坂口杏里さんもつきまとい? なぜ女はホストにすがるのか

内藤みか 作家
更新日:2019-09-02 06:35
投稿日:2019-09-02 06:00
 元タレントの坂口杏里さん(28)が、2度目の逮捕です。元交際相手のホストの部屋に侵入容疑とのこと。関係が終わったはずなのに、なぜいつまでもホストに追いすがってしまうのか、彼女の心の闇について考えてみました。

大切なのは自分を気にかけてくれる存在

いつまでもホストに追いすがる理由は…(写真:iStock)
いつまでもホストに追いすがる理由は… (写真:iStock)

 ここでタレントの加護亜依さんを思い出してみましょう。彼女は元はモーニング娘。というアイドルグループで華々しい活躍をしていましたが、2007年に脱退した後は波乱の日々でした。所属事務所とのトラブルやDVを振るう夫との離婚想像などでボロボロになっていた加護さんを救ったのは、以前より彼女を案じていた、競輪の中野浩一さんの奥様である中野尚美さんで、彼女は自身の事務所に加護さんを新たに所属させ、家族ぐるみのおつきあいを続けたのです。

 最近になり事務所との契約は解除になりましたが、所属していた3年あまりで、彼女はハロプロ公演に返り咲くなど、目覚ましい回復を見せ、心身ともに安定しているように見えました。どん底とも言えるほど辛い時期に、手を差し伸べてくれる存在があると、人は変わることができるのだと思います。逆に言えば、状態が落ちている時期に人が求めるのは、自分を心配し、気にかけてくれる家族のような存在なのだということではないでしょうか。

家族代わりの誰かを求めてしまう

孤独感に襲われて…(写真:iStock)
孤独感に襲われて… (写真:iStock)

 そして坂口杏里さんのことを考えてみると、彼女の変調は両親を亡くしたあたりから始まると思うのです。義理の父親との関係は良好ではないという話もあり、かなりの孤独感に襲われ、家族的存在を求めていたのではないでしょうか。

 彼女がどうやってホストクラブに足を踏み入れたのか、それは定かではありませんが、ホストたちは、毎日だって来ていいんだよ、と女性客を毎回歓迎します。店に現れなかった時には「どうしたの?」と連絡してくれるかもしれません。たとえそれがお金目当てであったとしても、誰かが自分のことを気にかけてくれている、という事実は、寂しい女性には大きな支えになるのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 18:14 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ