倦怠期かもしれない…5つのチェックポイント&乗り越え方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-10-05 06:00
投稿日:2021-10-05 06:00
 交際期間が長くなると、どんなカップルにも訪れるのが「倦怠期」。もちろん、倦怠期知らずのカップルもいますが、ごく稀しょう。そんな危機を乗り越えるためには、早めに倦怠期だということに気づいて、どう対処できるかが鍵! そこで今回は、倦怠期のチェックポイントと乗り越え方をご紹介します。

倦怠期かもしれない……5つのチェックポイント

イラッとすることが増えてきた(写真:iStock)
イラッとすることが増えてきた (写真:iStock)

 倦怠期で別れてしまうカップルの中には、「冷めた」と勘違いして別れてしまう人もいます。あとで気づくと後悔する場合もあるため、そうならないためにもまずは、5つのチェック項目で確認してみましょう。

1. 連絡頻度が減った

 交際期間が長くなってくると、安心感が芽生えて連絡頻度が減るカップルが多いでしょう。しかし、用事がある時にしか連絡をとらないなど、明らかに連絡が少なくなっているのは、倦怠期のサインかもしれません。

2. 明らかに会話が減った

 長く一緒にいる彼氏とは、さまざまな話をしてきたでしょう。中には、「話題がなくなった」と感じている人もいるかもしれません。明らかに会話が減っていたり、どんな話をしても盛り上がらない場合は、倦怠期である可能性が高いです。

3. おしゃれに気を使わなくなった

 付き合い始めの頃は、彼に好かれようとデートのたびにおしゃれをしていたでしょう。前日に何を着ようか、コーディネートを用意していた人も多いと思います。

 しかし、倦怠期になるとおしゃれに気を使わなくなるケースが多いです。すっぴんを見られても恥ずかしくなくなったら、要注意です。

4. イラっとすることが増えた

 付き合いが長くなると、相手の良い部分だけでなく嫌な部分も見えてくるもの。そして、なぜか嫌な部分ばかり目につき、イラっとすることが増えてくるのもまた、倦怠期のサインといえるでしょう。

5. スキンシップがなくなった

 男友達と彼氏の大きな違いは、スキンシップの有無。そのスキンシップがなくなったということは、異性として見なくなっている証拠でもあります。彼とくっつきたいと思えなくなったのであれば、倦怠期の現れかもしれません。

倦怠期になんて負けない! 5つの乗り越え方

自分磨きをしてイメチェンも(写真:iStock)
自分磨きをしてイメチェンも (写真:iStock)

 倦怠期を迎えて別れてしまうカップルもいますが、すべてのカップルが別れるわけではありません。倦怠期は、あなた次第で乗り越えることもできるはず! 関係を修復させたいのであれば、これからご紹介する5つの方法を試してみてください。

1. 少し距離を置いてみる

 倦怠期を乗り越えるために距離を置くことに、不安を感じるかもしれません。しかし、近すぎると大切さに気づきにくいのは、彼も同じ。いったん距離を置いて、お互いの存在の大きさを確認することも大切です。

2. 新鮮なデートを計画する

 何年も付き合っていると、デートも定番化しているでしょう。倦怠期を乗り越えるためには、何よりも新鮮さを味わうことが大切! 行ったことのない場所に行ったり、ワクワクするような新鮮なデートを計画して、出会った頃のドキドキ感を取り戻しましょう。

3. 自分磨きをしてイメチェンする

 長い間一緒にいると、良い意味で飽きが出てきてしまいます。それを払拭するためには、自分磨きをしてイメチェンすることもおすすめ。雰囲気がガラッと変わると、彼の反応も変わるはずです。惚れなおしてくれるかもしれませんよ。

4. 二人で新しいことに挑戦してみる

 倦怠期を迎えると、何をしてもマンネリを感じてしまいます。それを乗り越えるためには、二人で新しいことに挑戦するのもおすすめです。趣味として登山をはじめたり、一緒にDIYにチャレンジすることで、交際当初の新鮮な気持ちを思い出せるでしょう。

5. ちゃんと愛情表現をする

 長く付き合っていると、わざわざ愛情表現をしなくなっている人も多いはず。でも、倦怠期を乗り越えたいと思うのであれば、あらためて愛情表現の仕方を見直してみましょう。好きな人から愛情表現されて嫌な気持ちになる人なんていないはず。言葉や態度で、きちんと伝えることからはじめてみましょう。

倦怠期なんて怖くない!二人で乗り越え絆を深めよう

二人で乗り越えよう!(写真:iStock)
二人で乗り越えよう! (写真:iStock)

「倦怠期かもしれない」と思うと、別れが頭をよぎってしまう人も多いでしょう。でも、「別れたくない」と思うのであれば、まだまだ工夫してみる価値はあるはずです。

 倦怠期は、あなた次第で乗り越えられますよ。ぜひご紹介した乗り越え方を参考に、彼との絆を深めてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


身長差カップルは別れやすい!?理由と工夫すべき点を解説
 街で身長差があるカップルを見かけると、やけに女性が可愛らしく見えて「羨ましいなぁ」と感じたことがある人も多いはず。しか...
恋バナ調査隊 2022-01-28 06:00 ラブ
焦りは禁物!40代からの婚活を成功させるために必要なこと
 40代で婚活を始める女性が増えてきました。婚活イベントに40代対象のものが増え、活動しやすくなったのも一因でしょう。け...
内藤みか 2022-01-27 06:00 ラブ
つまらない…と思われる彼女の特徴&楽しい彼女になる対処法
 どんなに容姿端麗でも、なぜか男性からモテなかったり、彼氏とお付き合いが長く続かない女性っていますよね。もしかするとその...
恋バナ調査隊 2022-01-27 06:00 ラブ
彼氏から返信こない…付き合うと連絡頻度が落ちる男性心理
 付き合う前はたくさん連絡をくれたのに、付き合ったあとはガクンと連絡がこなくなることってありますよね。恋人同士の連絡頻度...
若林杏樹 2022-01-26 06:00 ラブ
職場の“愛され女子”特徴5つ♡ 少しの意識で人気者になれる
 どんな職場にも、男女問わずみんなに好かれる“愛され女子”っていますよね! 反対に、良かれと思って言動しているつもりなの...
恋バナ調査隊 2022-01-26 06:00 ラブ
婚約後に冷めた…婚約破棄に至ってしまう4つの理由&対策法
 大好きな相手とやっとのことで結婚を決めたのにも関わらず、婚約後に冷めてしまう人は意外にも少なくありません。そのまま放置...
恋バナ調査隊 2022-01-25 06:00 ラブ
恋愛下手な男性の3つの特徴&脈ありサインの見極め方♡
 好きになった男性が恋愛下手なタイプの場合、彼の行動を注意深く観察していないと、脈ありサインを見逃してしまうこともありま...
恋バナ調査隊 2022-01-25 06:00 ラブ
男心がわからない女性必見! 知っておきたい男性の本音5つ
 男性と女性って、まったく考え方が違いますよね。女性の中には、男性の行動にイライラしてしまったり、女性特有の考え方を押し...
恋バナ調査隊 2022-01-24 06:00 ラブ
もしかして生まれつき!?色気がある女性になる方法6選♡
 特別美人なわけではないのに、なぜか男性からモテる女性っていますよね。そんな女性には、独自の「色気」がある気がします。色...
恋バナ調査隊 2022-01-23 06:00 ラブ
「スマホを見た」と言えず別れを…男性が引きずる過去の恋愛
「冷酷と激情のあいだvol.74〜女性編〜」では、結婚前提で交際していた恋人。マコトさんから振られた理由を知りたい女性・...
並木まき 2022-01-22 06:00 ラブ
結婚前提からの突然の別れ…今でも理由を知りたい女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-22 06:00 ラブ
もはや尊敬!?ナルシスト男性からの神がかったLINE5選
 ナルシスト男性から、LINEが送られてきたことはありますか? 読んでみると、まるでドラマに出てくるイケメンヒーローにな...
恋バナ調査隊 2022-01-22 06:00 ラブ
小悪魔女子が使う恋愛術5つ♡ 本気で彼を落としたい人必見
 男性の心を射止める術を身につけている「小悪魔女子」っていますよね。気まぐれな言動や、ドキッとさせる仕草、ツンデレや褒め...
恋バナ調査隊 2022-01-22 06:00 ラブ
「毒親育ちの会」の彼、ほろ酔いの抱擁から全てが始まった
「毒親」「親ガチャ」という言葉が使われるようになって久しい。そんな中、「毒親育ち」の男女が集う会で、運命的な出会いを果た...
蒼井凜花 2022-01-28 13:24 ラブ
女性が年上の年齢差結婚ってどう?メリット&長続きのコツ
 少し前までは女性が年上というカップルは珍しく、周囲から注目されることに悩んでいた人も多かったよう。でも、最近では、女性...
恋バナ調査隊 2022-01-21 06:00 ラブ
手のつなぎ方でわかる男性心理4選&つなぎたくなる瞬間♡
 気になっている男性と手をつなぐと、一気に二人の距離が縮まったような気持ちになりますよね♡ 実は、手のつなぎ方で男性が自...
恋バナ調査隊 2022-01-20 06:00 ラブ