面倒くさい? 男性から「重い女」認定される残念ポイント3つ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-11-17 06:00
投稿日:2020-11-17 06:00
 綺麗でモテるはずの女性でも、知れば知るほど男性から「重い」と思われ、最終的には「ウザい」と敬遠されてしまう残念な女性がいます。当の本人も「なぜ彼に逃げられたのか?」と自覚がないため、少々厄介です。そこで今回は、男から「重い女」認定される人の言動をまとめてみました。自分が重い女にならないためにも要チェック!

重い女によくある言動3つ

1. やたらとLINEや着信が多い

未読がこんなに!(写真:iStock)
未読がこんなに! (写真:iStock)

 LINEは「男性にとって業務連絡ツール」であり、「女性にとってはコミュニケーションツール」と言われるほど、男女によってLINEの使い方の感覚は違います。

 女性は彼とコミュニケーションを取って安心感を得たくてLINEを送ってしまい、なかなか返信がないと焦って立て続けにLINEを連投してしまうという負の無限ループに陥ってしまうことがありますよね。

 でも、仕事中にものすごい数のLINEが来て溜まっていたら、彼は引いてしまうかもしれません。それが電話の着信だったら……さらに怖さが増すでしょう。

 用事があれば彼からLINEが来るでしょうし、声が聞きたければ彼から電話がかかってくるものです。

 連絡する頻度は、せいぜい男6:女4くらいの割合がちょうど良いでしょう。男性の狩猟本能をかき立てた方が、恋愛は進展しやすいので。

2. SNSで彼の行動を把握

残業って言ってたのに…違うじゃん!(写真:iStock)
残業って言ってたのに…違うじゃん! (写真:iStock)

「今日は何してたの?」「誰と飲みに行ってたの?」と行動をいちいち監視するような聞き方はすでに重いですが、さらに上を行くのが「昨日○○で△△と飲んでたでしょ?」というように、彼の行動を把握している女性です。

 これは彼のSNSだけでなく、友達など繋がっている人たちのストーリーまでもチェックして、彼の行動を把握しているパターン。SNS上で行動をキャッチされたら、それは紛れもない事実なので「違うよ」と反論できないですが、そこまで監視されたら、男性は息苦しくなってしまうことでしょう。

 男性にとって「自由」は、意外と大切なことのようですよ。

3. 会うたびに結婚を迫る

「結婚して!」攻撃に実はうんざり(写真:iStock)
「結婚して!」攻撃に実はうんざり (写真:iStock)

 結婚適齢期の女性にとって、婚期が延びることは死活問題。なかには「一日でも早く結婚したい」と言う女性もいるくらいで、デートする男性や彼氏に時間を費やしても結婚できないのならムダ、と思うのもよくわかります。

 しかし、男性側にも仕事や人生設計上の“結婚したいタイミング”があります。

 にもかかわらず、会うたびに「いつ結婚してくれるの?」「結婚はまだ?」と問い詰めてばかりいると、それはとても重いですし、「そこまで急いで結婚したいなら他の人に当たってくれ」と彼に逃げられてしまう……そんな切ないことってありませんよね。

 彼と早く結婚したいなら決して結婚を迫るのではなく、「彼女と結婚したらより良い生活になりそう」と連想してもらえるように、二人でいる時間を有意義にした方が結婚への近道となるでしょう。手料理をがんばるも良し、彼の仕事のフォローアップをするも良しです!

重い女から脱却を

重すぎる行動で恋も粉々(写真:iStock)
重すぎる行動で恋も粉々 (写真:iStock)

 最初はどんなに言い寄ってきた彼だとしても、実際に付き合っていく中で「重い女」認定されてしまったら、彼の気持ちは冷める一方です。

 上の3つのポイントに、1つでも当てはまるようなら要注意! 彼に逃げられる前に重い女から脱却し、むしろ求められる女性になれるといいですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ