別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-10-17 03:46
投稿日:2021-10-16 06:00
冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツロウさんに対して不満を募らせる女性・ミカさんの怒りをご紹介しました。では、ミカさんの恋人であるエツロウさんは、今のふたりについて、どのように考えているのでしょうか。

実はとっくに気持ちは冷めていた

付き合っているころから合わないなと…(写真:iStock)
付き合っているころから合わないなと… (写真:iStock)

「うーん……。こんな言い方は良くないとはわかっていますが、ひとことで言うと、ミカに対しては、とっくに気持ちが冷めちゃっています」

 とても言いにくそうではあるものの、はっきりと「恋人への愛情はすでにない」と断言したエツロウさん。いったい、どういうことなのでしょうか。

「ぶっちゃけコロナ禍を理由に会わないよう演技していますが、実はその前から、ミカに対しては『あ、違うな』って思っていたんです。

 付き合って3ヶ月目くらいになったときに、カラダの相性も性格も、自分とは合わないなぁって感じて、あんまり長く付き合う関係にはならないだろうなって思っていたんですけど、そんなときにコロナ禍になっちゃって、緊急事態宣言なんかもあって、別れ話をする時機を逃しちゃったんですよ……」

コロナ禍で別れ話を先送りしていたら

どうしてまだ連絡してくるんだろう(写真:iStock)
どうしてまだ連絡してくるんだろう (写真:iStock)

 別れ話は、電話ではなく対面でするポリシーだというエツロウさん。しかし今回は、直接会うのが難しいご時世であったことから、即行動にうつせないまま時間が過ぎてしまい、そのまま行動に移すのが面倒くさくなって、今に至るとのこと。

「ぶっちゃけた話、今は付き合っているって言っても、本当に形式だけで中身がないですよ!だから、そのうちに自然消滅になるのかなって思っていたけれど、ミカが頻繁に連絡してくるので、それに応じていると、結局ズルズルと連絡を取り続けることになっちゃってて。

 別れ話をしていないんだから当然と言えば当然ですけど、こんな状態が1年以上続いていることには、自分でも情けないし、びっくりしています」

 エツロウさん自身は「どこかできちんとしなくてはいけない」とはわかっているそうですが、もはや数ヶ月も顔を見ていない関係になっている恋人に対して「空気を読んでほしいな」という気持ちもあるのだそうです。

勝手に自然消滅すればいいのに

そろそろケジメをつけないと(写真:iStock)
そろそろケジメをつけないと (写真:iStock)

「いや、都合いい話だってのはわかっているんですけど、今更、ミカを呼び出して別れ話をして……っていうのも、なんかマヌケな感じだし、こんな関係だったら付き合っていても意味がないってことにミカが気づいて、勝手に自然消滅してくれればいいのになぁっていうのが本心です。

 たった3ヶ月しか濃密な時間を過ごしていないのに、なんでミカが今でも僕に対して“彼氏”としての姿を求め続けるのか、会ってもいないのにテンションをキープできているのか、そっちのほうが僕は不思議です。

 このままミカが連絡をし続けてくるなら、近いうちに会って、ちゃんと終わりにしないといけないですよね。

 今、ミカ以外に好きな女性がいるとかじゃないので、なんとなく後回しにしちゃっていたんですが、ミカがまだ僕に期待しているところがあるのであれば、いつまでも期待させ続けるのも申し訳ないので、このへんでちゃんとケジメをつけなくちゃなと思います」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ