小室圭さんと眞子さまのご結婚…誰もが反対してはいけない理由

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-10-13 12:39
投稿日:2021-09-25 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。ここ何年も小室圭さんと眞子さまのご結婚について日本中が注目してきました。今年で30歳を迎えられる眞子さまは、かねてから30歳までにご結婚をされたいとおっしゃっていました。筆者の肩書きならではですが、「結婚を反対されている」「娘や息子を結婚させたくない」などと相談に来られる人は少なくありません。しかし、さまざまな相談内容から、結婚したいというカップルがいれば“反対しない方がいい”という結論に私は至っています。今回は皇室のご結婚というよりも、あくまで一般論として解説させていただきます。

反対する一番の理由

結婚に反対する理由とは(写真:iStock)
結婚に反対する理由とは (写真:iStock)

 相談に来られる親御さんたちは、娘や息子の先を心配するからこそ、結婚相手にとやかく口を出すわけです。

 昔のロミオとジュリエットのような、家柄的に敵同士というのはまず今の時代はないですが、どちらかの実家がとても裕福である、地位や名誉のある家柄である、もしくは裕福でなくても子供(娘や息子)が成功して出世した場合などは、親が口を出したくなるようです。

 反対する一番の心理は「幸せを願っている」からでしょう。まれに一人息子や一人娘の親御さんで、自分たちの面倒を見てくれそうな相手かどうかで判断して反対する勝手な毒親もいますが、これは論外です。

消えない怒り

結婚しなければよかったのか(写真:iStock)
結婚しなければよかったのか (写真:iStock)

「離婚を考えています」と相談にくる方々には、なぜ離婚をしたいのかを当然のように質問します。その中でわずかながらも、結婚前に猛反対され押し切って一緒になった方、そして結婚を反対され、その人を泣く泣く諦めて別の人と結婚した方もいらっしゃいます。

 押し切って結婚した方は、「絶対に離婚なんかしない。仲良く暮らして頑張るから」と決意して一緒になったものの、長い結婚生活……そういいことばかりではありません。

 すれ違いの生活や異性問題などで口論が増えた時などに、ふとフラッシュバックするのは結婚前に反対された言葉など。恨みが沸々と再燃してしまうのだそうです。

 反対された側はもちろんですが、反対した側も「やっぱり結婚しない方がよかったのか」と頭によぎるという負のスパイラルがはじまります。反対された側はされたことを決して忘れてはいません。ネガティブな感情にふたをしていただけなので、夫婦関係が悪くなると、ふたが外れて湧き上がってくるのです。

 心に受けた傷は身体の傷と違い、思い出さないようにするのが精一杯です。完治はなかなか難しいものです。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い症候群

相手の親も大嫌いになる(写真:iStock)
相手の親も大嫌いになる (写真:iStock)

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い——皆さまご存じでしょうが、“いったん嫌いになると、その人に関わりのある全てに嫌悪感を抱く心理”の例えですね。

 愛し合って結婚したので、反対はされたけどお互いの親や親戚も大切にしていこうと、姿勢を正した気持ちで新婚生活をスタートします。しかし、時が経つにつれ配偶者が同じ気持ちを維持しているとは限りません。夫婦のボタンの掛け違いは大なり小なり起こります。

 これが浮気などの異性問題なら、反対されて一緒になったので、どちらの親にも言えません。苦しみに耐えていると、いつか憎しみに変化していくわけですね。そうなると、坊主憎けりゃ症候群で相手の親のことも大嫌いになっていきます。

 これは過去に2人を祝福して可愛がってくれていれば、そこまでには至らないのです。

誰にも先のことはわからないのが人生

相手の女性は振り袖姿で…(写真:iStock)
相手の女性は振り袖姿で… (写真:iStock)

 仲良しで大好きな人と結ばれても、性格の不一致で離婚します(男女ともに離婚理由1位)。お互いに家柄的にOKで、人柄も申し分がなくても、夫婦間がうまく行く保証はどこにもありません。

 ある男性がお見合いをした時のことです。相手の女性のことが気に入らずお断りをしようと、直接先方の実家を訪れた際、見合い相手の女性は振袖を着て、ほかの皆までもが正装で豪華な食事を用意されていました。

 あまりの歓迎ぶりから、見合いを断われなくなった男性は仕方なく結婚しましたが、今も仲良く連れ添って35年経っています。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ