夫にするとケンカが絶えない男の微妙な“会話のクセ”3大NG

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-10 09:27
投稿日:2019-02-22 06:00
こんなはずじゃなかったと思うことも…(写真:iStock)
こんなはずじゃなかったと思うことも… (写真:iStock)

「あばたもえくぼ」「恋は盲目」とはよく言ったもので、恋愛中にはさほど気にならなかったことが、結婚後にはイライラの元凶になるケースはたくさんあります。

 夫となる男に微妙な会話のクセがあると、それも妻を毎日いら立たせる原因になりがち。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男にありがちな会話のNGグセに迫ります。

1.基本、主語がない

「昨日、スーパーに行ったんだよね。そしたら魚を買ったんだって」など基本、“主語がない”話し方をする男を夫にすると、話を聞いている妻は「誰が何をした話?」がいちいち不明瞭なことから、いら立ちを覚えがちです。

 結婚生活における事務的な会話でも、“誰が”が不明だと誤解を生じることも多く、これが地味に妻のストレスになる恐怖も潜みます。

 主語を使わずにいくつかの文章が繋がると、誰が何をどうしたのか、妻が脳内変換をしながら聞き進める必要もあり、そのうちに会話が面倒に感じ「夫の話を聞くのって、疲れる」ともなりがちです。

2.語彙力が極端に低い

 美味しいものを食べに出かけた感想を聞けば「うん、楽しかったね」、飲み会に夫婦で参加した感想を聞いても「楽しかったね」など、基本的に同じ単語しか使わずに会話をする男性を夫にすると、妻はそのうちに物足りなさを感じがちです。

 何を話しても単調な返事しか返ってこないとなると、いつしかコミュニケーションもつまらなく感じ、会話も減りがち。

 他愛もない会話が盛り上がらないとなると、夫婦の円滑なコミュニケーションに、危険信号がともります。

3.話が長く、起承転結もオチもない

 「職場にいるAさんは20代の奥さんがいるんだけどさ、そのAさんが今日、大きなミスをやらかしたんだよね。そこでミスをするのも理解できるんだけど、Aさんの場合はなんでそうなったのか分からない。でも、ミスが起きたから対処をしなくてはならなくて、僕は今日、とても疲れたよ」

 こんなふうに、“今日は、Aさんがミスをしたから仕事が大変だった!”を伝えたいだけの会話で、不要なインフォメーションがやたら多かったり、起承転結もオチもなかったりする会話を好む夫がいると、妻は日々、微妙なストレスを抱きがちに。

 よく話す男は、家庭を明るくする存在ではあるものの、毎度、オチも起承転結もない話を延々と聞かされるとなると「お願いだから、簡潔に話して!」とイラつきながら感じるのも妻の心理です。

 恋愛時代にはさほど気にならなかった会話のクセも、結婚となると話は別です。

「夫の話は、何が言いたいのかサッパリわからない」となると、夫婦間のコミュニケーションも激減する要素になりやすいです。こんなクセがある男を夫に選ぶと、想定外の苦労が絶えないかも……。

ラブ 新着一覧


FILM
「わたし、お料理が得意なんです!」なんてアピールが結婚に有利だった時代はとうに過ぎ去り、むしろ重い、なんて避けられるよう...
七海 2020-01-29 06:00 ラブ
FILM
 前出のモヨ子さん(仮名・OL)がセックスレスを意識したのは交際して1年、同棲をはじめて5カ月のころだったそうです。レス...
神田つばき 2020-01-29 06:00 ラブ
FILM
「大人の恋愛」というと、映画や小説に出てくるような甘美な世界を想像する方もいるでしょう。でも、そんな大人の恋愛は、心がけ...
リタ・トーコ 2020-01-28 06:00 ラブ
FILM
「20代の合コン離れ」がまことしやかに囁かれている昨今。日本合コン協会会長の私としては、もっと盛んに合コンをしてほしいと...
田中絵音 2020-01-28 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ