面倒くさい? 男性から「重い女」認定される残念ポイント3つ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-11-17 06:00
投稿日:2020-11-17 06:00
 綺麗でモテるはずの女性でも、知れば知るほど男性から「重い」と思われ、最終的には「ウザい」と敬遠されてしまう残念な女性がいます。当の本人も「なぜ彼に逃げられたのか?」と自覚がないため、少々厄介です。そこで今回は、男から「重い女」認定される人の言動をまとめてみました。自分が重い女にならないためにも要チェック!

重い女によくある言動3つ

1. やたらとLINEや着信が多い

未読がこんなに!(写真:iStock)
未読がこんなに! (写真:iStock)

 LINEは「男性にとって業務連絡ツール」であり、「女性にとってはコミュニケーションツール」と言われるほど、男女によってLINEの使い方の感覚は違います。

 女性は彼とコミュニケーションを取って安心感を得たくてLINEを送ってしまい、なかなか返信がないと焦って立て続けにLINEを連投してしまうという負の無限ループに陥ってしまうことがありますよね。

 でも、仕事中にものすごい数のLINEが来て溜まっていたら、彼は引いてしまうかもしれません。それが電話の着信だったら……さらに怖さが増すでしょう。

 用事があれば彼からLINEが来るでしょうし、声が聞きたければ彼から電話がかかってくるものです。

 連絡する頻度は、せいぜい男6:女4くらいの割合がちょうど良いでしょう。男性の狩猟本能をかき立てた方が、恋愛は進展しやすいので。

2. SNSで彼の行動を把握

残業って言ってたのに…違うじゃん!(写真:iStock)
残業って言ってたのに…違うじゃん! (写真:iStock)

「今日は何してたの?」「誰と飲みに行ってたの?」と行動をいちいち監視するような聞き方はすでに重いですが、さらに上を行くのが「昨日○○で△△と飲んでたでしょ?」というように、彼の行動を把握している女性です。

 これは彼のSNSだけでなく、友達など繋がっている人たちのストーリーまでもチェックして、彼の行動を把握しているパターン。SNS上で行動をキャッチされたら、それは紛れもない事実なので「違うよ」と反論できないですが、そこまで監視されたら、男性は息苦しくなってしまうことでしょう。

 男性にとって「自由」は、意外と大切なことのようですよ。

3. 会うたびに結婚を迫る

「結婚して!」攻撃に実はうんざり(写真:iStock)
「結婚して!」攻撃に実はうんざり (写真:iStock)

 結婚適齢期の女性にとって、婚期が延びることは死活問題。なかには「一日でも早く結婚したい」と言う女性もいるくらいで、デートする男性や彼氏に時間を費やしても結婚できないのならムダ、と思うのもよくわかります。

 しかし、男性側にも仕事や人生設計上の“結婚したいタイミング”があります。

 にもかかわらず、会うたびに「いつ結婚してくれるの?」「結婚はまだ?」と問い詰めてばかりいると、それはとても重いですし、「そこまで急いで結婚したいなら他の人に当たってくれ」と彼に逃げられてしまう……そんな切ないことってありませんよね。

 彼と早く結婚したいなら決して結婚を迫るのではなく、「彼女と結婚したらより良い生活になりそう」と連想してもらえるように、二人でいる時間を有意義にした方が結婚への近道となるでしょう。手料理をがんばるも良し、彼の仕事のフォローアップをするも良しです!

重い女から脱却を

重すぎる行動で恋も粉々(写真:iStock)
重すぎる行動で恋も粉々 (写真:iStock)

 最初はどんなに言い寄ってきた彼だとしても、実際に付き合っていく中で「重い女」認定されてしまったら、彼の気持ちは冷める一方です。

 上の3つのポイントに、1つでも当てはまるようなら要注意! 彼に逃げられる前に重い女から脱却し、むしろ求められる女性になれるといいですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ