なかなか恋愛モードに入れない干物女子は“匂い”から入ろう

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2019-04-15 03:04
投稿日:2019-03-02 06:00
恋の仕方、忘れちゃった(写真:iStock)
恋の仕方、忘れちゃった (写真:iStock)

「最後に付き合ったのいつだったっけ?」

 ある調査では彼氏が現在いない女性のうち、なんと40%以上が5年以上彼氏がいないという結果も。

 恋愛も間があいてしまうと、恋愛スイッチの入れ方を忘れてしまい、人と会ってもなかなか好きになれない、という女性も結構いらっしゃるのでは?

 30代以上になり結婚を意識しだすと、年収や価値観、ライフスタイルなどいろいろなことを考えすぎてしまい、好きな気持ちにブレーキがかかりやすくなってしまいますよね。

 そこで、こうした恋愛スイッチ不感症な女性にぜひお試しいただきたい方法が、「匂い」スイッチです。

恋愛感情と匂いの関係は?

くんくんくん…(写真:iStock)
くんくんくん… (写真:iStock)

 匂いは、恋愛感情と大きく結びついています。匂いを嗅いだ瞬間に、「いい匂い」と感じると、恋愛感情をもったときと同じ脳内物質がでるのです。

 人間の血液にはHLAと呼ばれる白血球のパターンがあり、人は自分と違うパターンのHLAを持つ異性のニオイにひかれる傾向があるそうです。

 つまり、嗅いだ瞬間に「いい匂いかも」と感じることができれば、脳内で「好きかも」という恋愛回路が活性化して、干上がった恋の湧水が溢れるようになるのです。

出会ったらまず嗅いでみよう

 それでは、初対面でも可能な、スマートな匂いの嗅ぎ方をご紹介しましょう。

1. ストレートに言ってみる

「私、匂いフェチなんですよ?」

 男性は、女性の「○○フェチ」という言葉が大好きです。このフェチという単語をひとつ付けるだけで、あらゆる行動が正当化されるのです。

 筋肉フェチなら腕の筋肉を触る、お腹フェチならお腹周りを触る、そして匂いフェチなら頭皮の匂いを嗅ぐ。

 これらの行動が、ごく自然に許容される万能ワード、それが「フェチ」です。

2. エスカレーターで嗅いでみる

 身長の高い男性の場合、エスカレーターは匂いを嗅ぐ絶好ポイント。1段高いところにいるあなたの目の前に、ちょうど男性の頭皮が。少し距離を近づくだけで、約10秒間の嗅ぎ放題タイムのスタートです。

3. 国際的なフリをして、手の甲の匂いを嗅いでみる

 外国人が、映画やドラマでよくやる行為に手の甲にキスというものがあります。手の甲のキスは、「単なる挨拶ですよ?」という言い訳が非常にしやすいのもポイント。1週間くらいの海外旅行でも、「私海外暮らしが長かったから」というエピソードでも会話の中で入れておいて、帰国子女感を演出しましょう。

「ひとまず相手の匂いを嗅いでみる」

 というところから始まる恋愛スイッチは、恋愛リハビリとしても大変有効ですので、しばらくご無沙汰してしまった皆さんは、ぜひ一度トライして見てくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“本当の恋”と男性が感じる5つの瞬間&そう思わせるテクニック
 好きな男性から好意を抱かれるのは嬉しいことですが、相手が本気で思ってくれていなければ意味がありません。実は、男性は女性...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
男性が遊びの女性に送るずるいLINE5選!本性を見極めて
 男性の中には、遊びで女性と付き合う人もいます。でも、そういった男性は女性にモテる人が多く、遊びの女性に対しての上手な扱...
恋バナ調査隊 2021-08-05 06:00 ラブ
女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ