なかなか恋愛モードに入れない干物女子は“匂い”から入ろう

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-15 03:04
投稿日:2019-03-02 06:00
恋の仕方、忘れちゃった(写真:iStock)
恋の仕方、忘れちゃった (写真:iStock)

「最後に付き合ったのいつだったっけ?」

 ある調査では彼氏が現在いない女性のうち、なんと40%以上が5年以上彼氏がいないという結果も。

 恋愛も間があいてしまうと、恋愛スイッチの入れ方を忘れてしまい、人と会ってもなかなか好きになれない、という女性も結構いらっしゃるのでは?

 30代以上になり結婚を意識しだすと、年収や価値観、ライフスタイルなどいろいろなことを考えすぎてしまい、好きな気持ちにブレーキがかかりやすくなってしまいますよね。

 そこで、こうした恋愛スイッチ不感症な女性にぜひお試しいただきたい方法が、「匂い」スイッチです。

恋愛感情と匂いの関係は?

くんくんくん…(写真:iStock)
くんくんくん… (写真:iStock)

 匂いは、恋愛感情と大きく結びついています。匂いを嗅いだ瞬間に、「いい匂い」と感じると、恋愛感情をもったときと同じ脳内物質がでるのです。

 人間の血液にはHLAと呼ばれる白血球のパターンがあり、人は自分と違うパターンのHLAを持つ異性のニオイにひかれる傾向があるそうです。

 つまり、嗅いだ瞬間に「いい匂いかも」と感じることができれば、脳内で「好きかも」という恋愛回路が活性化して、干上がった恋の湧水が溢れるようになるのです。

出会ったらまず嗅いでみよう

 それでは、初対面でも可能な、スマートな匂いの嗅ぎ方をご紹介しましょう。

1. ストレートに言ってみる

「私、匂いフェチなんですよ?」

 男性は、女性の「○○フェチ」という言葉が大好きです。このフェチという単語をひとつ付けるだけで、あらゆる行動が正当化されるのです。

 筋肉フェチなら腕の筋肉を触る、お腹フェチならお腹周りを触る、そして匂いフェチなら頭皮の匂いを嗅ぐ。

 これらの行動が、ごく自然に許容される万能ワード、それが「フェチ」です。

2. エスカレーターで嗅いでみる

 身長の高い男性の場合、エスカレーターは匂いを嗅ぐ絶好ポイント。1段高いところにいるあなたの目の前に、ちょうど男性の頭皮が。少し距離を近づくだけで、約10秒間の嗅ぎ放題タイムのスタートです。

3. 国際的なフリをして、手の甲の匂いを嗅いでみる

 外国人が、映画やドラマでよくやる行為に手の甲にキスというものがあります。手の甲のキスは、「単なる挨拶ですよ?」という言い訳が非常にしやすいのもポイント。1週間くらいの海外旅行でも、「私海外暮らしが長かったから」というエピソードでも会話の中で入れておいて、帰国子女感を演出しましょう。

「ひとまず相手の匂いを嗅いでみる」

 というところから始まる恋愛スイッチは、恋愛リハビリとしても大変有効ですので、しばらくご無沙汰してしまった皆さんは、ぜひ一度トライして見てくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-23 06:00 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ