【お菓子作り編・上】ファビュラスな男性はいるのか?

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-05-13 16:25
投稿日:2019-04-01 06:00
 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高まり、体当たりで恋人探しをスタートさせた。もちろん、マッチングアプリは試したけれど、付き合ったと思ったら連絡つかなくなるなど様々な恐怖体験を経験し、アプリ恐怖症になってしまった。素性の知れないオトコとやりとりするのって不気味だわ。そんな私がポチったのは街コンサイトだった。

六本木でお菓子作り

ハイソな街(写真:iStock)
ハイソな街 (写真:iStock)

 全国の女子の皆さん、今年も“バレンタイン狂騒”お疲れ様でした。ホワイトデーも終了しましたが欲しかったものはもらえましたか? いやいや、ほーんと心の底から疲れましたね。残念ながらワタクシは本命チョコのプレッシャーはなかったものの、社会人だからとかムリして会社で義理チョコ配りました。といいつつ、きちんと手を抜くつもりで既製品を大量買いしたわけですが、お金がかかり散財するという本末転倒な結果に……。来年からは自分の手で甘い物を量産することを心に固く誓ったのでした。

  ◇  ◇  ◇

 そんなワケで、このたびは街コン師・みなみちゃん(23)と一緒に、お勉強を兼ねて「現役パティシエによるお菓子作りコン~特製ムースフレーズ作り~@六本木」に行ってきました。

 もちろん、優しくて自らお菓子を作っちゃうような、ちょっぴり中性的でステキな男性に出会えたら、調理スキルに婚活に一石二鳥というもの。ちなみに、みなみちゃんの趣味はモノ作りで素敵なアクセサリーを完成させてはインスタにアップ。お菓子だって作るのも食べるのも大好きな女の子なのだ。

“アンチバレンタイン女”からみたバレンタイン

“2・14事件”のトラウマ(写真:iStock)
“2・14事件”のトラウマ (写真:iStock)

 私? 好きではありません。普段からほとんど食べないし、クッキングするのも生まれて初めて。その昔、男の子とお洒落なカフェにスイーツを食べに行ったこともあるけど、甘党の彼に私の分のケーキまで食べさせた挙げ句「お腹いっぱいだから」とスカして、代わりにレモンスカッシュを飲む始末。

 バレンタインだって基本、動じない。母親から「チョコレート屋の陰謀だから気にしないでいい」と“アンチバレンタインの信条”なるものを教わって育ったからです(願わくば、もう少し社会性のある教育をして欲しかった……)。

 幼い頃、単なるクラスメートからチョコの催促をされたときも「ごめん、そういうのやっていないから」と涼しげに断っていたっけ。しかし、小4の“2・14事件”は起こります。学校でお断りしたはずのクラスメート男子が、わざわざ私の家までやって来て「チョコちょうだい」と図々しくもせびりに来たのだ。もちろん、高輪家にチョコなど存在しないのでパニックに……。

 とりあえず、インターフォンを見つめる...................。

 いつまで経っても、帰る様子がなかったので、これまたわざわざコンビニまで買いに行き、献上。そして、少年によるアンチバレンタインの弾圧を受けていいようのない理不尽を感じたのでした。つーか「チョコちょーだい」ってなんだよ!

生まれて初めてパティシエに教わるお菓子作り体験

先生がイケメン(写真:iStock)
先生がイケメン (写真:iStock)

「生クリームにツノが立ったら、苺ピューレに入れてさらによく混ぜま~す」

 パティシエ直伝企画の 「お菓子作りコン」ということもあり、先生(推定29♂)が最初にデモンストレーションをしてくれます。どうやら川越シェフのような雰囲気で、クールな性格がお菓子教室の生徒に人気らしい。確かに甘いマスクなので女子に人気がありそう~。

 参加人数13名で、アットホームな雰囲気に包まれている。“お菓子作り”と銘打っているだけあって「今から山のぼろぜ~」みたいな体育会系の人種もいなければ、「オンナの血が混ざった手作り菓子なんか食わねーよ、バーカ」とかいう無神経な輩もいないので、非常に和やかである。果たしてこのほんわかムードで見事カップル誕生となるのでしょうか。

(後半戦へつづく)

高輪らいあん
記事一覧
街コンライター
港区高輪生まれの“陰キャ”独女27歳。都内の花屋で勤務している。プライベートでは黒髪、色白、そしてモヤシのような華奢な身体というモテ要素?を装備し、恋人を作るべく街コンで奮闘する日々。いかんせん顔がマヌケで人の気持ちを逆なでする声のため、他人からは「やる気がない」と思われがちで、男女問わず罵倒されることも……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ