相模原市「たまご街道」でおいしいもの巡り 2021.11.1(月)

コクハク編集部
更新日:2021-11-01 06:00
投稿日:2021-11-01 06:00
 手頃な価格でありながら、栄養たっぷりのたまごは私たちの生活には欠かせないもの。筆者も一日一個は必ず食べるようにしています。そんなたまごの直売所が集まる、その名も「たまご街道」なる場所が神奈川県相模原市にあるんです。

「Sweet Eggs」で極上エッグベネディクトを食す

バス停を降りてすぐ!(C)コクハク
バス停を降りてすぐ! (C)コクハク

 小田急線相模大野駅北口からバスで20分ほど。麻溝台で下車すると、まず目に飛び込んでくるのが、小川フェニックスさんが運営する「Sweet Eggs」。

 こちら「Sweet Eggs」では、新鮮なたまごを使った料理が食べられます。

 駅から離れた住宅街にもかかわらず、平日の午前中でもにぎわっていました。

奥のゆでたまごはサービスです(C)コクハク
奥のゆでたまごはサービスです (C)コクハク

 なにはともあれ、まずは腹ごしらえ。

 筆者が選んだのは「エッグベネディクトA」(1188円=税込み・以下同)ぷりっぷりの半熟たまごが、マフィンの上に鎮座しています。

セクシーだ…(C)コクハク
セクシーだ… (C)コクハク

 そっとナイフで半熟たまごに切れ目を入れた途端……。

 とろとろの黄身がこんにちは。鮮やかな黄色がまぶしいです。たまらず一口パクリ。

 ベーコンにも負けない、濃厚なお味が口いっぱい広がります。ちょっと待って、たまごってこんなにおいしかったっけ?

「よい卵を作るには、健康な鶏を育てることから」という思いから、環境とエサにとことんこだわっているのだそう。お水も地下水を古代樹(樹木の化石)の層を通したものを与えているそうです。なにそれ、すごくおいしそう。

「昔の味たまご直売所」でお買い物

インパクトのある感看板が目印(C)コクハク
インパクトのある感看板が目印 (C)コクハク

 サービスのゆでたまごもぺろりと平らげ、お腹がいっぱいになったところで、周囲をぶらぶらしてみましょう。

 ほんのりと鶏舎の匂いと、ニワトリの可愛い鳴き声が聞こえます。

 せっかく「たまご街道」に来たのだから、たまごを買って帰ろうと立ち寄ったのが、こちらの「昔の味たまご直売所」。たまごSサイズ21個入り(400円)と、「昔の味たまごプリン」(220円)を買ったところ、またしてもサービスでゆでたまごをいただきました。

ゆで卵がまだ温かくて幸せな気持ちに(C)コクハク
ゆで卵がまだ温かくて幸せな気持ちに (C)コクハク

 こちらの「昔の味たまご直売所」では、火曜日と木曜日限定で「YOLO BURGER」というハンバーガーを販売しています。農場でたまごを生み終えたニワトリのお肉を使用しているとのこと。たまごも、ニワトリも命をいただくことだもんね、としみじみ。

 一般価格は600円のところ、子供と学生には「出世払い価格」が適応されて350円なのだそう。

 子供たち、若者たちが社会人になった時、もしその時までこのハンバーガー屋が続いていたら、今度は定価で食べて欲しい。そしてその時代の子供たち、若者たちに、このハンバーガーを「出世払い価格」で食べさせてあげて欲しい。それが私たちが思う「恩のリレー」です。

 なんて素敵なんだ……!学生時代に知りたかったよ。なんてね、もういい大人だしね。今度はぜひ「YOLO BURGER」を食べてみようと思います!

たまご祭り開催です!

こちら本日の戦利品です(C)コクハク
こちら本日の戦利品です (C)コクハク

 さてさて、お土産も買ったところで帰宅。さっそくいただいてみましょう。

プリンのお味は…

フタのフォントがかわいい(C)コクハク
フタのフォントがかわいい (C)コクハク

 まずはプリンから。

「昔の味たまごプリン」というだけあり、しっとりと吸いついてくるような食感です。

 生クリームを使っていないのに濃厚な味わい。ああ、幸せ……。

だいぶ食べてしまったけど(C)コクハク
だいぶ食べてしまったけど (C)コクハク

 別添えのカラメルソースをかけてちょっと味変。ほろ苦さと甘さのバランスがバッチリ。

 ちょっと小ぶりなサイズなのも◎。物足りないかな? くらいのボリュームがまたいいんですよねー。いつか、このプリンを丼いっぱいに食べたい。

フード 新着一覧


新発売の海老肉焼売とザ★シュウマイどっち 2022.8.16(火)
 餃子好きの皆さん、こんにちは。我われの関心事といえば、8月7日に全国発売となった味の素冷凍食品の「黒豚大餃子」と「海老...
「イカの大葉炒め」簡単にパパッと作れる!本格中華おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「あさりのネギ生姜炒め」紹興酒をちびちびやれば本場の気分
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
【ビアボール】炭酸飲料で割る自由なビール 2022.8.11(木)
 夏といえば、ビアガーデンですよね。ビールやクラフトビールはもちろん、まだ発売していない新商品を楽しめるビアガーデンもあ...
新発見!「岩下の新生姜」が飲み物だった件 2022.8.9(火)
 アラフォーですが、いちごオレが好きです。あの優しい甘さにほっこり癒されます。ピンクと白のパッケージもかわいいですよね。...
「上海だれの茹で鶏」肉質しっとり&うま味じゅわ~の幸せ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「ソーミンちゃんぷるー」おかずにもシメにもなる懐かしい味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【Picard】並べて焼くだけ!冷凍パン食べ比べ 2022.8.2(火)
 パンは焼きたてが一番おいしいですよね。ただ、パン屋さんから持ち帰って、しなしなになってしまったという経験はありませんか...
「ラフティー(豚の角煮)」皮つきの塊肉を仕入れて作りたい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「もずくの天ぷら」スナック感覚でオリオンビールとご一緒に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
カルビーvs湖池屋 新作ポテチを食べてみた 2022.7.28(木)
 日本のポテチ界を牽引する、カルビーと湖池屋が7月25日に新商品を発売しました。コンビニでも…はい、この通り。仲良く並ん...
「スーチカー」塩と豚肉と脂を味わう沖縄のほったらかし料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「ゴーヤーサラダ」美容に良さそう!生のゴーヤをマヨ和えで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【バーミヤン】火鍋しゃぶしゃぶで爆食い 2022.7.23(土)
 バーミヤンの「火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題」(制限時間100分、実施有無は店舗ごとに異なる)をご存知でしょうか?  S...
「バン・チャン・ヌン(ライスペーパーピザ)」ワインで乾杯
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
【KALDI】パッキーマオ 激辛バジル焼きそば 2022.7.21(木)
 7月ももうじき終わり。暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか? こう暑いと恋しくなるのが辛いもの! 「ペヤング獄激辛...