本当に離婚でいいの? 別居期間で歩み寄れた夫婦のケース

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-10-17 06:00
投稿日:2020-10-17 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。この人とはもう無理!やっていけない!と離婚が頭をよぎる人って多いはずです。本気で考え始めると“離婚するかしない”の二択で悩まれる方が殆どです。つまり白か黒。丁か半と言ったところでしょうか。借金が降りかかってくる、好きな人ができて一緒になりたい、などの緊急性がない限り、どんなに嫌いでも急いで籍を抜く必要はないですよね。そこで今回は本気の別居から数年以上経ってから歩み寄れた、そんな夫婦の深いい話をいくつかご紹介したいと思います。

浮気をする男の3大特徴

別居という選択肢も(写真:iStock)
別居という選択肢も (写真:iStock)

 B子さん(48=専業主婦)は、25歳の時に実家が経営する喫茶店のお手伝いをしていました。

 5歳上で親の会社を継いだという常連客に見初められ、毎日口説かれていたそうです。当時のことを振り返り「顔はイマイチなんですが、話が面白くてお店もよく知っていて、マメで強引な人」――そんな感想を持ったそうですが、お店を仕切る母親は大反対。

 なぜなら積極的でマメでお金を持つ男は必ず浮気をすると言い切ったのです。

 まだ若かったB子さんは、そんな言葉に耳を貸すわけがありません。知り合って半年でゴールイン。一緒にいて楽しいはずの夫との生活は、妊娠~出産を経て徐々に変化していきました。

泣きながら帰宅した夫が話してくれたこと

 毎晩帰宅が遅くなった夫のカバンには「女の使用済みのパンツとかも入っていたんですよ」と笑いながら話すB子さん。

 旦那さんを問い詰めると「知らん!誰かが俺のカバンにパンツ入れよったんや!」とシラを切る始末で、子育てに忙しいB子さんは、それ以上追及してもムダだと諦めて淡々と生活をしていたそうです。

 ある夜中の12時過ぎ、お酒の入った夫から無言電話が入り「どうしたの?何かあった?」と心配になり優しく答えた途端、

「聞いてくれっ~うっうっ。あいつにさっきフラれた!この俺を!うっうっ。今からタクシーで帰るから俺が何でフラれたか教えてくれっ!」

 泣きながらそう言い残し帰宅した夫は、妻であるA子さんに浮気相手の女にフラれた怒りと悲しみをぶつけ、延々と相談していたそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ