ネットで知り合った人と会う時に気を付けるべき“3つのこと”

内藤みか 作家
更新日:2021-09-02 06:00
投稿日:2021-09-02 06:00
 SNSやマッチングアプリで知り合った人と会い、事件に巻き込まれてしまう女性が後を絶ちません。特に初めて会う場合には、自分の身を守るためにも、十分に安全できる場所で会う必要があります。今いちど、チェックすべきポイントを確認しておきましょう。

マッチングアプリの利用が増えている

マッチングアプリに潜む悪魔に気を付けて(写真:iStock)
マッチングアプリに潜む悪魔に気を付けて (写真:iStock)

 コロナ禍のため、出会いを求める男女の行動には大きな変化が起きています。まず、今まで婚活パーティーや街コンや合コンなど、リアルな出会いの場に参加していた人たちも、そうした活動がなかなか開催されず、また、開催されても感染対策などで今までよりも参加者が少なくなっていることから、オンラインで出会うようになっているのです。

 そのためどういうことが起きているかというと、マッチングアプリやSNSなどのオンラインには、出会いを求める人がいまだかつてないほどに溢れているのです。さまざまな人が色々な目的で登録しているため、かなり混沌とした状況になっていると言えるでしょう。

ずっと家にいて出会いがない

 出会いを求める人はプロフィールに「コロナでずっと家にいて出会いがないので始めてみました」とあることも多く、こうしたサイトにまだ慣れていない初心者であることがうかがえます。そして「最近はなかなか旅行にも遊びにも行けないので、一緒に行ってくれる人募集してます」など、コロナ禍での鬱憤がかなり溜まっていることが伺えます。

 こうした初心者たちに、ベテランたちが言葉巧みに誘えば「会ってみようかな」とその気になる人もいることでしょう。しかし、サイトにいるのは良い人たちばかりとは限りません。純粋な交際をしたいのではなく、お金や体だけが目当ての人もいます。自分が勤めている店に飲みにこないかと誘う勧誘系の人もいます。信用して大丈夫な相手なのか、慎重に観察する必要があるのです。

すぐに会わない

即アポ系の男性にご用心(写真:iStock)
即アポ系の男性にご用心 (写真:iStock)

 まず大切なのは、知り合ってすぐに合わないということです。

 わずか2、3回やり取りしただけで「会おうよ」と言ってくるような男性がいたら「もう少しお互い仲良くなってから」と返事をすることをお勧めしたいです。すぐに親密になれる相手を探しているような即アポ系の男性の場合、会えないとわかったらそこで関係が終わる可能性が大ですが、相手とニーズが違うわけですから、それでいいのです。

相手の車に乗らない

車に乗るのは絶対NG!(写真:iStock)
車に乗るのは絶対NG! (写真:iStock)

 ネットでのやりとりでは「車持ってます」「迎えに行けます」などと車がらみの甘い言葉もしばしば見かけます。コロナ禍であっても車でなら遠出をすることもできるため、車持ちの男性を好ましく思う人もいるかもしれません。

 けれど、車は密室。車に乗るなり山奥に連れて行かれて暴行された事件が何度も起きているので、軽々しく乗らないことです。同様に相手の自宅も密室なので、軽々しく足を踏み入れないことです。

相手の言うことを簡単に信じない

人を信じすぎちゃダメ(写真:iStock)
人を信じすぎちゃダメ (写真:iStock)

 ネットで知り合った相手のなかには、嘘をつく人がいます。

 たとえ相手が素晴らしい経歴の持ち主だと言ってきても、それを証明してもらうまでは、疑いの心を持ち続けることです。なかには既婚者であることを隠してサイトに登録している人もいますし、最近では「ワクチンを2回接種完了済みで安全だから会いましょう!」とプロフィールに書いてアピールする人もいますが、それも事実かどうかわからないので、人を信じすぎないことです。

誰とどこで会うのか伝えておく

誰にも言わずに…(写真:iStock)
誰にも言わずに… (写真:iStock)

 そして、ネットで知り合った人と会う時に、誰にもそのことを伝えないで出かける人もいるようですが、それはあまりおすすめできません。誰かひとりには「誰とどこに行く」ということをあえて知らせておくべきです。そうすれば、万が一事件に巻き込まれても、ある程度の手がかりを残すことができるからです。

 誰にも行き先を告げずに出かけてしまったら、行方不明になった時に手がかりが少なくなってしまいます。万が一のことを考えて、相手のアカウントを親友にだけは伝えておくなど、慎重な準備が望まれます。命を守るためにも、最初のうちは人目につかない場所に行くことを避け、他の人もいるカフェなどで会ううにしましょう。

ラブ 新着一覧


“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「ヤリモク男」を見分ける5つの方法 狙われる女性の特徴は?
 好きなタイプの男性からアプローチされたら、すぐにOKしてしまう女性もいるでしょう。でも、どんなにタイプでも、相手をしっ...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
「ダサい彼氏」改造計画!諦める前に一緒に取り組む5つの策
 彼氏のことは好きだけど、「なんかダサい……」と感じている女性は少なくないようです。しかし、実際はというと、ダサいと思い...
恋バナ調査隊 2022-06-27 06:00 ラブ
彼氏の家にお泊まりしてドン引き!「歯磨きしたことないよ」
 大好きな彼氏とのはじめてのお泊まりデート。ドキドキワクワクしながら家に向かってみたら、彼氏の素顔や知られざる真実にドン...
恋バナ調査隊 2022-06-26 06:00 ラブ