いつでも堂々と…彼岸花が持つ美しさと強さ 2021.9.22(水)

コクハク編集部
更新日:2021-10-18 17:11
投稿日:2021-09-22 06:00

怪しい魅力の彼岸花

秋だねえ(C)コクハク
秋だねえ (C)コクハク

 9月半ばを過ぎ、家の周りで彼岸花を見かけるようになりました。

 川べりの草むらや、ちょっとした植え込みから顔をのぞかせる真っ赤な花弁。毒々しいけど繊細で、なんだかエロティックですよね。

彼岸花の名所「常泉寺」

咲き誇る彼岸花(C)コクハク
咲き誇る彼岸花 (C)コクハク

 神奈川県大和市にある「常泉寺」は、そんな彼岸花の名所として知られています。

「かながわ花の名所100選」にも選ばれているそうです。

儚げな印象の白彼岸花

可憐だ…(C)コクハク
可憐だ… (C)コクハク

 筆者が訪れた日は、ちょうど、白い彼岸花が見ごろだということもあり、多くの人がカメラ片手に花を愛でていました。

 白い彼岸花は、赤い彼岸花と黄色い彼岸花の自然交雑種といわれ、繁殖力は弱いのだそう。たしかに儚げな感じですね。

 白い彼岸花の花言葉は「また会う日を楽しみに」「思うのはあなたひとり」だそう。なんか、健気……。

約470体の石仏があります(C)コクハク
約470体の石仏があります (C)コクハク

 境内には約6000株の彼岸花が植えられています。

 石仏のお顔も、お花を愛でているみたい。柔和な表情に見えます。

毒はあるけど…

黄色い彼岸花初めて見た(C)コクハク
黄色い彼岸花初めて見た (C)コクハク

 彼岸花の球根には、強い毒性のある「リコリン」という物質が含まれています。人間が誤食すると激しい下痢や嘔吐に見舞われ、場合によっては呼吸不全や痙攣といった症状を引き起こすことも。

 彼岸花が古くから田畑やお墓の近くに植えられてたのは、その毒性を利用して、モグラやネズミなどから作物やご遺体を守るため。また、江戸時代以前は救荒食物として食用されていたのだそう。球根にはでんぷんが多く含まれており、飢饉などの深刻な食糧難の際は、毒抜きをして食べていたのだとか。

何を言われたって気にしない

誰に何を言われても気にしない(C)コクハク
誰に何を言われても気にしない (C)コクハク

 人々の生活にそっとよりそってきたのに、彼岸花は「葬式花」「死人花」「地獄花」などの異名が……。また、花弁が炎に似ているため「家に持ち帰ると火事になる」なんていう迷信もあります。みんなもっと彼岸花に優しくしようよ。

 とはいえ、まっすぐに伸びた茎に大輪の花をつけた姿はやっぱり美しく、「周りの言うことなんて気にしなくていい」と元気づけられます。

 毒があろうと、忌み嫌われようと堂々と咲き誇る。そんな女性になりたいものです。

(編集K)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...