銀座で街コンも“階級”を間違え大惨敗…年齢の壁が分厚かった

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-10-10 22:31
投稿日:2019-02-19 06:00
 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高まり、体当たりで恋人探しをスタートさせた。
 もちろん、マッチングアプリは試したけれど、付き合ったと思ったら連絡がつかなくなるなど、さまざまな恐怖体験を経験し、アプリ恐怖症になってしまった。素性の知れないオトコとやりとりするのって不気味だわ。そんな私がポチったのは街コンサイトだった。

私がポチったのは…

キラキラ(写真:iStock)
キラキラ (写真:iStock)

 私、高輪らいあんは、表参道コンで友だちになった3コ下のみなみちゃんに誘われ、銀座の街コン「年上社会人男子と20代女子コン」に参加した。ザッと周りを見渡すと20歳~32歳ぐらいの男女が約60人ほど集まっているが、そもそも年齢設定がザックリしすぎているのでは?  

 元気溢れる学生から、現実に揉まれてくたびれ始めた社会人までちらほら。私はハタチ男子から見たら完全なる“年上女子”だし、逆にアラサーの私からすれば“年上男性”の看板はやや強引な気がする……いや、ちょっと待てよ。違う。私がミスったのだ。23歳のみなみちゃんはともかく「アラサーコン」に行くべきだったのだ! だってこんな若い娘たちがウジャウジャいる中で選ばれるワケがないじゃないか。オトコが小娘を選ぶのは世の常というもの。これじゃあ効率悪いし、勝算低いし完全に失敗だ……。始まる前から負け戦が目に見えるのは、おそらく気のせいじゃあ、ない。

 会場の入り口で打ちひしがれていると、受付スタッフから名札番号を配られる。あとで行われるカップリング(?)に使うらしい。

 会場内は雑居ビルの会議室ぐらいの広さにテーブルが6~7台設置してあり、そこを囲んで談笑する立食形式。飲み物はフリードリンクで、ビールやワイン、カクテルまで揃っている。最近の女子は“泡”で乾杯するのが主流と聞いたので、とりあえずスパークリングワインを注文してみた。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM