長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-09-14 18:11
投稿日:2021-09-14 06:00

同棲生活のマンネリと結婚の圧に嫌気がさして……

結婚の圧が辛かった(写真:iStock)
結婚の圧が辛かった (写真:iStock)

「今思えば、彼女とは同棲したてのころがピークでしたね。家も職場も一緒の彼女とは、1年過ぎたあたりからはずっとマンネリしていました。でも別れて引っ越したりして生活をガラッと変えるのがただただ面倒くさくて、ダラダラと付き合っていただけかもしれません」

 そう語るのは、30代後半の男性Bさん。

 彼女とは会社の同僚で、同じプロジェクトチームになって一緒に仕事をする機会が多かった仲。同い年ということもあり最初は仕事仲間でしたが、出張を共にしたり二人で飲みに行くようになってから、恋愛関係になりました。職場も同じということで、付き合ってからすぐに同棲を始めたといいます。

「正直、見た目はそこまでタイプではなかったですが、性格も良く家事もよくやるタイプで、お互いの仕事も十分理解しているから、彼女と一緒の暮らしはとても快適でした」

 ところが、同棲し始めて半年も経つと徐々にレスになってきて、彼女のことは「生活を共にしている人」という感覚に。既にときめきのような恋愛感情はなくなっていたそうです。典型的なマンネリですね。

 そんなBさんの気持ちとは裏腹に、彼女は「結婚」の二文字をよく口にするようになったと言います。「30代のうちに結婚したい」「親も心配してる」「いつ結婚してくれるの?」と、日に日に結婚の“圧”が増していったとのこと。

 女性から圧をかけられればかけられるほど、テンションが下がってくるのは男の性。彼女とBさんの温度差はどんどん広がっていったようです。

義務や責任以外の言葉が浮かばなかった

39歳前に彼女とは別れ…(写真:iStock)
39歳前に彼女とは別れ… (写真:iStock)

「彼女から結婚、結婚と言われるので、僕も彼女との結婚を何度もイメージしてみてはいました。でも正直言うと、あえて彼女と結婚する意欲が湧かなかったのです。結婚式をしたり、SNSで友達に彼女との結婚を報告することを想像しても全然ワクワクしなかった。彼女と結婚することは、義務や責任といった言葉しか浮かばなかったのです」

 また、Bさんは3人兄弟なので、結婚したら子どももたくさん欲しいと思っていたのだそうです。そのため「年齢的にも30代後半の彼女との家族計画をイメージしても、正直夢を抱けなかった」と、そこは申し訳なさそうに打ち明けてくれました。

 きっと、この話を女性読者が見たら「なんて男は勝手なの!」と怒りすら覚えるでしょう。でも、これは男性側の本音の一つなので、現実として受け止められたらと……。

「知り合って10年、付き合って6年も一緒にいた彼女には感謝も情もあります。でも、もう彼女を女性として見ていない自分に気づいたんです。好きでも嫌いでもない、不思議な感覚……だから結婚に踏み切れなかったんだと思います」

 結局、Bさんは彼女が39歳の誕生日を迎える前に、別れを告げました。

 その後、Bさんはしばし一人での生活を謳歌した後、バーで知り合った6歳年下の女性と1年間の交際を経て結婚したそうです。

 結婚にはタイミングが重要だというのは、このことでしょうか。

「今の妻とは、まだラブラブな感情の勢いがあるうちに、結婚しました」とBさん。前回の教訓を活かして、今の奥さんとはマンネリ化する前に結婚を決めたようです。

結婚相手を選ぶ基準は、決して交際年数だけではない

年月だけでは計れない(写真:iStock)
年月だけでは計れない (写真:iStock)

 長年付き合っていた彼が、別れた後すぐに別の女性と結婚してしまった時、頭に「なぜ?」という疑問が浮かぶのは、元カノとしてごく自然な感情だと思います。

 しかし、そう決断した男性側の思いとしては「交際年数ではない何かしらのことに、れっきとした理由がある」ということ。

 長く付き合った女性だからといって、結婚相手にふさわしいと思うか否かは、また別物なのでしょう。

 男性は「女性として大事にしたいか」「ずっと一緒にいたいか」「妻として、また子どもが生まれたら母親として、共に家庭を築いていける人か」といった観点で結婚相手を選んでいるのだと、今回二人の男性にインタビューをさせていただいて感じました。

 結婚は、その後の人生を左右する一大事。

 人生のパートナーを選ぶ基準は、決して交際年数だけでは計れないものだということですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「...
蒼井凜花 2021-09-24 06:15 ラブ
惚れっぽい性格を直したい女性は必見!特徴&5つの対処方法
 彼氏と別れても、すぐに好きな人や新しい彼氏ができる女性は、惚れっぽい性格であることが多いです。一見、恋愛上手で羨ましが...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
彼氏が何もしてくれない…男性心理5つ&うまく付き合う方法
 どんなに好きな相手でも、交際をすれば何かと不満が出てくるもの。中には、「彼氏が何もしてくれない」と、悩んでいる人もいる...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
コロナ禍でデートできない…恋愛上手な女性がとった作戦とは
 長引くコロナ禍で、デートするべきか迷うカップルが少なくありません。特に男性のほうが「会うのはしばらくやめておこう」など...
内藤みか 2021-09-23 06:00 ラブ
隠れ肉食系男子を見抜く!5つの特徴&惹かれる女性のタイプ
 普段、優しく柔らかな物腰の男性が、いざという時に男らしく頼れる姿にドキッとする女性は多いでしょう。そのギャップに、好意...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
ラブラブを取り戻したい…倦怠期を乗り越えるLINE内容5つ
 長く付き合っていると、だんだん新鮮さがなくなってきてマンネリ化し、家族のようになってしまいますよね。でも、本当はラブラ...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
恋人に自分の意見を言えない…リスクと嫌われない言い回し!
 恋人関係になり、相手との関係をより長く継続したいと考えると、なかなか自分の意見を言えない時ってありますよね。「連絡頻度...
若林杏樹 2021-09-22 06:00 ラブ
バツイチ男性と付き合う前に確認するべき5つのこと&心構え
 ある程度の年齢になれば、周りに離婚経験者が増えてくるため、たまたま好きになった男性が「バツイチだった」ということもある...
恋バナ調査隊 2021-09-22 06:04 ラブ
恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ