【日本橋編】個室ラウンジコンへ参戦 “IT地蔵オトコ”に警戒

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-05-13 16:23
投稿日:2019-04-14 06:01
 もたもたしてる間に、幼なじみは結婚して子育てするなど教科書のような人生を歩み始めた――。アラサーに突入して焦燥感が高まり、体当たりで恋人探しをスタートさせた。もちろん、マッチングアプリは試したけれど、付き合ったと思ったら連絡つかなくなるなど様々な恐怖体験を経験し、アプリ恐怖症になってしまった。素性の知れないオトコとやりとりするのって不気味だわ。そんな私がポチったのは街コンサイトだった。

照準を絞って参戦

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 皆さんこんにちは! 彼氏が出来ないストレスで不整脈気味の高輪らいあん(27)です。素敵な恋愛から遠ざかるフラストレーションが募りに募って、ついに知らない男の人からコクハクされる夢を見るようになりました(末期症状)。

 ということで、銀座コンを猛烈に反省した私は、「人気の年齢幅プラス・マイナス5歳/…『最高の恋人&Newカップル誕生』日本橋街コン」に行って参りました。振り返れば、あの時は年齢の壁を乗り越えられなかったことが最大の失策でした。それを踏まえ、夜空の星の数ほどある街コンの中から、実年齢前後5歳差内の同世代、かつ27歳が最年少になるものを選出。つまり、今回は27歳〜32歳の男女がピンポイントで収集されているスペシャルな街コンなのだ。

 “戦士”としては自分が一番若くなるように最善を尽くした設定であり、これでダメだったらもうムリ! っていうかマジで生きてる意味ない(暴走)。と、とにかく愛の銃撃覚悟で挑んだのでした。

異次元空間が広がっていた

こんな感じのソファがいっぱい並んでる(写真:iStock)
こんな感じのソファがいっぱい並んでる (写真:iStock)

 今回の街コンは「個室ラウンジコン」とかいう形式を謳っているけど、なんだかラジコンみたいだなぁ(ブツブツ)。その仕かけは、だだっ広い雑居ビルの地下フロアに大人2人が横並びで座れるぐらいの広さのある“半個室”のボックスがズラーッと横2列×縦14個も、直線に配置されている。

 正面以外は間仕切りされているため、基本隣の相手の姿しか見えない。えっ、おこもり演出? つーか無機質な空間だから遊園地のSFアトラクションさながらの雰囲気だ。

 スタッフに案内されると、既に男性が座っていた。軽く会釈して奥に座る。というのも、女性は奥に座り、通路側の男性が2分ごとに交代していくシステムなのだ。なんだ最新ホストクラブみたいな仕組み(伝聞)。自分の推しメンを2分で選べってか? よく分かんないけど緊張してきた……。てか2分で人となりを理解できんのか?

関係各位、ペンを持参して参加しましょう

これが「500円」とは笑わせてくれるわ(写真:iStock)
これが「500円」とは笑わせてくれるわ (写真:iStock)

 席に座ると懐かしのプロフィール帳なるものを配られる。その用紙に名前、年齢、年収(女性不要)、職業、性格などを書き込み、どうやら「好きな○○ランキング」は、基本スペックからはみ出た自己アピールに利用するってことらしい。持ち時間が2分しかないので、交換し合って互いの情報をすばやく共有する(せかせか)。

 ってことで、さっそく用紙を埋めようとするも……ない、ないないない。ペンがないのだ。テーブルにも見当たらないので受付まで借りにいく。

「すみません、ペンがないので貸してください」

「ペンの貸し出しは行っておりません。500円になります」

「ほぇ?」

「500円、ちょうだい致します」

 た、たけぇ!! マジで高い……。え、なにここ? ラウンジとか言っちゃって、やっぱり新種のホストクラブなのでは?? いきなりぼったくってきたなぁ……。コレ絶対、業務用(@9円)でしょ。まじでカッスカスなんだけど。どうせ買うなら○リクションペンが良かったんですけど。

 あー腹立って来た。でも仕方ない、ここでアラサー女がだだこねてても怖いだけだし、購入しなかったら一体何しに来たのか本末転倒になってしまう。イラッとしながらも、冷静になった私はおとなしく購入した。

ハイスペック男子の感触は?

お地蔵さまに失礼(写真:iStock)
お地蔵さまに失礼 (写真:iStock)

 席に戻り、無事プロフィールを書き上げると“2分間面接”がスタートした。

 大手IT企業で秘書をしているというハイスペック田中くん(仮名=32)。素朴な顔をしていて小綺麗な印象。20秒経過して気づいたのだが、田中くん、話す声が異常に小さい。さっきから、ほぼ何言ってるか分かんない……(冷や汗)。私の書いたプロフィールを虫を見るような目で見つめている。

田中くん「好きなタイプ『自分に好意持ってくれる人』ってどういう意味ですか?」

私「あ、えっと、いくら婚活といっても、フィーリングといいますか、相手に好意を持ってもらわないと始まるものも始まらないのではないかと思いまして……」

田中くん「なるほど。自分で付き合いたい相手を選べないってかわいそうですね」

 は?

 いまなんつった? 

 てか第一声それ!? 

 もう一回言ってみ? ん? 自分でオトコが選べないだと?? 全国の女子のみなさん!! 聞きましたか?? いま「カワイソウ」って言われたんですけど!!??  知らないの!? 周りの女子がどんどん結婚していくなかで自己肯定感を失い、周囲への嫉妬や羨望をグッとこらえて飲み込みながら、就活以来の自己プロフィール書いて前向いて婚活するアラサー女に「カ・ワ・イ・ソ・ウ」って一番言っちゃいけない言葉でしょ!!!!

 何様なんだよ、お前は。地蔵みたいな顔しやがって。今のは血が通った人間の発言か? その欠落した想像力とデリカシーのなさでよく秘書が務まるなぁ。あ、IT? ITのことはよく分かってもオンナのことは分からないってか? そもそも分かろうとしたことがあんのかよ。こちとらモテないから来てるって言ってんだろ、バーカ。

 てかペンの代金ってなんだよ。こんなクソと喋るために払ってんの? 歯が全部抜けても払いたくなかったわ。

クソにクソっていってなにが悪いんだよ。クソ。 

目的地まで辿り着けなかった…(写真:iStock)
目的地まで辿り着けなかった… (写真:iStock)

 このわけ分かんない“IT地蔵”とは2分話すだけでも苦痛だったが、ヤバいやつは20秒でわかるということを学んだ。

 とはいえ、2分×14ターンはあっという間。あっという間の何の収穫もない殺意しか溢れないラウンジコンをただただこなしたのだった。

 もちろん、成立したカップルもいる(安心してください)。そう、なんと4組! と、ちょっと少ない……。完全なる両思いペアしかカップルになれないルールだったので、もし2番目、3番目にいいなと思ってくれていた人がいたとしても、残念ながら知ることはできないし、自分がいいな~と思っても相手に伝わらないのだ。せっかくの投票形式なのにもったいなくないですかねぇ。

 愛の銃撃をしかと受け取る覚悟で挑んだワタクシでしたが、不覚にも銃撃場に着く前に沼に落っこち、ヒル(ペン)に血を吸われ、這い上がったところに手榴弾(IT地蔵)を食らって完全に戦意喪失してしまったのでした。とほほ。

イライラ度★★★★☆

(次の街へつづく)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 仕事などでしばらく会えていなかった彼に、久しぶりに会えるデートの日♡ それなのに、生理が来てしまった……なんて時もあり...
ミクニシオリ 2020-07-04 06:00 ラブ
FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ