相模原市「たまご街道」でおいしいもの巡り 2021.11.1(月)

コクハク編集部
更新日:2021-11-01 06:00
投稿日:2021-11-01 06:00
 手頃な価格でありながら、栄養たっぷりのたまごは私たちの生活には欠かせないもの。筆者も一日一個は必ず食べるようにしています。そんなたまごの直売所が集まる、その名も「たまご街道」なる場所が神奈川県相模原市にあるんです。

「Sweet Eggs」で極上エッグベネディクトを食す

バス停を降りてすぐ!(C)コクハク
バス停を降りてすぐ! (C)コクハク

 小田急線相模大野駅北口からバスで20分ほど。麻溝台で下車すると、まず目に飛び込んでくるのが、小川フェニックスさんが運営する「Sweet Eggs」。

 こちら「Sweet Eggs」では、新鮮なたまごを使った料理が食べられます。

 駅から離れた住宅街にもかかわらず、平日の午前中でもにぎわっていました。

奥のゆでたまごはサービスです(C)コクハク
奥のゆでたまごはサービスです (C)コクハク

 なにはともあれ、まずは腹ごしらえ。

 筆者が選んだのは「エッグベネディクトA」(1188円=税込み・以下同)ぷりっぷりの半熟たまごが、マフィンの上に鎮座しています。

セクシーだ…(C)コクハク
セクシーだ… (C)コクハク

 そっとナイフで半熟たまごに切れ目を入れた途端……。

 とろとろの黄身がこんにちは。鮮やかな黄色がまぶしいです。たまらず一口パクリ。

 ベーコンにも負けない、濃厚なお味が口いっぱい広がります。ちょっと待って、たまごってこんなにおいしかったっけ?

「よい卵を作るには、健康な鶏を育てることから」という思いから、環境とエサにとことんこだわっているのだそう。お水も地下水を古代樹(樹木の化石)の層を通したものを与えているそうです。なにそれ、すごくおいしそう。

「昔の味たまご直売所」でお買い物

インパクトのある感看板が目印(C)コクハク
インパクトのある感看板が目印 (C)コクハク

 サービスのゆでたまごもぺろりと平らげ、お腹がいっぱいになったところで、周囲をぶらぶらしてみましょう。

 ほんのりと鶏舎の匂いと、ニワトリの可愛い鳴き声が聞こえます。

 せっかく「たまご街道」に来たのだから、たまごを買って帰ろうと立ち寄ったのが、こちらの「昔の味たまご直売所」。たまごSサイズ21個入り(400円)と、「昔の味たまごプリン」(220円)を買ったところ、またしてもサービスでゆでたまごをいただきました。

ゆで卵がまだ温かくて幸せな気持ちに(C)コクハク
ゆで卵がまだ温かくて幸せな気持ちに (C)コクハク

 こちらの「昔の味たまご直売所」では、火曜日と木曜日限定で「YOLO BURGER」というハンバーガーを販売しています。農場でたまごを生み終えたニワトリのお肉を使用しているとのこと。たまごも、ニワトリも命をいただくことだもんね、としみじみ。

 一般価格は600円のところ、子供と学生には「出世払い価格」が適応されて350円なのだそう。

 子供たち、若者たちが社会人になった時、もしその時までこのハンバーガー屋が続いていたら、今度は定価で食べて欲しい。そしてその時代の子供たち、若者たちに、このハンバーガーを「出世払い価格」で食べさせてあげて欲しい。それが私たちが思う「恩のリレー」です。

 なんて素敵なんだ……!学生時代に知りたかったよ。なんてね、もういい大人だしね。今度はぜひ「YOLO BURGER」を食べてみようと思います!

たまご祭り開催です!

こちら本日の戦利品です(C)コクハク
こちら本日の戦利品です (C)コクハク

 さてさて、お土産も買ったところで帰宅。さっそくいただいてみましょう。

プリンのお味は…

フタのフォントがかわいい(C)コクハク
フタのフォントがかわいい (C)コクハク

 まずはプリンから。

「昔の味たまごプリン」というだけあり、しっとりと吸いついてくるような食感です。

 生クリームを使っていないのに濃厚な味わい。ああ、幸せ……。

だいぶ食べてしまったけど(C)コクハク
だいぶ食べてしまったけど (C)コクハク

 別添えのカラメルソースをかけてちょっと味変。ほろ苦さと甘さのバランスがバッチリ。

 ちょっと小ぶりなサイズなのも◎。物足りないかな? くらいのボリュームがまたいいんですよねー。いつか、このプリンを丼いっぱいに食べたい。

フード 新着一覧


プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...