夫にするとケンカが絶えない男の微妙な“会話のクセ”3大NG

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-10 09:27
投稿日:2019-02-22 06:00
こんなはずじゃなかったと思うことも…(写真:iStock)
こんなはずじゃなかったと思うことも… (写真:iStock)

「あばたもえくぼ」「恋は盲目」とはよく言ったもので、恋愛中にはさほど気にならなかったことが、結婚後にはイライラの元凶になるケースはたくさんあります。

 夫となる男に微妙な会話のクセがあると、それも妻を毎日いら立たせる原因になりがち。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男にありがちな会話のNGグセに迫ります。

1.基本、主語がない

「昨日、スーパーに行ったんだよね。そしたら魚を買ったんだって」など基本、“主語がない”話し方をする男を夫にすると、話を聞いている妻は「誰が何をした話?」がいちいち不明瞭なことから、いら立ちを覚えがちです。

 結婚生活における事務的な会話でも、“誰が”が不明だと誤解を生じることも多く、これが地味に妻のストレスになる恐怖も潜みます。

 主語を使わずにいくつかの文章が繋がると、誰が何をどうしたのか、妻が脳内変換をしながら聞き進める必要もあり、そのうちに会話が面倒に感じ「夫の話を聞くのって、疲れる」ともなりがちです。

2.語彙力が極端に低い

 美味しいものを食べに出かけた感想を聞けば「うん、楽しかったね」、飲み会に夫婦で参加した感想を聞いても「楽しかったね」など、基本的に同じ単語しか使わずに会話をする男性を夫にすると、妻はそのうちに物足りなさを感じがちです。

 何を話しても単調な返事しか返ってこないとなると、いつしかコミュニケーションもつまらなく感じ、会話も減りがち。

 他愛もない会話が盛り上がらないとなると、夫婦の円滑なコミュニケーションに、危険信号がともります。

3.話が長く、起承転結もオチもない

 「職場にいるAさんは20代の奥さんがいるんだけどさ、そのAさんが今日、大きなミスをやらかしたんだよね。そこでミスをするのも理解できるんだけど、Aさんの場合はなんでそうなったのか分からない。でも、ミスが起きたから対処をしなくてはならなくて、僕は今日、とても疲れたよ」

 こんなふうに、“今日は、Aさんがミスをしたから仕事が大変だった!”を伝えたいだけの会話で、不要なインフォメーションがやたら多かったり、起承転結もオチもなかったりする会話を好む夫がいると、妻は日々、微妙なストレスを抱きがちに。

 よく話す男は、家庭を明るくする存在ではあるものの、毎度、オチも起承転結もない話を延々と聞かされるとなると「お願いだから、簡潔に話して!」とイラつきながら感じるのも妻の心理です。

 恋愛時代にはさほど気にならなかった会話のクセも、結婚となると話は別です。

「夫の話は、何が言いたいのかサッパリわからない」となると、夫婦間のコミュニケーションも激減する要素になりやすいです。こんなクセがある男を夫に選ぶと、想定外の苦労が絶えないかも……。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ