京都のホストクラブにジャニ系よりエグザイル系が多い不思議

内藤みか 作家
更新日:2019-06-13 06:00
投稿日:2019-06-13 06:00
 ホストクラブといえば、髪を綺麗にセットした綺麗なお兄さんが女の人とお酒を飲んでくれる場所。最近はいろいろなタイプのホストが増えましたが、ホストクラブでの不動の人気はなんといってもジャニーズ系。でも京都のホストクラブだけはなぜかエグザイル系がかなりの人気なのだとか。

京都のホストクラブは祇園にある

祇園はオトナの街(写真:iStock)
祇園はオトナの街 (写真:iStock)

 京都のホストクラブは祇園周辺を中心に10店舗以上あり、私も以前、旅をした時に寄ったことがあります。けれど、場所がわかりにくいお店もあるので注意が必要かもしれません。

 舞妓さんがいるお茶屋が並ぶ祇園の通りからさほど離れていないあたりを、スマホの地図アプリを片手にウロウロすると、ここかな、というところに行き着いたのですが、店の看板がありませんでした。古い由緒ある京都の街の建物が並ぶ細い路地に、いきなりコンクリート打ちっ放しの建物が現れただけです。

 お店のホームページに出ていた住所と一致はしているので、おそらくここがホストクラブなのだろうとは思いますが、知らない街で、コンクリの3階建くらいのビルに侵入し、その地下のホストクラブを目指すなんて、もしビルを間違えていたら大変なことになってしまいます。怖いのでお店に電話をして、その建物で間違い無いか確認をとったら、地上までお迎えに来てくれました。

黒スーツの集団

ファッションにもその街らしさが出る(写真:iStock)
ファッションにもその街らしさが出る (写真:iStock)

 京都は景観を大切にする街です。コンビニやファストフードなどもカラフルな看板の色合いを落とし、とてもシックな外観になっているので驚きます。おそらくホストクラブも、そういった古都的事情で看板が出せないのかもしれません。

 歌舞伎町などは売れっ子ホストさんの顔写真が表に貼り出されていたり、キラキラした看板が出ていたりとかなり派手なのですが、そうしたものは一切なく、扉を開けるまでは、そこにホストクラブがあるだなんて誰も思わないかもしれない、秘密基地みたいなところに私は侵入してしまいました。

 入ってみると、お店も黒を基調とした内装でとてもシック! さすが京都のホストクラブや、と辺りを見回すと、都内とはなにかが違う。なんと、黒スーツのホストがとても多いのです。都内では最近、私服風のファッションが流行していて、黒いスーツを着ていたら、お葬式? と聞かれてしまうかもしれません。でも、その黒スーツがかっこいいんです。彼らの外見も、東京とはずいぶん違いました。

京都ではエグザイル系がモテる

京美人たちのお好みは…(写真:iStock)
京美人たちのお好みは… (写真:iStock)

「東京から来たの? 京都のホストクラブはちょっと雰囲気違うでしょう」

 と向こうから言ってくれましたが、実際そう。歌舞伎町ではあんなに大勢いるジャニ系が少なめ! 代わりに多いのは、短髪黒髪のキリッとしたちょっといかついお兄さんたち。ここでは大きな愛くるしい瞳よりは、落ち着いた和風な顔立ちのイケメンのほうがモテるんだそうです。彼らは自ら「エグザイル系がモテる」と言っていました。もともと京都のお姉さんたちの好みの系統がそういう感じなんだとか。

 私は大阪のホストクラブにも行ったことありますが、そこにはジャニ系がわんさかいて、イケメン同士で漫才してて面白かったです。もちろん京都にもジャニはいましたが、少数派。ジャニ顔はみんな大阪に行っちゃったのかもしれないとさえ思うくらい棲みわけされていました。

祇園ならではの顔ぶれ

古都の新しい魅力を発見!(写真:iStock)
古都の新しい魅力を発見! (写真:iStock)

 なぜだろうと考えて思い当たったのは、祇園というお土地柄。もしかしたら舞妓さんも京都のホストクラブに立ち寄ることがあるのかもしれない、和風顔の舞妓さんに似合うのは、やはり塩顔系のイケメン。黒スーツばかりなのも、綺麗な着物の舞妓さんに寄り添うのにしっくりくるからなのかもしれない、と考えたら合点がいきました。

 初めて京都のホストクラブを訪れる女性は、その独特の雰囲気に、驚くそうです。もちろん私も驚いたし最初はちょっと怖かったです。でも、会話の内容は普通のホストクラブ。とても優しくて紳士で尽くす感じの男性が何人もいたのも印象的でした。

 クールなルックスの男性に尽くされるときめき! ステキな夜でした。皆様も、京都の夜に、いつもとは違うホストクラブ体験に繰り出してみてはいかがでしょう?

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...
FILM
 遥か昔、ワタクシが幼少の頃。学校の帰り道にあった大きな造園会社の塀に絡まって咲いていた、何とも摩訶不思議なお花がござい...
FILM
 バセドウ病によって甲状腺の全摘手術に至ってから、まもなく1年になろうとしています。  術後の経過は順調で、今は体力や...
FILM
 ニャンタマニアのみなさま、お待たせしました。  きょうは久しぶりに、「接写したくなるにゃんたまω」です。 ...
FILM
 ご飯作りは、毎日の生活の中で切り離せない大事な家事のひとつ。しかし、仕事で疲れていたり、献立を考えるのが面倒だったり、...
FILM
 コロナ期、私たちはSNSを利用して、リアルで減ってしまったコミュニケーションを埋めました。人と会えない期間によって、よ...
FILM
 土鍋を置いておくと、猫がまあるくなって中に入る「ネコ鍋」現象がありますが、透明ボウルを置いてみたら、やはり!入りました...
FILM
 ある日の昼下がり。  猫店長「さぶ」率いる我がお花屋さんに、この日も悩める子羊がお花を買いにやってまいりました。...
FILM
 寛解に向かっていたバセドウ病が再燃してからは、ひとことで言うと「地獄」。何をしても良くならない症状が、日を追うごとにひ...
FILM
 世界で一番多くのにゃんたまωを撮影する、猫フェチカメラマン・芳澤です。  「いいえ、我こそがにゃんたま撮影数世界...
FILM
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が結婚後に女性が...
FILM
 きょうは、小さな港地区のにゃんたま兄貴。  強くて賢くてカッコイイからみんなに一目置かれていて、次期のボス猫候補...
FILM
「アナタ、なんで全身真っ黒なのよ! 喪服なのか! すぐやめなさい!」  先日とある著名な祈祷師の方に会うなり、いき...
FILM
 この連載もいよいよ終盤です。私は発覚から術後まで、およそ2年間にわたりバセドウ病と闘いました。甲状腺を全摘する手術を終...
FILM
 ニャンタマニアのみなさんこんにちは。  きょうは、三角おにぎりみたいな形の島を背景に、にゃんたまω記念撮影にトラ...