小室圭さんと眞子さまのご結婚…誰もが反対してはいけない理由

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-10-13 12:39
投稿日:2021-09-25 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。ここ何年も小室圭さんと眞子さまのご結婚について日本中が注目してきました。今年で30歳を迎えられる眞子さまは、かねてから30歳までにご結婚をされたいとおっしゃっていました。筆者の肩書きならではですが、「結婚を反対されている」「娘や息子を結婚させたくない」などと相談に来られる人は少なくありません。しかし、さまざまな相談内容から、結婚したいというカップルがいれば“反対しない方がいい”という結論に私は至っています。今回は皇室のご結婚というよりも、あくまで一般論として解説させていただきます。

反対する一番の理由

結婚に反対する理由とは(写真:iStock)
結婚に反対する理由とは (写真:iStock)

 相談に来られる親御さんたちは、娘や息子の先を心配するからこそ、結婚相手にとやかく口を出すわけです。

 昔のロミオとジュリエットのような、家柄的に敵同士というのはまず今の時代はないですが、どちらかの実家がとても裕福である、地位や名誉のある家柄である、もしくは裕福でなくても子供(娘や息子)が成功して出世した場合などは、親が口を出したくなるようです。

 反対する一番の心理は「幸せを願っている」からでしょう。まれに一人息子や一人娘の親御さんで、自分たちの面倒を見てくれそうな相手かどうかで判断して反対する勝手な毒親もいますが、これは論外です。

消えない怒り

結婚しなければよかったのか(写真:iStock)
結婚しなければよかったのか (写真:iStock)

「離婚を考えています」と相談にくる方々には、なぜ離婚をしたいのかを当然のように質問します。その中でわずかながらも、結婚前に猛反対され押し切って一緒になった方、そして結婚を反対され、その人を泣く泣く諦めて別の人と結婚した方もいらっしゃいます。

 押し切って結婚した方は、「絶対に離婚なんかしない。仲良く暮らして頑張るから」と決意して一緒になったものの、長い結婚生活……そういいことばかりではありません。

 すれ違いの生活や異性問題などで口論が増えた時などに、ふとフラッシュバックするのは結婚前に反対された言葉など。恨みが沸々と再燃してしまうのだそうです。

 反対された側はもちろんですが、反対した側も「やっぱり結婚しない方がよかったのか」と頭によぎるという負のスパイラルがはじまります。反対された側はされたことを決して忘れてはいません。ネガティブな感情にふたをしていただけなので、夫婦関係が悪くなると、ふたが外れて湧き上がってくるのです。

 心に受けた傷は身体の傷と違い、思い出さないようにするのが精一杯です。完治はなかなか難しいものです。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い症候群

相手の親も大嫌いになる(写真:iStock)
相手の親も大嫌いになる (写真:iStock)

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い——皆さまご存じでしょうが、“いったん嫌いになると、その人に関わりのある全てに嫌悪感を抱く心理”の例えですね。

 愛し合って結婚したので、反対はされたけどお互いの親や親戚も大切にしていこうと、姿勢を正した気持ちで新婚生活をスタートします。しかし、時が経つにつれ配偶者が同じ気持ちを維持しているとは限りません。夫婦のボタンの掛け違いは大なり小なり起こります。

 これが浮気などの異性問題なら、反対されて一緒になったので、どちらの親にも言えません。苦しみに耐えていると、いつか憎しみに変化していくわけですね。そうなると、坊主憎けりゃ症候群で相手の親のことも大嫌いになっていきます。

 これは過去に2人を祝福して可愛がってくれていれば、そこまでには至らないのです。

誰にも先のことはわからないのが人生

相手の女性は振り袖姿で…(写真:iStock)
相手の女性は振り袖姿で… (写真:iStock)

 仲良しで大好きな人と結ばれても、性格の不一致で離婚します(男女ともに離婚理由1位)。お互いに家柄的にOKで、人柄も申し分がなくても、夫婦間がうまく行く保証はどこにもありません。

 ある男性がお見合いをした時のことです。相手の女性のことが気に入らずお断りをしようと、直接先方の実家を訪れた際、見合い相手の女性は振袖を着て、ほかの皆までもが正装で豪華な食事を用意されていました。

 あまりの歓迎ぶりから、見合いを断われなくなった男性は仕方なく結婚しましたが、今も仲良く連れ添って35年経っています。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


モテ期と錯覚した女の孤独 フェイクと本物の明確な違いは?
「私、モテ期かも……」と複数の男性とのやりとりを楽しんでいたつもりなのに、気がついたら孤独になっていた。そんな女性が増え...
内藤みか 2022-10-06 06:00 ラブ
あなたはふりかけ星人?「料理にケチをつける男」対処法4つ
 料理にケチをつける男にイライラした経験のある人は多いですよね。普通の仕事とは違い、家事には休みも定年もお給料もありませ...
恋バナ調査隊 2022-10-06 06:00 ラブ
彼から愛され続ける究極の方法は…“インフラ的な存在”になる
 パートナーのことが好きであればあるほど、彼にとっての一番大切な存在になりたいですよね。 「元カノや、他の女性に目移り...
若林杏樹 2022-10-05 06:00 ラブ
えぐ!鬼嫁の仰天インスタ3選 夫婦喧嘩のスクショをガチ投稿
「鬼嫁」と呼ばれる女性の中にはSNSでも、その鬼嫁っぷりを惜しげなく露呈している人もいるようです。  一方、“いい奥さ...
並木まき 2022-10-05 06:00 ラブ
体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ