激辛からの卒業? ペヤング新商品を実食 2021.10.27(水)

コクハク編集部
更新日:2021-10-27 06:00
投稿日:2021-10-27 06:00
 なんということでしょう! まるか食品さんがまたしても新商品をリリースしました。その名も「社員が思う一番美味しい辛さ」。10月19日からローソンにて先行発売中です。

「それな」と「いまさら?」の嵐

インパクト大のパッケージ(C)コクハク
インパクト大のパッケージ (C)コクハク

 商品名、長すぎへん? そんで結局何味やねん? と思わず突っ込んでしまいました。

 まるか食品さんのHPによると、

「ペヤングの激辛では辛すぎる」という声を受け開発した、「旨さ」と「辛さ」を兼ね備えた商品です。辛さの中にも旨味をしっかりと感じられることが特徴となっており、超大盛サイズで食べ応えの仕上がりです。

 とのこと。全身全霊で「それな」とうなずきました。そして「いまさら?」とも。

 思えば筆者は「極激辛シリーズ」に、散々泣かされてきました。凶暴な辛さはもはや食品の域を超えており、涙と鼻水にまみれながら「ペヤング社員さんらは、ほんまにこれ食うたんか?」と疑問に思ったものです。

 普通、試作の時点でこんなに辛かったら止めるやろ。止めておこうって言うやろ。買うやつおらんで? って言うわ! まあ、買いましたけども。

 そんなペヤング社員が「一番美味しいと思う辛さ」というなら、食べてみようじゃないか!

ソースのビジュアルに変化が!

ソースが違う!(C)コクハク
ソースが違う! (C)コクハク

 早速開けてみると、ソースとかやくのコンビがこんにちは。

 しかーし、今回のソースは装いも新た。極激辛シリーズではおなじみの、警告感あふれる「ド派手カラー×黒」ではございません。

よみがえる「ペヤングW獄激辛」の悲劇

いい色してやがるぜ…(C)コクハク
いい色してやがるぜ… (C)コクハク

 透明の袋には何やら深紅の液体が入っていますね。見える化の動きはこんなところにまで波及しているのでしょうか。かなり辛そうな色合いをしています。大丈夫かいな?

 今回も恐ろしいことに「超大盛」。脳裏に「ペヤングW獄激辛」の悲劇がよみがえります。

 あの時は、辛いし、量は多いしでひどい目にあいました。

 もし、この「社員が思う一番美味しい辛さ」がものすごく辛かったらどうしよう……。しかし、ここまで来ては後には引けません。ペヤング社員さんの味覚を信じるのみ!

軽ーい感じのソースにドキドキ(C)コクハク
軽ーい感じのソースにドキドキ (C)コクハク

 不安を抱えながら、お湯をそそぎ3分。おそるおそる、ソースをかけてみます。

 あれ? 極激辛シリーズ特有の刺激臭がしません。かけてみた感触もなんだかサラサラと軽やかです。これは、イケるかもよ!

いざ、実食!

いただきまーす(C)コクハク
いただきまーす (C)コクハク

 いただきます。

 うん、うん、うん。なるほどね。ふむふむ。

 おいしい!!!

 豆板醬の効いた味噌風味で、めっちゃめちゃ食べやすいです。ちょっとピりっとするけど、それがまた癖になるお味です。

 喉が飲み込むことを拒否した極激辛シリーズがウソのよう。するすると入っていきます。

 これだよ、こういうのだよ! わざわざ味変をしなくても、そのままの味を楽しめる……これこそが「ペヤング」なんだよ。

 ああ、なんだかペヤングを抱きしめてあげたくなってきました。

「無理してとがらなくてもいいんだよ。あなたはそのままで十分おいしいんだから。大丈夫、ペヤング。自信持って! 大好きだよ♡」と言ってあげたい。

そして新たな疑問

カロリーに恐れおののく(C)コクハク
カロリーに恐れおののく (C)コクハク

 とまあ、「社員が一番おいしいと思う辛さ」の看板に偽りはありませんでした。ならば、獄辛シリーズは社員の美味ランキングの何位なのか気になりますけどね。

 そして、さらに新たな疑問。

 ていうか、量多すぎん? こちらのカロリーはなんと1078キロカロリー。成人女性(30〜49歳)の一日の平均摂取カロリーとされる1750キロカロリーに迫ってきてるし。なぜ、通常サイズにしなかったのだろうか。完食したけどさー。

 食べれば食べるほど、謎が深まる「ペヤング」シリーズ。ますます目が離せません!

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...