手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)

コクハク編集部
更新日:2021-10-17 06:00
投稿日:2021-10-17 06:00

ズボラさんも大喜び

こちら「野菜の重ね煮」です(C)コクハク
こちら「野菜の重ね煮」です (C)コクハク

 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げたいですよね。とはいえ、毎日料理するのは面倒くさい……。ええ、ズボラですとも。「面倒くさい」って、人生で一番使っている言葉だと思う。

 そんな時に便利なのが、万能常備菜の「野菜の重ね煮」です。

順序良く重ねることで食材が調和するとな

冷蔵庫にありがちな3種類(C)コクハク
冷蔵庫にありがちな3種類 (C)コクハク

 作り方はとっても簡単。好みの野菜をお鍋の中に重ねて塩を加えて煮るだけ。水は使わず、野菜の水分だけで調理するので蒸すというイメージの方が近いかもしれません。コツは野菜の重ね方です。下から順番に

 きのこ類→海藻類→果菜類→葉物類→いも類→根菜類の順番で重ねます。

 なんでも東洋ではすべての食材に対し陰と陽があり、陰陽それぞれの野菜を鍋の中に順序良く重ねて入れることで、食材が調和するのだそう。「野菜の重ね煮」は、食養料理家の小川法慶先生によって考案された調理方法とのことです。

 今回は冷蔵庫にあったキノコ、タマネギ、ニンジンの3種類で作ってみようと思います。

キノコ、タマネギ、ニンジンの重ね煮の作り方

キノコをドーン!(C)コクハク
キノコをドーン! (C)コクハク

1. ひとつまみの塩を鍋の底に振る
2. いしづきを取ったキノコ(今回はブナシメジです)を入れる

タマネギをワシャ―!(C)コクハク
タマネギをワシャ―! (C)コクハク

3. 薄切りにしたタマネギを入れる

ニンジンをドサーッ!(C)コクハク
ニンジンをドサーッ! (C)コクハク

4. 千切りにしたニンジンを入れる

塩をパラッとしてから蓋をポン(C)コクハク
塩をパラッとしてから蓋をポン (C)コクハク

5. 上からてのひらで軽く押し平たくする
6. 塩をひとつまみ振りかけたら蓋をして弱火で煮る
7. 野菜のいい香りがして来たらできあがり

 ニンジンを千切りにするのがちょっと手間なくらいであとは基本的に放置です。野菜同士で勝手においしくなってくれます。

 分量は適当です(キリッ)! それぞれ好みのバランスでどうぞ。ちなみに、筆者はタマネギが大好きなのでいつも多めに入れています。

 野菜の水分を使うので、蒸気が逃げないようにしっかりと密封できる蓋を選んでくださいね。

 鍋に入れたまま粗熱が取れるまでほったらかしにし、その後、優しくかき混ぜて素材をミックスさせてから大きめのタッパーに入れて保存。冷蔵庫で5日ほど持ちます。小分けにして冷凍庫で保存するのもアリです。

あなた好みにアレンジを

野菜だけのヘルシーポテサラちゃん♪(C)コクハク
野菜だけのヘルシーポテサラちゃん♪ (C)コクハク

 勿論そのまま食べてもおいしいのですが、アレンジが利くのが「野菜の重ね煮」のよいところ。

 塩茹でして、つぶしたジャガイモと混ぜれば、あっという間にポテトサラダに大変身。

 野菜のうまみがたっぷりなので、マヨネーズや卵を加えなくてもおいしくいただけます。カロリー大幅カットでとってもヘルシー。

出汁いらずで手間いらず♪(C)コクハク
出汁いらずで手間いらず♪ (C)コクハク

 お味噌汁もおすすめです。出汁を取る必要がないので時短にもなります。みじん切りにして、ハンバーグやカレーに入れてもいいですよー。

 手軽にたっぷり栄養が取れる「野菜の重ね煮」。ぜひお試しくださいませ。

(編集K)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

フード 新着一覧


「夏野菜の酒蒸し」アサリの旨味とバターのコクで野菜を食す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、貝のダ...
ドクダミの代わりに干し納豆でもOK「ドクダミの根と干し肉の炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、本場貴州...
ワインもここまで本格派!? 「RAMEN MATSUI」で五臓六腑に沁みる2杯を
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-06-05 11:12 フード
キモは塩水2.5%!禁断症状が出るくらいうまいすりごま海苔もやしナムル
 男は裏切っても、もやしは裏切らない。そう信じてやまないアラフィフ女です。今宵も(!)晩酌のお供は「もやしナムル」。 ...
中国・貴州省の豆豉を日本の納豆で作った!「干し納豆炒め」でカンパーイ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、納豆好き...
追いスパイス不可避! 「ペヤング スパイスカレーやきそば」は思ったよりフツーのカレーだった
 5月20日、まるか食品からみんな大好きペヤングシリーズの新商品が発売されました。その名も「ペヤング スパイスカレーやき...
ちょい面倒でも高野豆腐は必須!「高野豆腐の揚げ浸しと牛肉の治部煮」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに、...
“366日”休肝日ナシでも悪酔いせず!鉄板の2日酔い対策~ワインプロ実践
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-05-22 06:00 フード
600円は高い?安い?実力派ジェラートを実食「1つだけ」気になったこと
 5月だというのに東京は24度…。ぽかぽか陽気の日はアイスが欲しくなりますよね。東京・阿佐ヶ谷に“行列のできるジェラート...
【ルポ】「ファミチキ おむすび」完食→無性にファミチキ食べたくなる謎
 ファミリーマートから新おむすびが爆誕しました!  その名も「サンドおむすび ファミチキ」。そう、みんな大好きファ...
デザート? ツマミ?絶妙なパルミジャーノが香るオトナのチーズケーキ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
下茹で2分、煮込み2分!「鶏レバーの甘辛煮」は火入れが命
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の「牛肉割烹 汐華」の五味誠治さんに、...
値上げ前に買う【ワインプロ選】地上最強1000円台チリ産赤ワインはコレ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-05-08 06:00 フード
BBQに憧れる40女、ほりにしコラボの日清焼そばU.F.O.に焦げ野菜をIN
 はい、GWも終わりましたね。なんですか、世間では10連休取れた方もいらっしゃるとか? 羨ましい限りですなあ。うん、普通...
コリコリじゃなくてムニュ!?「ピーマン砂肝炒め」は火加減がキモ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
レモンの風味が初夏にピッタリ「ヤム・プラームック」でビールをグビリ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...