“攻める女”瀧内公美<後>「褒められると危険を感じてしまう」

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-09-12 06:03
投稿日:2021-09-12 06:00
瀧内公美さん(C)コクハク
瀧内公美さん (C)コクハク

 女優、瀧内公美さん(31)の主演映画『由宇子の天秤』が、9月17日より渋谷ユーロスペースにてロードショー(ビターズ・エンド配給)。ドキュメンタリーディレクター、木下由宇子を演じた瀧内さんのインタビューを、前編に続いてお届けします。

責任感と正義感の“塊”のような役

(C)2020 映画工房春組 合同会社
(C)2020 映画工房春組 合同会社

 ――本作で演じた木下由宇子に対して、どんな印象を持ちましたか。

 瀧内公美(以下、瀧内) ドキュメンタリーディレクターをしている由宇子という人間は、発信することを仕事としています。取材対象者が持つ主観と彼女自身の主観には差異が生まれてしまうことはありますが、いずれにせよ「真実を伝えたい」という思いがとても強い女性です。

 自分が目にしたありのままの真実をメディアを通じて伝えることは、彼女にとっての正義なんです。作中ではある事実を知ってしまったあとからその正義が揺り動かされていきますが、責任感と正義感がすごく強い。よっぽど強い意志がないとこの仕事はできないだろうな、と脚本を読んで感じました。

 春本監督は、ドキュメンタリージャパンという番組制作会社などを取材しながら、脚本をお書きになっていったそうです。役づくりのため私もお話しを聞かせていただきました。「これだけ繊細に緻密に考えていかないと、1つの作品を完成させられないんだな」と。

「自分が目にしたものは絶対、視聴者に届けなければいけない」という熱量を感じました。身近な人々の日常を放送するのであれば、取材対象者にそっと寄り添う。その中でドラマをつくらなければいけませんが、ドラマティックな何かが起きるとは限らない。それでも5年や7年もかけて取材を続けるという心身的な体力に、衝撃を受けました。

私は誘惑に弱くて夜中にカップ焼きそばを…

(C)コクハク
(C)コクハク

 ――5年や7年も取材を続けるのはすごいですね。

 瀧内 作中で由宇子にも起きる出来事ですが、毎日同じ対象者を取材しているわけではないですし、「撮れ高が足りているのか、足りていないのか」と、制作側としても考慮しつつ取材をしなければいけないんです。

 精神的にタフではないと、務まらない仕事だと思いました。寄り添いながらも対象者から引き出せるような仕掛けを持っていくことも考えている。ある種のずる賢さも必要なのかな、と。あの絶妙な精神的バランスを、由宇子を演じるときに参考にさせてもらったので、お話しを伺うことができてありがたかったです。

 ――由宇子とご自身の相違点についてもお聞きしたいです。

 瀧内 諦めが悪く物事に対して猪突猛進する性格は、似ているかもしれません。由宇子と違うのは、誘惑に弱いところでしょうか。くだらないことですが私、夜中にジャンクフードを食べたい欲求を抑えられないんです(笑)。

 夜中に食べるカップラーメンとカップ焼きそばが大好きで、夜中であろうとカップ焼きそばにはマヨネーズをかけて食べちゃいます。

 夜中にジャンクフード食べると翌日、顔がむくんで困ることがわかっているんです。「食べなければいいのに」と自分に言い聞かせるのに我慢できなくて。しょうもない話なんですけれど、由宇子より揺らぎやすいと思います。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


家電で生活の質UP♡自粛期間に買って良かったおすすめ家電3選
 1年間半近く、旅行はもちろんのこと、飲み会にすら行っていません(泣)。しかし、そこに使うはずだったお金を家電に使ってみ...
食育のプロ!“食育健康アドバイザー”ってどんな職業? 仕事や育児に活かせるおすすめ食育資格講座をご紹介♪
 近年、仕事や育児に「食育」を役立てたいと思う女性が増えています。生活の基本となる「食」を学ぶことは、自分や家族の健康を...
本当に今なの?無理してでも頑張るべきタイミングの見極め方
「頑張る」「踏ん張る」「無理をする」という言葉に対して、どんな印象があるでしょうか。もしかしたら、ちょっとしんどい響きに...
「俺んとこ、来ないか」お出迎え“にゃんたま”の向かった先は
 きょうは、初めて上陸する猫の島。  緊張しつつ港に着くと、お出迎えのにゃんたまω様が待っていてくれました。 ...
花屋が伝える…ペットを亡くした知人の悲しみに寄り添う方法
 花屋というお商売をさせていただいておりますと、さまざまな方の喜びや悲しみの場面に立ち合わせていただく機会がとても多いの...
いつでも堂々と…彼岸花が持つ美しさと強さ 2020.9.22(水)
 9月半ばを過ぎ、家の周りで彼岸花を見かけるようになりました。  川べりの草むらや、ちょっとした植え込みから顔をの...
おトクで感激♪ 3COINS&ASOKOの便利なオシャレ雑貨7選
 3COINSのオンラインストアを見ていると、ASOKO(アソコ)という雑貨屋の商品も一緒に購入できることが判明! とい...
権力者の威勢をアピール!ボスのクールな横チラ“にゃんたま”
 きょうは、昨年秋のにゃんたまωの思い出。  ボスにゃんたま君は、怒っているのでもケンカをしようとしているわけでも...
9月20日~9月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ほっこりに感謝♡ おじいちゃんから届いた大爆笑LINE5選
 長い月日を生き抜いてきたおじいちゃんたちは、深い洞察力や豊富な経験を武器に、どんな新しい時代にも対応していく強さを持っ...
佐久間由衣×奈緒 運命の共演!<後>“脳内結婚したい”相手は?
 ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)での桐山梨沙役を好演し、注目度上昇中の佐久間由衣さん(26)が主...
佐久間由衣×奈緒 運命の共演!<前>お互いの愛を伝え合って…
 ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)での桐山梨沙役を好演し、注目度上昇中の佐久間由衣さん(26)が主...
裏の顔にドン引き…女友達から届いたマウンティングLINE5選
 上から目線でものを言ったり、自分のほうが優位であることを示そうとする「マウンティング女子」。でも、本人には悪気がないこ...
仕事にも恋愛にも使える!最強ツール“マインドマップ”とは?
 消化しなければいけないタスクがたまってしまった時、皆さんはどうやって整理していますか? 私は学生の時に語学の勉強で使っ...
来年カレンダーの表紙モデル!イケメン“にゃんたま”の立ち姿
 ご好評につきまして、来年のにゃんたまカレンダーが出来上がりました。  きょうは、「開運!にゃんたまカレンダー20...
コロナ禍の敬老の日に何を贈る? ド定番アイテムとその理由
「私ってそんなに老けて見えるのかしら?」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋。ご来店なさったお客様から会うなり質問され...