【渋谷編・上】“いきなり恋人”からカジュアルに宗旨替え!

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-04-22 23:05
投稿日:2019-03-05 06:00

そもそも友達がいない…

友達作れるってほんとかな?(写真:iStock)
友達作れるってほんとかな? (写真:iStock)

 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高まり、体当たりで恋人探しをスタートさせた。

 もちろん、マッチングアプリは試したけれど、付き合ったと思ったら連絡つかなくなるなど様々な恐怖体験を経験し、アプリ恐怖症になってしまった。素性の知れないオトコとやりとりするのって不気味だわ。そんな私がポチったのは街コンサイトだった。

  ◇  ◇  ◇
 
 今回はいつもと趣向を変えて、「友達作りの決定版!新しい友達に会いに出かけよう♪グループ単位で会話するから1人でも2人参加でも盛り上がれる」という企画に参加することにした。渋谷という土地柄といい、これぐらいカジュアルだったらなんとかなる(?)と街コン師・みなみちゃん(23)に力説されたのだ。なんか嫌な予感がするが、わがまま言ってられないアラサーの哀しみが背中を押した。

 渋谷駅から徒歩7分の雑居ビル。受付では番号と用紙が配られ、生年月日、アピールポイント、ニックネームなどを記入する。サッカーイベントの際にたくさんのサポーターが観戦できる屋内施設で、広めのフロアの中にはバーが設置されている。壁際に沿って長いベンチがあり、恥ずかしがり屋ってことで端のほうにみなみちゃんと座る。ベンチの向かい側にはパイプ椅子が等間隔でセッティングされていて、男性陣はそっちに座るスタイル。

 まず始めにバインダーとボールペンが配られた。バインダーには自分が会話する男性の番号、名前、年齢、性格が書き込めるリストが挟まっていた。これじゃあ、なんだか企業の面接官みたいだな、と辟易するも、名前と職業が覚えられない私にとっては、まーありがたい。

 お酒ではなく全員にウーロン茶が配られると、いざ"面接"がスタート。どうやら2人ずつ男性が回ってくるスタイルらしい。思ったよりも若い人が多く、すぐにドッカンドッカンと"パリピ"張りに盛り上がる隣のグループを見ると、私にはムリ。絶対ムリ! と帰りたい気持ちに。お互いの自己紹介を済ませると1ターン目が終わってしまった……。

 そんなこんなで全8ターンを事務的にこなして全員との自己紹介&顔合わせが終了。バインダーには名刺サイズのペアリングカードも挟まっていて、自分の「イチオシ!」「知的」「面白い」「トーク力NΟ.1」の項目が並んでいる。この数分の間にこれだけ自分をアピールできる人とかいんのかな? コミュ力ありすぎて逆に怖いんだけど。

記入して提出するとPCで自動マッチングしてくれるのだという。とりあえずテキトーに埋めて提出した。

“すすきの”ってだけで2割増しにみえる

そういえば随分カニを食べてない(写真:iStock)
そういえば随分カニを食べてない (写真:iStock)

 お酒や鍋が出てきてフリータイムの時間に。みなみちゃんに声をかける男性がいたので、おじゃま虫はソロ~っと離席。バーカウンターにお酒を取りに行くと、私が「イチオシ!」した男性がいるではないか! 目が合ったので、なに飲んでるんですか~? みたいな会話から少しお話しすることに。

 その彼は、すすきの生まれの29歳で、温泉好きというほんわかした感じの男性。札幌で建設会社の課長をしていたものの、転職して今月から東京に来たのだとか。今回の街コンには、東京に縁もゆかりもないため友達が欲しくて参加したのだという。東京のオススメスポットなどを紹介してあげるとすご~く喜んでくれた。

 でもって、しばらく話をしていると、その男性も私を「イチオシ!」したと告白してくるではないか! でもって、でもって、

「よかったらこのあと食事行きませんか」

 すすきの超好きだし、行くしかねぇ! 断る理由がないので、みなみちゃんを駅まで送ったら連絡するという約束をしてフリータイム終了。

 席に戻ると、「天使カード」と「相性診断&星占い」なるものが配られる。「天使カード」には自分を「いいね!」してくれた人の番号が記入されていた。人気が薄い私にも、めずらしく5~6人が「いいね!」してくれたようだ。誰が「いいね!」してくれたか名前を確認しても思い出せないけど、なんか嬉しいな。イチオシカップル同士には<☆>がついてあり、すすきのボーイの言葉は嘘でないことがわかった。

 その後も、街コンDJが本日一番人気の男女を紹介したり、告白タイムがあったりとイベントは大盛況だった。しかし、こんなにお膳立てされた街コンは初めて。ウラを返せば男性が頼りないってことだ……。そんな人と出会う意味あんのかなぁ? やっぱりオトコが草食化しているというのは本当なのかもしれない。

 帰宅の準備をしていると、「いいね!」してくれたその他男性に声をかけられるもそそくさと撤退。すすきのボーイとの待ち合わせ場所に走ったのだったーー。

(後半戦へつづく)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気調査専門の探偵社代表の筆者にとって、今回のテーマはごく当たり前のことなの...
山崎世美子 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
「別れても元彼のことで頭がいっぱい......」「忘れられない……」など、辛い未練に苦しんだ経験がある女性も多いのではな...
恋バナ調査隊 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
 女性なら誰もが「素敵な恋愛をしたい」と、願っているでしょう。しかし、実際には仕事やプライベートが忙しく、恋愛に消極的に...
恋バナ調査隊 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 先月、「東大女子」を議題にある話題が世間を騒がせました。東京大学のサークルの中で、東大女子はサークル入部ができない「#...
ミクニシオリ 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ