断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)

コクハク編集部
更新日:2021-10-22 06:00
投稿日:2021-10-22 06:00
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。このままじゃいけないと一念発起し断捨離をすることにしました。
 とはいえ、物を捨てることに罪悪感……。まだ着られるのにもったいないと思ってしまうんです。どうせ着ないのにね。貧乏性ですな。なので今回は「古着deワクチン」というサービスを使うことにしました。

「古着deワクチン」とは

お礼のお手紙と専用回収キット(C)コクハク
お礼のお手紙と専用回収キット (C)コクハク

「古着deワクチン」とは、不要な衣類や服飾雑貨をリサイクルすることで、国内外の雇用を創出し、さらに開発途上国の子どもたちにポリオワクチンが届けられるというサービスです。回収キット一口で5人の命を救うことができるそうです。

 クロゼットもスッキリするし人助けにもなる。一石二鳥ですね。

 HPで専用回収キット(税込み3300円)を購入すると、2、3日でこのような形で届きます。

紙製だけど丈夫なんです(C)コクハク
紙製だけど丈夫なんです (C)コクハク

 早速回収キットを広げてみると……。

 おお、でかい! 長辺は約160センチほどあります。

 紙だけど強度は大丈夫? 破れてしまうのでは? という心配は無用。なんと25キロ程度までは問題なく耐えられるのだそう。

ランニングシューズもOK

「古着deワクチン」の回収キットに入れていいものはこちら。

・衣類
・バッグ
・靴
・帽子
・ベルト
・サングラス
・未使用のタオル・シーツ
・アクセサリー
・ネクタイ
・マフラー
・ストール
・スカーフ

まだまだ履けるけど、ランニング用としてはお役御免(C)コクハク
まだまだ履けるけど、ランニング用としてはお役御免 (C)コクハク

 洋服だけでなく、靴や雑貨も詰められるのがありがたい!

 朝のランニングが日課な筆者は、シューズをこまめに買い替えます。走り方に変な癖があるので、すぐにソールが削れてしまうんですよ。とはいえ、靴としてはまだまだ履けるんですよね。

 ああ、もったいないなあ……と今までは泣く泣く捨てていましたが、どこかの国で誰かの役に立つのならうれしいことです。

思い出の服にも行ってらっしゃい

誰かの思い出になりますように(C)コクハク
誰かの思い出になりますように (C)コクハク

 ただでさえ物を捨てられない性格なのに、その品物に思い出があったりしたらなおさらですよね。

 左は夫に初めて買ってもらったコート、右は母からもらったジャケットです。どちらも衣替えの度に、もう着ることはないだろうけど手放すのは惜しいと躊躇していました。

 ですが! 名残惜しいけど、旅に出てもらうことにします。また誰かの素敵な思い出になるといいな。

捨てられないTシャツたち

いっぱい走ったなあ…(C)コクハク
いっぱい走ったなあ… (C)コクハク

 これまた捨てられないのが、マラソン大会の参加賞Tシャツです。あんなにしんどい思いして走ったんだから、捨ててしまうのはなんか悔しい!

 とはいえ、一体何枚あるんだ? と数えたところ19枚もありました。いっぱい走ったんだな。うん、そんなにいらんわ。コロナ禍が収束したらまたマラソン大会に参加するしな。きっとまたどんどん増えていくはず。

 どこかの国の誰かが、日本のマラソン大会のTシャツを着てると想像するとちょっと楽しい。

梱包作業は玄関で!

何でこれ買ったん? というものもたくさんありました(C)コクハク
何でこれ買ったん? というものもたくさんありました (C)コクハク

 袋いっぱいに詰めたらガムテープでしっかりと閉じて、佐川急便さんに集荷に来てもらいます。

 回収キットに「中身が重くなるので、玄関で詰めると楽です」という注意書きがあるのですが、本当にその通り! かなり重くなります。

なんぞ、これ?(C)コクハク
なんぞ、これ? (C)コクハク

 突然、玄関に現れた謎の巨大な物体にもん様も困惑気味です。

おわりに

第何世代だろ?(C)コクハク
第何世代だろ? (C)コクハク

 何年も使っていなかったバックから、懐かしのiPodも出てきました。

 残念ながら電源は入らず。っていうか、iPodを失くしたことさえ忘れていたよ。ごめんね……。

 これからは、もっと物を大事にしようと心から反省したのでした。

 断捨離で社会貢献ができる「古着deワクチン」のHPはこちら

(編集K)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”同士がイチャイチャ♡にゃんたま島でBL現場を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「茹でた孫食べた」平和だー!天然ママとの“爆笑”誤変換LINE
 家族同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。実は、毎日何気なく送り合っているLINEの中には、見過ごせない爆笑誤変換...
LINEで嫁姑バトル勃発!「といいますと?」連発攻撃の行方は
 近年、お姑さんと同居する二世帯住宅が増えています。経済的、子育て的にもメリットがあるのは事実ですが、やはり嫁姑バトルが...