ひどい…不倫相手の彼から届いた冷酷&身勝手なLINE5つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-10 06:00
投稿日:2021-07-10 06:00
「不倫はいけないこと」とは思いながらも、刺激的な状況とスリルな恋愛にはまってしまう男女は多いようです。でも、中には本当に身勝手で冷酷な相手と出会ってしまうことも……。今回は、そんなひどい不倫相手の男性から届いた冷酷なLINEを5つ、ご紹介します。

不倫相手の彼から届いた身勝手&冷酷なLINE5つ

1.「愛なんて最初からないけど」

 妻子がいると知りながら、彼と付き合っていたこちらの女性。突然、不倫相手から「もう会えない」と告げられ、驚いたそうです。もしかして奥さんにバレたから?と思い、「愛してると言ってくれたでしょ」と引き止めようとしたところ、こんな返答がきたそう。

「愛なんて最初からないけど。」という一文で、もう不倫はやめようと心底思ったそうです。それにしても、「家族を大切にしたいからつきまとうな」って……本当にひどい男性ですね。

2.「長いんだよ」

 こちらの女性は、ある日突然、不倫相手から別れを切り出されてしまったそう。それまでは彼の離婚を望んでいたけれど、寂しくなり「奥さんと別れなくてもいいから一緒にいたい」と伝えました。

 すると、なんと彼から「1人の女性と1年以上は長いんだよ! 不倫の意味がない!」という自分勝手で冷酷な返信が。愕然とした彼女は、どう返していいのかわからず、既読スルーしているのだとか。こんな自分勝手な男性とは、1日も早く縁を切ったほうが良いかもしれません。

3.「家族持ったことあんの?」

 不倫相手からしばらく連絡が来なかったので、「私のこと、もう愛してないの?」と彼女から送った、こちらのLINE。その際の返事が、「愛って何? 家族持ったことあんの? 愛を知らないやつが偉そうにいうな!」というものでした。

 あまりにひどい文章に、数日泣き暮らした彼女。今では「こんな男性と別れられて良かったし、もう二度と不倫はしない!」と心に誓っているのだそう。こんなにひどい男性も、世の中にはいるんですね……。

4.「ラッキーだと思えよ」

 こちらの女性は、職場の部長と不倫関係を続けていたそう。ところが、最近新しい不倫相手ができたとの噂が社内に広がり、不安になったのでLINEをしてみたところ、「もうただの部下と上司だ」と言われてしまいました。

「ずっと一緒にいたい」と気持ちを伝えると、「昇給もさせただろうが! 付き合えただけでラッキーだと思え!」との返事が。もうこれは立派な職権乱用ですし、本当に身勝手な言い分ですよね。社内で噂になっているくらいなので、彼が会社を去る日もそう遠くはないでしょう。

5.「ホテル代返せよ」

 こちらの女性は、7年ほど不倫関係を続けていました。でも、奥さんには薄々バレてきていて、電話がかかってきたりと精神的にもきつかったので、思い切って別れを告げたそうです。すると、まさかの不倫相手から「今までのホテル代返せ!」「自己中女になんでおごらないといけないんだ!」というLINEが。

 彼女は「今までの7年間はいったいなんだったの?」と、その場に座り込んでしまったそうです。7年かかってしまいましたが、相手の本性に気が付けてよかったですね。

不倫相手からの冷酷LINEは新しい人生が始まるきっかけ

 不倫は妻や子供を悲しませてしまう行為なので、してはいけないこと。でも、好きになってしまったら、止められないという人も多いのだと思います。本当に運命を感じたなら、妻と離婚して不倫相手を選ぶ男性もいますが、そうでない場合には、ただの身勝手な本性が隠れている場合も。

 あなたが間違った方向に進んでいるかを知らせるサインは、彼の日々のLINEや何気ない言動に隠れているのかもしれません。彼に少しでも冷酷さを感じたら、ここで別れを選択するのも、新しい人生が始まるきっかけになるかもしれませんよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...