面倒くさい? 男性から「重い女」認定される残念ポイント3つ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-11-17 06:00
投稿日:2020-11-17 06:00
 綺麗でモテるはずの女性でも、知れば知るほど男性から「重い」と思われ、最終的には「ウザい」と敬遠されてしまう残念な女性がいます。当の本人も「なぜ彼に逃げられたのか?」と自覚がないため、少々厄介です。そこで今回は、男から「重い女」認定される人の言動をまとめてみました。自分が重い女にならないためにも要チェック!

重い女によくある言動3つ

1. やたらとLINEや着信が多い

未読がこんなに!(写真:iStock)
未読がこんなに! (写真:iStock)

 LINEは「男性にとって業務連絡ツール」であり、「女性にとってはコミュニケーションツール」と言われるほど、男女によってLINEの使い方の感覚は違います。

 女性は彼とコミュニケーションを取って安心感を得たくてLINEを送ってしまい、なかなか返信がないと焦って立て続けにLINEを連投してしまうという負の無限ループに陥ってしまうことがありますよね。

 でも、仕事中にものすごい数のLINEが来て溜まっていたら、彼は引いてしまうかもしれません。それが電話の着信だったら……さらに怖さが増すでしょう。

 用事があれば彼からLINEが来るでしょうし、声が聞きたければ彼から電話がかかってくるものです。

 連絡する頻度は、せいぜい男6:女4くらいの割合がちょうど良いでしょう。男性の狩猟本能をかき立てた方が、恋愛は進展しやすいので。

2. SNSで彼の行動を把握

残業って言ってたのに…違うじゃん!(写真:iStock)
残業って言ってたのに…違うじゃん! (写真:iStock)

「今日は何してたの?」「誰と飲みに行ってたの?」と行動をいちいち監視するような聞き方はすでに重いですが、さらに上を行くのが「昨日○○で△△と飲んでたでしょ?」というように、彼の行動を把握している女性です。

 これは彼のSNSだけでなく、友達など繋がっている人たちのストーリーまでもチェックして、彼の行動を把握しているパターン。SNS上で行動をキャッチされたら、それは紛れもない事実なので「違うよ」と反論できないですが、そこまで監視されたら、男性は息苦しくなってしまうことでしょう。

 男性にとって「自由」は、意外と大切なことのようですよ。

3. 会うたびに結婚を迫る

「結婚して!」攻撃に実はうんざり(写真:iStock)
「結婚して!」攻撃に実はうんざり (写真:iStock)

 結婚適齢期の女性にとって、婚期が延びることは死活問題。なかには「一日でも早く結婚したい」と言う女性もいるくらいで、デートする男性や彼氏に時間を費やしても結婚できないのならムダ、と思うのもよくわかります。

 しかし、男性側にも仕事や人生設計上の“結婚したいタイミング”があります。

 にもかかわらず、会うたびに「いつ結婚してくれるの?」「結婚はまだ?」と問い詰めてばかりいると、それはとても重いですし、「そこまで急いで結婚したいなら他の人に当たってくれ」と彼に逃げられてしまう……そんな切ないことってありませんよね。

 彼と早く結婚したいなら決して結婚を迫るのではなく、「彼女と結婚したらより良い生活になりそう」と連想してもらえるように、二人でいる時間を有意義にした方が結婚への近道となるでしょう。手料理をがんばるも良し、彼の仕事のフォローアップをするも良しです!

重い女から脱却を

重すぎる行動で恋も粉々(写真:iStock)
重すぎる行動で恋も粉々 (写真:iStock)

 最初はどんなに言い寄ってきた彼だとしても、実際に付き合っていく中で「重い女」認定されてしまったら、彼の気持ちは冷める一方です。

 上の3つのポイントに、1つでも当てはまるようなら要注意! 彼に逃げられる前に重い女から脱却し、むしろ求められる女性になれるといいですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
彼女がいる人を略奪愛したその後とは? 続かない理由&対処法
 恋は、いつどんなタイミングではじまるかわからないもの。中には、好きになった人に彼女がいて、図らずも略奪愛という形になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ
感染症対策もバッチリ! 出不精な彼と外で楽しむ冬デート3選
 今年のクリスマスもウイルスに気をつけながら過ごさなくてはならないのかもしれません。感染対策の面倒くささからか「彼がデー...
内藤みか 2021-11-25 06:00 ラブ
タイプ別! 彼氏が落ち込んでいる時の正しいなぐさめ方♡
 彼氏が落ち込んでいる時、あなたはどのように励ましていますか?「私ならこうして欲しい」と思う励まし方をする人や、「男性な...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ
返信率が上がる♡ 彼が思わず返信したくなるLINEの内容5選!
 大好きな彼とLINEを交換したのに、結局盛り上がらずにフェードアウトしてしまった……という人は意外と多いようです。それ...
恋バナ調査隊 2021-11-25 06:00 ラブ