長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-09-14 18:11
投稿日:2021-09-14 06:00
 何年も付き合っていた彼女とは結婚しないまま別れて、その後に付き合った新しい彼女とあっさり結婚する男性って少なからずいますよね。芸能人なんかでも、下積み時代からずっと付き合っていた彼女がいたのに、売れたら別れて、結局は違う女性と結婚した、といったニュースもたびたび耳にするかと思います。
 では、なぜ彼らは長年付き合った彼女とは結婚せずに、新しい彼女とすぐにで結婚するのでしょうか? そこには思わぬ男性心理が……。今回は同様の経験をしたことのある二人の男性にお話を伺いました。

見た目がどストライクの年下彼女との結婚に躊躇

遅刻癖と浪費癖にうんざり(写真:iStock)
遅刻癖と浪費癖にうんざり (写真:iStock)

 彼女とは飲み会で出会って一目惚れをし、猛アプローチの末に付き合えるようになったというAさん。当時、彼女は一回り年下の25歳で、雰囲気が小島瑠璃子に似たスタイル抜群の美女だったといいます。

「最初はとにかく見た目がタイプで、無我夢中で口説きました。インスタグラムでフォロワーの多いインフルエンサーでもある彼女のため、インスタ映えするお店をリサーチして誘ったり、付き合ってからは旅行にもたくさん連れて行きましたね」

 ところが、付き合い始めて半年が過ぎたあたりから、Aさんは彼女の行動に少し気になる所が出てきたそうです。

「待ち合わせに遅刻することです。最初は5分、10分といった遅れ具合だったので可愛いもんだなと思っていたのですが、だんだん30分、1時間と大幅に遅れるようになってきて。ひどい時には待ち合わせ時間に現れないから電話したら“ごめん、今起きた”なんていうこともあって、さすがにイラっとしました」

 とはいえ彼女はまだ若いし、自分も惚れた弱みがあるので怒ったりはせずに許容してきたというAさん。ただ、遅刻以外にも問題は出てきたようで……。

「記念日でもないのに、洋服やバッグなどを買ってと平気でおねだりしてくるようになりました。また旅行の計画をする時も、三ツ星ホテルしか行きたくないと言ってきたり……とにかくお金がかかるなと」

 彼女の遅刻癖と浪費癖は、どんどんエスカレートしていったのだとか。

彼女とは家庭を築けないと思い別れを決意

前の彼女とは正反対のタイプと結婚(写真:iStock)
前の彼女とは正反対のタイプと結婚 (写真:iStock)

 それでも、見た目がどストライクの彼女に甘えられたりすると弱いし、性欲も止まらなかったのだそう。世代の違う彼女の話はいつも刺激的で楽しかったし、男友達からも「あんなに若くて可愛い子と付き合えて、お前はいいな〜」と羨ましがられるので、彼女を手放したらもったいない気がしていたそうです。今まで彼女に惚れ込んで尽くし、お金も散々かけてきたので、もう引けない所まで来ていたのかもしれませんね。

 交際期間は1年、2年と過ぎ、3年目に差し掛かっていたそうです。

「ただ、僕も40歳目前になり、そろそろ結婚を真剣に考えなければな、というステージに入りました。普通に考えれば、その時に付き合っている彼女と結婚をするのが自然な流れでしょう。でも、時間が守れなくてお金を浪費するような彼女が妻になったら、子どもの母親になったら……、果たしてしっかりと家庭を築けるのか?と」

 Aさんが出した答えはNO!

 彼女との結婚は考えられないとの結論に至り、別れることに。

 そして、別れた後からすぐに真剣に婚活を始めたAさんは、友人から「いい人がいる」と紹介された女性と、交際3か月でスピード結婚。

「妻は35歳のおとなしいタイプではありますが、礼儀がしっかりとした家庭的な女性。料理も上手です。遅刻や浪費? 全くないですね(笑)。体型もぽっちゃりとしていて、前の彼女とは正反対です。本当にいいパートナーと出会えて今は幸せです」

 男性にとって「付き合いたいと思う女性」と「結婚したいと思う女性」は、違うのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ