ホムパ何持ってく?おかぶりしない手土産 2021.10.26(火)

コクハク編集部
更新日:2021-10-26 06:00
投稿日:2021-10-26 06:00

ホームパーティ、何を持っていきますか?

おいしくて頼りになるアナタ(C)コクハク
おいしくて頼りになるアナタ (C)コクハク

 ホームパーティにお呼ばれした際の手土産選び、楽しいけれども、迷いますよね。。

 先だって、仲良くさせていただいている飲むこと食べることが大好きなアラサー&アラフォーが集う女子会があり、さて、どうしようかなと。

 この日は、料理上手なM嬢から「さつま揚げを揚げちゃうよ♪」と、お声がけをいただいた会。招集LINEには「自分の好きな飲み物持参で♡」と明記されていました。手作りかつ揚げたてのさつま揚げー! となれば、芋焼酎のお湯割りだな(ニヤリ)と、お酒はソッコーで狙いを定めたのですが(笑)、それだけでは寂しいな、と。

「何かつまみを一品持ち寄る」というバージョンもあるけれども、今回はドリンクのみ。とはいえ、食いしん坊ばかりが集う会だから、みんな、何かしらちょこちょこ持ってくるだろうなあ。

 せっかくだし、誰かとおかぶりしないものって何だろう……あ、アレだ!

 と、筆者が思い浮かんだのが、こちら。浅草・田原町にある「洋菓子レモンパイ」さんのレモンパイです。

レモンパイを猛プッシュする理由

メレンゲがツンツン! 盛り上がる見た目です♡(C)コクハク
メレンゲがツンツン! 盛り上がる見た目です♡ (C)コクハク

 女子会ともなれば、スイーツは“別腹”ってやつですよね。まれに浴びるほど飲み、山ほどつまみを食べ、甘い物まで到達できない時もなくは、ない。そんな時を想定して、なるべく日持ちができるものや小分けして各自持ち帰りができるようなものを選ぶのがベターだと思うのですが、6人が集まる会だったので、ホール買いで楽しめたらなと。

 しかも、こちらのレモンパイは、

・見た目がかわいらしくて、食べる前から盛り上がること必至
・配送なし、オンライン販売なし。田原町のお店でしか購入できないため、誰かとかぶる可能性はとても低い
・軽めのメレンゲ&甘酸っぱいレモンクリームのコンビネーションの味わいは、苦手な人が少ない

 と、いいこと尽くしなんです。

30年前から愛され続けている看板ケーキ

店の外観からして萌える!(C)コクハク
店の外観からして萌える! (C)コクハク

 確実にゲットするには、予約がベター。当日事前に電話し、お店に向かいます。

 秋晴れの週末、お店の前にはご覧のようにちょっとした行列が。レモンパイは1981年の創業以来、店の看板商品。店名に掲げるぐらい自信作、というわけですね。ビジュアルも「レモンパイカラー」で統一されています。おそらく、レモンカラーと表現したほうが正しいのだと思うのですが、リスペクトマックス! というわけで、あえて、レモンパイカラーとさせてください。

レモンパイのほかにも…

ケーキがショーケースに補充されては売れていくの繰り返し!(C)コクハク
ケーキがショーケースに補充されては売れていくの繰り返し! (C)コクハク

 筆者はお目当てのレモンパイをホール(1900円・税込み=以下同)で購入しましたが、りんごのタルトやキャラメルクリームタルト、ブルーベリータルト(各400円)などを組み合わせ、それぞれピースで購入しているお客さんも多くいらっしゃいました。もちろん、レモンパイ(300円)もピースで購入可。

包装紙も看板もレトロかわいい(C)コクハク
包装紙も看板もレトロかわいい (C)コクハク

 ホール買いの場合だけかもしれませんが、愛らしい包装紙でラッピングしてくださいます。持ち歩く足取りも軽く、ウキウキ、ウキウキ。

で、どうだった?

また食べたい!(C)コクハク
また食べたい! (C)コクハク

 ふわっふわのメレンゲが乗ったレモンパイは日持ちがしません。スイーツまで到達するかな? と、ちょっぴり心配ではあったものの、6等分ともなれば、あっという間にペロリです(笑)。

 おかげさまで「おいしい!」「かわいい!」「容赦なく酸味があっていい!」「バランスが完璧!」「お腹いっぱいでも食べられる!」といった具合に好評でした。

 よろしければ、あなたの“テッパン”手土産リストに加えてください。

(編集O)

「洋菓子レモンパイ」のHPはこちら

関連キーワード

フード 新着一覧


一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
ダシとスパイスで食す「マサライカ焼き」大阪名物を超える?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
「麻婆キーマカレー」お酒と一緒にちびりちびりつまみたい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...