自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-24 06:00
投稿日:2021-02-24 06:00
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてしまうもの。とはいえ、自然消滅だと判断する期間や方法は人それぞれですので、何を基準に判断して良いのかわからない人も多いでしょう。そこで今回は、自然消滅の期間や、男性が彼女と距離を置いてしまう原因&回避する方法を詳しくご紹介したいと思います!

自然消滅とは? どれくらいの期間で判断できる?

あんなに好きだったのにね(写真:iStock)
あんなに好きだったのにね (写真:iStock)

「自然消滅」とは、“お互いが別れの言葉を言わないまま、自然に交際関係が終わってしまう状態”のことを言います。少しずつ連絡が取れなくなっていく場合も多いようですが、中には急に連絡が途絶えてしまうパターンもあるようです。

 もちろん、「◯日連絡が取れなかったら自然消滅」という定義はありません。そのため、どのタイミングで自然消滅だと判断するのかは人それぞれ。彼の態度が「いつもと違う」と感じた場合は、注意が必要です。

男性が彼女と距離を置いてしまう5つの原因

一緒にいても盛り上がらない…(写真:iStock)
一緒にいても盛り上がらない… (写真:iStock)

 あなた自身が別れを望んでいないのであれば、自然消滅になってしまう危険性は彼からの連絡の頻度と比例します。そうならないためには、男性が彼女から離れてしまう原因を知ることが大事。まずは、男性が彼女と距離を置いてしまう5つの原因を見ていきましょう。

1. 仕事が忙しくなった

 男性にとって、仕事が忙しくなることは喜ばしいことでもありますが、男性は仕事に集中するあまり、彼女に会う時間や連絡する時間をすっかり忘れてしまうことがあります。

 決して嫌いになったわけではありませんが、「今は彼女よりも仕事が大事」と思われてしまうと、自然消滅の危険も高くなってしまいます。

2. 一緒にいても楽しくなくなった

 付き合った当初は、二人で過ごす時間がなによりも楽しかったはず。しかし、付き合う期間が長くなるにつれて一緒にいても楽しくなくなったり、ほかにもっと楽しいことができてしまうと、自然消滅の可能性が出てくるでしょう。

 男性はとにかく楽しいことが大好きですので、意識していなくても自然と楽しいほうに足が向いてしまうもの。彼女以外に楽しいことが多くなってしまうと、最悪の場合、連絡が途絶えてしまうかもしれません。

3. ほかに気になる人ができた

 ほかに気になる人ができてしまった場合も、自然消滅が起こりやすいです。別れを決断していても「ほかに好きな人ができた」とは言い出せずに、連絡しづらくなってしまうのです。

 彼の態度が以前と比べて「そっけなくなった」「距離を感じた」という場合は、もしかしたら自然消滅のサインであるかもしれません。

4. 別れ際に喧嘩をしてしまった

 彼と最後に会ったに、些細なことで喧嘩をしてギクシャクしたまま別れてはいませんか? もし、思い当たることがあるなら、その喧嘩が原因で距離を置かれてしまっている可能性も考えられます。

 喧嘩の後に仲直りできていない状態が長く続くと、謝るタイミングがわからなくなり、そのまま自然消滅することもあるので気を付けましょう。

5. 遠距離恋愛で少しずつ気持ちが離れてしまった

 カップルが一番自然消滅しやすい状況が、遠距離恋愛だと言われています。仕事の都合で離れ離れになってしまうことは仕方がないことですが、心まで離れてしまうのは悲しいことですね。

 最初のうちは頻繫に連絡を取っていたり、長期休暇のたびに会いに行っていても、徐々にその回数が減って自然消滅に発展してしまうこともあります。

自然消滅にならないためには? 回避する3つの方法

2人の時間を大切に(写真:iStock)
2人の時間を大切に (写真:iStock)

 二人が「別れても仕方ない」と思っている場合は、自然消滅を回避するのは難しいかもしれません。しかし、あなたの中に「別れたくない」という気持ちがあるなら、自然消滅を回避できる可能性は十分あります。ぜひ、最後まで諦めずにチャレンジしてみてくださいね。

1. 距離が置かれてしまった理由を考える

 まず第一に、彼に距離を置かれてしまった理由を考え、解決方法を導き出しましょう。彼がなぜあなたと距離を置き始めたのかがわかれば、解決策が見えてくるはず。

 彼との連絡が減り始めた頃の自分の行動を、今一度よく思い出してみましょう。自分の悪い部分を直す姿勢を見せれば、彼の気持ちも変わるかもしれませんよ。

2. 彼との連絡が途絶えないようにする

 彼から連絡が来ることを、当たり前だと思っていませんか? 恋愛は、連絡を待つだけの受け身ではいけません。

 自然消滅になりたくないなら、連絡が途絶えないようにすることも大切。他愛もない内容でも構いませんので、自分から彼に連絡をすることを習慣にしましょう。

3. 二人で過ごせる時間を大切にする

 カップルにとって、二人で過ごす時間はなによりも大切なもの。その時間をないがしろにしてしまうと、気持ちは自然と少しずつ離れてしまいます。

 そうならないためにも、二人で過ごせる時間を大切にしましょう。お互いが同じ気持ちを共有できれば、自然消滅なんて起こらないはずです。

自然消滅にならないために“一定の期間”を決めて彼に連絡しよう!

一定の期間で連絡を(写真:iStock)
一定の期間で連絡を (写真:iStock)

 付き合っている彼氏との間に距離を感じてしまうと、「自然消滅するのかな」と、とても不安な気持ちになりますよね。しかし、そのまま放置していても状況は良くなりません。

 自然消滅にならないためには、「一定の期間」を決めて、あなたから彼に積極的に連絡することを心がけてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ