危険すぎるやりとり…上司や同僚との社内不倫LINE5選!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-11-06 06:00
投稿日:2021-11-06 06:00
 夫や妻がいる同僚や上司との社内不倫。その多くが、LINEを使ってこっそりやりとりをしているようです。その内容はさまざま。こっそり暗号を使ってやりとりをしているものや、嫉妬に満ちたものなど……。今回は、そんな私たちの知らない水面下での不倫LINEのやりとりをご紹介します。

暗号や嫉妬まで…上司や同僚との社内不倫LINE5選

1.「14時に3階で会議があります」

 こちらは、会社の同僚同士の不倫カップルのLINE。一見、社内での仕事上のやりとりに見えますが、最後のスタンプに違和感を感じますね……。実は2人は、社内でも仕事の合間を縫って密会を重ねており、その合図が「3階で会議があります」というもの。

 この場所は、ほとんど人が通らない階段の踊り場だそうで、こっそり愛を育んでいるようです。暗号を使うのは、妻に見られてもいいようにとのことだと思いますが、最後のスタンプ……。「詰めが甘い!」と、思ってしまうLINEでした。

 

2.「今どこ? また新人のお世話してるの?」

 こちらは、会社の先輩と後輩の不倫カップル。先輩である男性には妻子がいるのですが、女性が入社して研修を担当したことをきっかけに不倫関係になったとのこと。そんな経緯もあってか、男性が研修で可愛い女性と一緒にいるところを見ると、つい嫉妬してしまう女性。

 常に彼を見張って「可愛い子が入ってよかったね!」と、文句を入れる女性。でも、いくら新人とはいえ、お昼も一緒に食べるのは少し怪しいですね……。男性はかなりの女性好きのようです。

3.「あの人いじわるなの…」

 こちらは、少しゾッとする年上の部長と不倫関係にある若い女性のLINEです。部長には家族がいて、年の差も18歳年上とかなりのおじさんなものの、女性は多くの利益があるようです。というのも、社内で嫌な同僚や上司がいたら、この部長に報告すれば左遷してくれるからなのだとか……。

 部長も若い不倫相手に夢中になってしまっているようで、完全に職権濫用ですね。きっと冷静な判断ができなくなっている様子。どこまでも男性の心を手玉に取る、したたかな女性なのかもしれません。

4.「仕事ばっかりしてるけど離婚は進んでるの?」

 こちらの不倫カップル。スリルのある不倫の恋も楽しんで充実している男性は、仕事の調子も絶好調のようです。新しい企画も通って大きなプロジェクトになりそう♡と、嬉しそうに報告したのはよかったのですが、女性は怒っている様子……。

 女性からすると、5年間待ってもなかなか離婚は進まないのに、仕事ばかりどんどん進める彼に怒り心頭のようです。すべてがうまくいくというのは、なかなか難しいのかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-11-25 06:00 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ
何かの罠?元彼の結婚式に呼ばれた!出席の判断基準&注意点
 結婚式は、新郎新婦にとって純粋な愛を誓う神聖な儀式です。でも、世の中には稀に「元彼から結婚式の招待状が届いた」という人...
恋バナ調査隊 2022-11-24 06:00 ラブ
初対面で“恋愛対象落選”は嫌!男がチェックしている女の言動
「人は第一印象が9割」とよくいいますよね。  男性は初対面で恋愛的にアリかナシか判断する場合が多く、第一印象が良くない...
若林杏樹 2022-11-23 06:00 ラブ
40代婚活もタイパ重視!「出会いがない職業」の男性を狙う
 婚活中の女性にとって、まだ相手のいない男性を見つけるのは至難の業ですよね。でも実は「男性の職業」に注目すると、女性との...
恋バナ調査隊 2022-11-23 06:00 ラブ
「動物好きと動物嫌い」結婚か別れか、問題と解決策を総点検
 好きで結婚したい相手がいるけれど、「譲れない部分の価値観が違っている」と悩む人は多いですよね。中でも、自分が動物好き(...
恋バナ調査隊 2022-11-21 06:00 ラブ
夫から離婚したいと言われたら…絶対に避けるべき3つのこと
 突然夫から「離婚したい」と言われたら、誰だって驚きますよね。夫婦関係がうまくいっていない自覚があるのであればまだしも、...
恋バナ調査隊 2022-11-20 06:00 ラブ
同棲だからこそベッタリしたい!性生活を拒む彼女に不満な男
「冷酷と激情のあいだvol.117〜女性編〜」では、同棲開始と同時に夜の生活に積極的になった恋人・ソウイチさん(仮名・3...
2022-11-19 06:00 ラブ
私のキャリアより性欲優先? 同棲に疲弊した33歳女性の憂鬱
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-19 06:00 ラブ
最低最悪彼氏実録エピ~人の財布からお金を抜いてパチンコ!?
 恋愛は、人の数ほどストーリーがあります。胸が熱くなるような純愛エピソードもあれば、時には信じられないくらいの最低最悪彼...
恋バナ調査隊 2022-11-19 06:00 ラブ
贅沢な悩み?「人が良すぎる彼氏」とのお付き合いってどうよ
 人が良すぎる彼氏。一見メリットだらけに感じる男性ですが、意外とそうとは限らないようです。  今回は、人が良すぎる...
恋バナ調査隊 2022-11-18 06:00 ラブ