面倒くさい? 男性から「重い女」認定される残念ポイント3つ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-11-17 06:00
投稿日:2020-11-17 06:00
 綺麗でモテるはずの女性でも、知れば知るほど男性から「重い」と思われ、最終的には「ウザい」と敬遠されてしまう残念な女性がいます。当の本人も「なぜ彼に逃げられたのか?」と自覚がないため、少々厄介です。そこで今回は、男から「重い女」認定される人の言動をまとめてみました。自分が重い女にならないためにも要チェック!

重い女によくある言動3つ

1. やたらとLINEや着信が多い

未読がこんなに!(写真:iStock)
未読がこんなに! (写真:iStock)

 LINEは「男性にとって業務連絡ツール」であり、「女性にとってはコミュニケーションツール」と言われるほど、男女によってLINEの使い方の感覚は違います。

 女性は彼とコミュニケーションを取って安心感を得たくてLINEを送ってしまい、なかなか返信がないと焦って立て続けにLINEを連投してしまうという負の無限ループに陥ってしまうことがありますよね。

 でも、仕事中にものすごい数のLINEが来て溜まっていたら、彼は引いてしまうかもしれません。それが電話の着信だったら……さらに怖さが増すでしょう。

 用事があれば彼からLINEが来るでしょうし、声が聞きたければ彼から電話がかかってくるものです。

 連絡する頻度は、せいぜい男6:女4くらいの割合がちょうど良いでしょう。男性の狩猟本能をかき立てた方が、恋愛は進展しやすいので。

2. SNSで彼の行動を把握

残業って言ってたのに…違うじゃん!(写真:iStock)
残業って言ってたのに…違うじゃん! (写真:iStock)

「今日は何してたの?」「誰と飲みに行ってたの?」と行動をいちいち監視するような聞き方はすでに重いですが、さらに上を行くのが「昨日○○で△△と飲んでたでしょ?」というように、彼の行動を把握している女性です。

 これは彼のSNSだけでなく、友達など繋がっている人たちのストーリーまでもチェックして、彼の行動を把握しているパターン。SNS上で行動をキャッチされたら、それは紛れもない事実なので「違うよ」と反論できないですが、そこまで監視されたら、男性は息苦しくなってしまうことでしょう。

 男性にとって「自由」は、意外と大切なことのようですよ。

3. 会うたびに結婚を迫る

「結婚して!」攻撃に実はうんざり(写真:iStock)
「結婚して!」攻撃に実はうんざり (写真:iStock)

 結婚適齢期の女性にとって、婚期が延びることは死活問題。なかには「一日でも早く結婚したい」と言う女性もいるくらいで、デートする男性や彼氏に時間を費やしても結婚できないのならムダ、と思うのもよくわかります。

 しかし、男性側にも仕事や人生設計上の“結婚したいタイミング”があります。

 にもかかわらず、会うたびに「いつ結婚してくれるの?」「結婚はまだ?」と問い詰めてばかりいると、それはとても重いですし、「そこまで急いで結婚したいなら他の人に当たってくれ」と彼に逃げられてしまう……そんな切ないことってありませんよね。

 彼と早く結婚したいなら決して結婚を迫るのではなく、「彼女と結婚したらより良い生活になりそう」と連想してもらえるように、二人でいる時間を有意義にした方が結婚への近道となるでしょう。手料理をがんばるも良し、彼の仕事のフォローアップをするも良しです!

重い女から脱却を

重すぎる行動で恋も粉々(写真:iStock)
重すぎる行動で恋も粉々 (写真:iStock)

 最初はどんなに言い寄ってきた彼だとしても、実際に付き合っていく中で「重い女」認定されてしまったら、彼の気持ちは冷める一方です。

 上の3つのポイントに、1つでも当てはまるようなら要注意! 彼に逃げられる前に重い女から脱却し、むしろ求められる女性になれるといいですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた
 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。...
ミクニシオリ 2020-11-18 06:00 ラブ