思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-10-29 06:00
投稿日:2021-10-29 06:00
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的になり、心身ともに疲弊する日々だったが、結局は「元さや」に戻ってしまう。彼女とのセックスは狂おしいほど甘美で、目くるめく快楽を味わわせてくれる。夫は大切だけれど、彼女と別れることはできない。
 そんな折、同居する義理の両親から、一度はあきらめた「不妊治療を再開しないか?」と勧められた。唖然とするW子さんは……? 待望の最終話。
 前回までの話はこちら→第1回第2回第3回第4回第5回

不妊治療再開を促された理由とは

やっぱり孫が欲しかったのか(写真:iStock)
やっぱり孫が欲しかったのか (写真:iStock)

――不妊治療の再開とは、驚きです。

「はい、私も義理の両親から『不妊治療を再開しないか?』と言われたときは、一瞬、意味が分かりませんでした。

 結婚した10年前、なかなか子供を授かることができず、人工授精を5回、体外受精を2回もしてもダメでしたから。落ち込む私に、義理の両親のほうが『子供がいなくとも、夫婦仲良く暮らせばいい』と励ましてくれたのに……。

 それに、私には不倫しているレズビアンの彼女・A美(42歳・アパレル・独身)がいます。ケンカばかりしていましたが、大切なパートナーです」

――何がご両親の気持ちを変えたのでしょうか?

「知人の高齢出産です。義理の両親の知り合いにバツイチで再婚した43歳の女性がいたんですね。その女性が身ごもり、2カ月前に出産したんです。高齢出産は様々なリスクがありますが、母子ともに健康で、義理の両親もお祝いをかねて遊びにいったのは知っていましたが……。

 おそらく、その女性に触発されたのだと思います。

 夫は一人息子ゆえ、義両親はやはり孫が欲しかったのだと、胸が痛みました」

夫婦の話し合いが思わぬ事態に

「久しぶりに抱きたい」(写真:iStock)
「久しぶりに抱きたい」 (写真:iStock)

――続けて下さい。

「夜、夫の寝室で話し合いました。9歳上の夫はすでに50歳。ずっとセックスレス状態ですが、セックスには支障はない年齢です。

 夫は『オヤジたちも孫を欲しがっている。もう一度、子作りを考えないか?』と言ってきました。

 私はこたえに詰まりました。

 以前も不妊治療をしましたが、排卵誘発剤を飲んだり、注射に通ったりと、不妊治療は心身にかなりのストレスがかかります。時間もお金もかけて、生理が来た日には本当にショックで――。

 ベビー用品のCMを見たり、ベビーカーを押す母子とすれ違っただけでも心がすさびます。またあの繰り返しかと思うと、目の前が真っ暗になりました。

 何よりも、万が一妊娠したらA美との関係はどうなるの?と空恐ろしくなったんです。

『もう不妊治療はツラい。自分には耐えられない』旨を伝えると、夫は思いがけないことを言ったんです。

『子供を授からなくてもいいよ。久しぶりにW子を抱きたい』って」

エロコク 新着一覧


懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク
脱・マンネリ! 自宅をラブホテル風に演出できるアイテム3選
 コロナ禍で、お部屋デートが続く今日このごろ、今週も彼が部屋に泊まりに来た……! と、戸惑う女性が少なくありません。時に...
内藤みか 2021-10-14 06:00 エロコク
先端を直接デリケート部分にあてたら…オーガズムは不可避♡
 ビビッドなオレンジ色で、形状はまるで糸切りバサミ。雑貨ショップの店頭にあってもおかしくない風貌の「サティスファイヤー ...
桃子 2021-10-10 06:00 エロコク
天国と地獄の繰り返し…豹変した彼女に身も心も傷つけられて
 結婚10年目にしてレズビアンの恋人ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。一目ぼれした相手・A美さんとのセッ...
蒼井凜花 2021-10-08 11:43 エロコク
絶賛の声も 男性は年上女性とのセックスに何を求めている?
 年上女性と年下男性とのカップルが珍しいことではなくなっている今日このごろ、「年上の人とのエッチは最高!」と絶賛する男性...
内藤みか 2021-10-07 06:00 エロコク