手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)

コクハク編集部
更新日:2021-10-17 06:00
投稿日:2021-10-17 06:00

ズボラさんも大喜び

こちら「野菜の重ね煮」です(C)コクハク
こちら「野菜の重ね煮」です (C)コクハク

 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げたいですよね。とはいえ、毎日料理するのは面倒くさい……。ええ、ズボラですとも。「面倒くさい」って、人生で一番使っている言葉だと思う。

 そんな時に便利なのが、万能常備菜の「野菜の重ね煮」です。

順序良く重ねることで食材が調和するとな

冷蔵庫にありがちな3種類(C)コクハク
冷蔵庫にありがちな3種類 (C)コクハク

 作り方はとっても簡単。好みの野菜をお鍋の中に重ねて塩を加えて煮るだけ。水は使わず、野菜の水分だけで調理するので蒸すというイメージの方が近いかもしれません。コツは野菜の重ね方です。下から順番に

 きのこ類→海藻類→果菜類→葉物類→いも類→根菜類の順番で重ねます。

 なんでも東洋ではすべての食材に対し陰と陽があり、陰陽それぞれの野菜を鍋の中に順序良く重ねて入れることで、食材が調和するのだそう。「野菜の重ね煮」は、食養料理家の小川法慶先生によって考案された調理方法とのことです。

 今回は冷蔵庫にあったキノコ、タマネギ、ニンジンの3種類で作ってみようと思います。

キノコ、タマネギ、ニンジンの重ね煮の作り方

キノコをドーン!(C)コクハク
キノコをドーン! (C)コクハク

1. ひとつまみの塩を鍋の底に振る
2. いしづきを取ったキノコ(今回はブナシメジです)を入れる

タマネギをワシャ―!(C)コクハク
タマネギをワシャ―! (C)コクハク

3. 薄切りにしたタマネギを入れる

ニンジンをドサーッ!(C)コクハク
ニンジンをドサーッ! (C)コクハク

4. 千切りにしたニンジンを入れる

塩をパラッとしてから蓋をポン(C)コクハク
塩をパラッとしてから蓋をポン (C)コクハク

5. 上からてのひらで軽く押し平たくする
6. 塩をひとつまみ振りかけたら蓋をして弱火で煮る
7. 野菜のいい香りがして来たらできあがり

 ニンジンを千切りにするのがちょっと手間なくらいであとは基本的に放置です。野菜同士で勝手においしくなってくれます。

 分量は適当です(キリッ)! それぞれ好みのバランスでどうぞ。ちなみに、筆者はタマネギが大好きなのでいつも多めに入れています。

 野菜の水分を使うので、蒸気が逃げないようにしっかりと密封できる蓋を選んでくださいね。

 鍋に入れたまま粗熱が取れるまでほったらかしにし、その後、優しくかき混ぜて素材をミックスさせてから大きめのタッパーに入れて保存。冷蔵庫で5日ほど持ちます。小分けにして冷凍庫で保存するのもアリです。

あなた好みにアレンジを

野菜だけのヘルシーポテサラちゃん♪(C)コクハク
野菜だけのヘルシーポテサラちゃん♪ (C)コクハク

 勿論そのまま食べてもおいしいのですが、アレンジが利くのが「野菜の重ね煮」のよいところ。

 塩茹でして、つぶしたジャガイモと混ぜれば、あっという間にポテトサラダに大変身。

 野菜のうまみがたっぷりなので、マヨネーズや卵を加えなくてもおいしくいただけます。カロリー大幅カットでとってもヘルシー。

出汁いらずで手間いらず♪(C)コクハク
出汁いらずで手間いらず♪ (C)コクハク

 お味噌汁もおすすめです。出汁を取る必要がないので時短にもなります。みじん切りにして、ハンバーグやカレーに入れてもいいですよー。

 手軽にたっぷり栄養が取れる「野菜の重ね煮」。ぜひお試しくださいませ。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


価格2倍のボージョレは無理!感動級“山梨ヌーボー”はいかが
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-30 06:00 フード
新食感! ファミマ新作スイーツ実食ルポ 2022.11.29(火)
 11月も残すところあと1日。冬の気配が近づいています。寒くなると甘いものが欲しくなりません? つめたーい風にこわばった...
「へしこあぶり梅干しの大根サラダ」白ワインと一緒にどうぞ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「車麩と谷口屋の油揚げ 福地鶏のピリ辛煮」ダシがしみしみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...
脳がバグる「カップヌードル 餃子 ビッグ」2022.11.10(木)
「すいませーん、ラーメンと餃子ください」  40年ちょい生きてきて過去何回、このセリフを言ったことでしょう。ラーメンと...
「『大芽園』風焼きそば」麺とモヤシ! 今はなき“名店”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...
爆速「オートミールお好み焼き」フライパンでまぜて焼く!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-07 06:00 フード
つまみになるご飯!「納豆チャーハン」をパラパラに作るコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...