【渋谷編・下】すすきのボーイと二次会へ…男友達ゲット?

高輪らいあん 街コンライター
更新日:2019-05-13 16:26
投稿日:2019-03-19 06:00

いつもより美味しく感じる

すすきのボーイの気持ちは…?(写真:iStock)
すすきのボーイの気持ちは…? (写真:iStock)

 すすきのボーイとスクランブル交差点のTSUTAYAで待ち合わせる。お腹が減っていたので、まずはご飯を食べることになった。街コンでは鍋が出たのだが、彼(すすきのボーイ)と夢中で喋っていたためまったく食べてない。といっても、もう11時なので開いてるお店は居酒屋ぐらいしかないか……。

 と、期待薄でスマホで検索して朝まで営業(深い意味はないっす)のもんじゃ焼き屋を提案すると「ぜひ行ってみたいな」と爽やかな笑顔で微笑んでくれた。

 もんじゃ焼きやお好み焼きは、何気ないキャベツの焼き方や、その過程での手さばきで、日頃料理をどれぐらいこなしてるかが一目瞭然だ。過去のもんじゃ焼きデートでは、男性に華麗なるヘラさばきに魅せられ、と同時に圧倒されたことがあった。それ以来、なんとなく苦手意識を抱いていたのだが、このお店では出来上がった状態でも提供してくれるので、とりあえず一安心。いいお店だ。

 すすきのボーイは童顔だがお酒は飲める口で、ビールを飲み終わると熱燗をやり始めた。北海道での仕事の話や趣味の話、札幌のおすすめスポットなどを事細かに教えてくれた。趣味はカメラとのことで、いままで行ったいろんな場所の写真を見せてくれた。構図的にはあまり巧くなかったが、旅行と自然が好きなのは伝わってくる。殺伐としたビル群の隙間で生まれ育った私とは対照的に、自然豊かな大地で健康的に育ったんだなぁ。と、微笑ましい気持ちになった。

 もんじゃ焼きを食べ終わると、「話していて楽しかったから、明日かあさってまた食事に行きたい」と誘ってくれた。

 じゃあ今日はもう遅いからと解散し、ご機嫌で家路についた私だったが、彼から連絡が来ることは二度となかったーー。

友達すらできなかった…

田舎に帰れ(写真:iStock)
田舎に帰れ (写真:iStock)

<あんまり女に、からかわれつづけて来たせいか、女からどんな哀れな身の上話を聞かされても、みんないい加減の嘘のような気がして、一滴の涙も流せなくなっているのだ>(太宰治「メリイクリスマス」より引用)

 ねえねえねえねえ、聞いた!? 聞いたよね!?? また一緒にごはん行きたいって言ってくれたよね!?? イチオシは!?? すすきのは!?? 行かないの!?? なんで!???

 何のための街コンだったんだよ……。ショックが大きすぎて太宰の一節が浮かんじゃったじゃないか。てかアナタは一体何しにここにきたの? 暇つぶし? 私の何がダメだったのか帰る前にレビュー書いてもらっていいですか!? つか私が閻魔大王だったら確実に地獄行きだからな! 覚えとけよ!!

 もうこんな茶番やってらんないよ。これは一体なんの修行なんだよ。街を歩くカップルの存在自体が不思議に見える。嫉妬という感情の目盛りが振り切れて、全員不倫か浮気カップルにしか見えない……。まあせいぜいTRUE LOVE貫いてくれよな。 

 砕け散った私の心は人間不信に陥り、ある一つの考えに辿り着いた。そう、すべては幻想だと思うことにしたのだ。幸せそうに微笑み合うカップルも、一向に彼氏が出来ない私の存在自体も……。  

 果たしてこの無間地獄から救い出してくれるオトコに出逢える日は来るのだろうか。

 イライラ度★★★☆☆

(次の街へつづく)

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ