40代が危険…“そこそこオバサン”に愛想尽かし離婚を望む男

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-09 06:28
投稿日:2019-03-01 06:00
「一緒にいても、意味がないと思った」(写真:iStock)
「一緒にいても、意味がないと思った」 (写真:iStock)

 最近、立て続けに晴れ晴れとした顔で「離婚したんです」と打ち明けてきた40代男性たちと話す機会に恵まれました。

 本来、離婚は悲劇的な出来事で、可能であれば避けるべき決断であるのは言うまでもない話。ですが、そこをあえて“晴れ晴れした顔で”と表現したのには、理由があります。

 そう、彼らには“妻に愛想を尽かし”、「このまま一緒にいるより、妻とは別の人生を歩みたい」と、別離の道を幸運への扉として選んだ共通点があるのです。

やっつけ仕事の「そこそこオバサン」がデンジャラス

 彼らの話を聞き「一緒にいても、意味がないと思った」「早く離婚したほうが、自分のためだと思った」と語る元妻たちには、とある傾向がありました。

 それは一般的に言われる“浮気妻”や“浪費妻”などのわかりやすいダメ妻というわけでもなく、しかしながらも、明確な共通点がひとつあったのです。

 それは“そこそこオバサン”であること。

 つまり結婚生活におけるアレコレにすべて“やっつけ仕事”なのがミエミエで、夫がそんな姿を見て、あるときに堪忍袋の尾が切れるというわけです。

 具体的には「結婚はしたがったくせに、断固として子供は作りたがらない」「料理をするけれど決まったメニューしか作らず、しかも手抜き」「義実家との体裁を整えるが、心がこもっていないのがミエミエ」「一応、家計のためにちょっとだけ働いてはいるけれど、夢も目標もなくいつもダルそう」など、そのエピソードは数え切れないほど。

 そう、男に愛想を尽かされる“そこそこオバサン”たちは、結婚生活において何ひとつ極めようとせず、すべて“そこそこ”。

 夫から見て、その姿は寄生虫にしか映らない……となった結果、離婚を突きつけられているのです。

「そこそこオバサン」の運命は40代が分かれ目!

取り返しがつかなくなる前に…(写真:iStock)
取り返しがつかなくなる前に… (写真:iStock)

 ちなみに、この“そこそこオバサン”として離婚を突きつけられた妻の年代は、見事なまでに「40代」という共通点もありました。

 筆者が推測するに、これは20代や30代であれば「まだ子作りする可能性」や「年齢とともに妻業を極めていく可能性」がある、そしてさらに上の年代である50代となると、夫もすでに結婚生活や人生にある程度の“諦め”を感じ始め、そんな妻でも許容できるようになる……というのが、大きいのではないかと感じた次第です。

 ちなみにこの“40代”というのは、男性にとって今後の人生の成功や満足度を左右するにあたり大事な年代とも言われます。

 ここでふと、これまでの自分を振り返り「ちょっと待てよ。このまま、今の妻といて、俺は本当にいいのだろうか?」を自問自答した結果、「そんな人生イヤだ!」となり、離婚を突きつける。

 そんな傾向があるからこそ、“そこそこオバサン”になってしまうと、40代で夫から離婚を切り出されるリスクが大きいのも否めないのだろう……と感じます。

 ところで、30代までの間に結婚をゴールと捉えてきた女性ほど、なんとか目標どおりに人生が進んだ安堵から、この“そこそこオバサン”に陥りやすい罠もありそうです。

「結婚できた。まぁ、それなりに自由にさせてもらっているし、夫も不満はなさそうだし」なんてアグラをかいているのは妻だけで、そんな“何に対してもそこそこで、やっつけ仕事”な妻と「いつ他人になろうか……」とタイミングを見計らっている夫が存在することは、取り返しがつかなくなる前に知っておいて損はない実情なのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM