、私は子どもが大好...
神崎メリ 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 あなたの彼は、いつもあなたを大切にしてくれますか? 「大切にされていない!」と感じた人もいるかもしれませんね。でも実は...
恋バナ調査隊 2020-10-18 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本...
山崎世美子 2020-10-17 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-17 06:16 ラブ