長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-09-14 18:11
投稿日:2021-09-14 06:00
 何年も付き合っていた彼女とは結婚しないまま別れて、その後に付き合った新しい彼女とあっさり結婚する男性って少なからずいますよね。芸能人なんかでも、下積み時代からずっと付き合っていた彼女がいたのに、売れたら別れて、結局は違う女性と結婚した、といったニュースもたびたび耳にするかと思います。
 では、なぜ彼らは長年付き合った彼女とは結婚せずに、新しい彼女とすぐにで結婚するのでしょうか? そこには思わぬ男性心理が……。今回は同様の経験をしたことのある二人の男性にお話を伺いました。

見た目がどストライクの年下彼女との結婚に躊躇

遅刻癖と浪費癖にうんざり(写真:iStock)
遅刻癖と浪費癖にうんざり (写真:iStock)

 彼女とは飲み会で出会って一目惚れをし、猛アプローチの末に付き合えるようになったというAさん。当時、彼女は一回り年下の25歳で、雰囲気が小島瑠璃子に似たスタイル抜群の美女だったといいます。

「最初はとにかく見た目がタイプで、無我夢中で口説きました。インスタグラムでフォロワーの多いインフルエンサーでもある彼女のため、インスタ映えするお店をリサーチして誘ったり、付き合ってからは旅行にもたくさん連れて行きましたね」

 ところが、付き合い始めて半年が過ぎたあたりから、Aさんは彼女の行動に少し気になる所が出てきたそうです。

「待ち合わせに遅刻することです。最初は5分、10分といった遅れ具合だったので可愛いもんだなと思っていたのですが、だんだん30分、1時間と大幅に遅れるようになってきて。ひどい時には待ち合わせ時間に現れないから電話したら“ごめん、今起きた”なんていうこともあって、さすがにイラっとしました」

 とはいえ彼女はまだ若いし、自分も惚れた弱みがあるので怒ったりはせずに許容してきたというAさん。ただ、遅刻以外にも問題は出てきたようで……。

「記念日でもないのに、洋服やバッグなどを買ってと平気でおねだりしてくるようになりました。また旅行の計画をする時も、三ツ星ホテルしか行きたくないと言ってきたり……とにかくお金がかかるなと」

 彼女の遅刻癖と浪費癖は、どんどんエスカレートしていったのだとか。

彼女とは家庭を築けないと思い別れを決意

前の彼女とは正反対のタイプと結婚(写真:iStock)
前の彼女とは正反対のタイプと結婚 (写真:iStock)

 それでも、見た目がどストライクの彼女に甘えられたりすると弱いし、性欲も止まらなかったのだそう。世代の違う彼女の話はいつも刺激的で楽しかったし、男友達からも「あんなに若くて可愛い子と付き合えて、お前はいいな〜」と羨ましがられるので、彼女を手放したらもったいない気がしていたそうです。今まで彼女に惚れ込んで尽くし、お金も散々かけてきたので、もう引けない所まで来ていたのかもしれませんね。

 交際期間は1年、2年と過ぎ、3年目に差し掛かっていたそうです。

「ただ、僕も40歳目前になり、そろそろ結婚を真剣に考えなければな、というステージに入りました。普通に考えれば、その時に付き合っている彼女と結婚をするのが自然な流れでしょう。でも、時間が守れなくてお金を浪費するような彼女が妻になったら、子どもの母親になったら……、果たしてしっかりと家庭を築けるのか?と」

 Aさんが出した答えはNO!

 彼女との結婚は考えられないとの結論に至り、別れることに。

 そして、別れた後からすぐに真剣に婚活を始めたAさんは、友人から「いい人がいる」と紹介された女性と、交際3か月でスピード結婚。

「妻は35歳のおとなしいタイプではありますが、礼儀がしっかりとした家庭的な女性。料理も上手です。遅刻や浪費? 全くないですね(笑)。体型もぽっちゃりとしていて、前の彼女とは正反対です。本当にいいパートナーと出会えて今は幸せです」

 男性にとって「付き合いたいと思う女性」と「結婚したいと思う女性」は、違うのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ