40代が危険…“そこそこオバサン”に愛想尽かし離婚を望む男

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-09 06:28
投稿日:2019-03-01 06:00
「一緒にいても、意味がないと思った」(写真:iStock)
「一緒にいても、意味がないと思った」 (写真:iStock)

 最近、立て続けに晴れ晴れとした顔で「離婚したんです」と打ち明けてきた40代男性たちと話す機会に恵まれました。

 本来、離婚は悲劇的な出来事で、可能であれば避けるべき決断であるのは言うまでもない話。ですが、そこをあえて“晴れ晴れした顔で”と表現したのには、理由があります。

 そう、彼らには“妻に愛想を尽かし”、「このまま一緒にいるより、妻とは別の人生を歩みたい」と、別離の道を幸運への扉として選んだ共通点があるのです。

やっつけ仕事の「そこそこオバサン」がデンジャラス

 彼らの話を聞き「一緒にいても、意味がないと思った」「早く離婚したほうが、自分のためだと思った」と語る元妻たちには、とある傾向がありました。

 それは一般的に言われる“浮気妻”や“浪費妻”などのわかりやすいダメ妻というわけでもなく、しかしながらも、明確な共通点がひとつあったのです。

 それは“そこそこオバサン”であること。

 つまり結婚生活におけるアレコレにすべて“やっつけ仕事”なのがミエミエで、夫がそんな姿を見て、あるときに堪忍袋の尾が切れるというわけです。

 具体的には「結婚はしたがったくせに、断固として子供は作りたがらない」「料理をするけれど決まったメニューしか作らず、しかも手抜き」「義実家との体裁を整えるが、心がこもっていないのがミエミエ」「一応、家計のためにちょっとだけ働いてはいるけれど、夢も目標もなくいつもダルそう」など、そのエピソードは数え切れないほど。

 そう、男に愛想を尽かされる“そこそこオバサン”たちは、結婚生活において何ひとつ極めようとせず、すべて“そこそこ”。

 夫から見て、その姿は寄生虫にしか映らない……となった結果、離婚を突きつけられているのです。

「そこそこオバサン」の運命は40代が分かれ目!

取り返しがつかなくなる前に…(写真:iStock)
取り返しがつかなくなる前に… (写真:iStock)

 ちなみに、この“そこそこオバサン”として離婚を突きつけられた妻の年代は、見事なまでに「40代」という共通点もありました。

 筆者が推測するに、これは20代や30代であれば「まだ子作りする可能性」や「年齢とともに妻業を極めていく可能性」がある、そしてさらに上の年代である50代となると、夫もすでに結婚生活や人生にある程度の“諦め”を感じ始め、そんな妻でも許容できるようになる……というのが、大きいのではないかと感じた次第です。

 ちなみにこの“40代”というのは、男性にとって今後の人生の成功や満足度を左右するにあたり大事な年代とも言われます。

 ここでふと、これまでの自分を振り返り「ちょっと待てよ。このまま、今の妻といて、俺は本当にいいのだろうか?」を自問自答した結果、「そんな人生イヤだ!」となり、離婚を突きつける。

 そんな傾向があるからこそ、“そこそこオバサン”になってしまうと、40代で夫から離婚を切り出されるリスクが大きいのも否めないのだろう……と感じます。

 ところで、30代までの間に結婚をゴールと捉えてきた女性ほど、なんとか目標どおりに人生が進んだ安堵から、この“そこそこオバサン”に陥りやすい罠もありそうです。

「結婚できた。まぁ、それなりに自由にさせてもらっているし、夫も不満はなさそうだし」なんてアグラをかいているのは妻だけで、そんな“何に対してもそこそこで、やっつけ仕事”な妻と「いつ他人になろうか……」とタイミングを見計らっている夫が存在することは、取り返しがつかなくなる前に知っておいて損はない実情なのではないでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 06:00 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 06:00 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 相席バーで、ある男性に出会いました。その男性は会社の飲み会の二次会でその店に訪れていたのですが、意気投合し、みんなでL...
神崎メリ 2019-11-10 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。AB型は、日本人の約1割という少数派。本日は、そんなAB型男性にスポットを当ててみたい...
山崎世美子 2019-11-14 19:25 ラブ
FILM
 隠れたる男尊女卑思考の持ち主なのか、単なるプライドの問題なのか……。世の“夫”と呼ばれる生き物の中には、妻に対して無意...
並木まき 2019-11-09 06:00 ラブ
FILM
 心理学の一つである恋愛学を学ぶと、恋愛が上手になる……とは限りませんが、「どうしたらいいか分からない」「相手の気持ちが...
ミクニシオリ 2019-11-08 06:00 ラブ
FILM
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入...
リタ・トーコ 2019-11-08 06:00 ラブ