「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-12-04 06:00
投稿日:2021-12-04 06:00
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで怖い思いをしたという人も多いようです。そこで今回は、元彼から届いた身勝手でちょっと怖いLINEを5つ、ご紹介します!

身勝手すぎる…元彼からのちょっと怖いLINE5選

1.「俺に未練があるんじゃない?」

 こちらの元彼は、「お前の新しい彼氏は俺の後輩。嫉妬させようとしてるのは未練があるからでしょ?」と送ってきています。ここまではまあいいとして、怖いのがそのあと。「後悔してるならヨリ戻してやってもいいよ」との一言。なぜ、上から目線なのでしょう……。

 女性も「未練なんてないから!」と伝えていますが、きっとこの元彼のメンタルは強いと思うので効果はなさそうですね。こういった男性には、何を言っても変にポジティブに捉えられてしまいそうなので、無視するのが得策かもしれません。

2.「結婚しよう!」

 こちらのLINEは、前半部分で「お前がいないと手首切るかも」。後半部分で「結婚しよう! 絶対幸せにしてやる!」という、かなり情緒不安定なLINEですね……。実はこの女性、この男性に浮気された揚げ句、暴力をふるわれて別れたそう。

 本当に「どの口が言ってるの!?」ですよね。しかも、ここで自分のペースに持っていけたと思ったのか、素直に謝り、「愛してるよ?」の一言。なんでしょうか……もう怖いとしか言いようがありません。

3.「もう一瞬も離さないから…」

 こちらのLINEは、元彼からの一方的な決意の告白。「気持ちを取り戻すために変わると決めた」「毎日連絡してさみしい思いはさせない」「なんでも報告する」と、こちらが頼んでもいない決意を固めてしまっているようです。

 さらに一番最後の「もう一瞬も離さないから……」の言葉には、ちょっと寒気さえ感じます。きっと、このような身勝手な部分に呆れて彼女も振ったのだと思うのですが、今だに気づいていないようですね。

4.「ねえ、いま家の前なんだけど」

 こちらの元彼は、ストーカー気質の強い男性のようです。まず、別れたあとの引っ越し先の家に突然来たこと自体が悪夢ですね。さらに、荷物の忘れ物を理由に家のドアを開けるように言っています。

 彼女が警察を呼ぶと伝えたあとの「そっちはそう出るんだね?」のあたりには、事件の予感すら感じますね。この彼女は、すぐに家を引っ越してスマホも変えたそう。この後、ニュースなどに出ていなければいいのですが……。

5.「お前の本性を拡散してやる」

 こちらの彼氏は、かなりの性悪タイプ。突然のLINEで、彼女の悪いところを書き連ねています。どの悪口を読んでも、元彼がいかに彼女のことを偏見と恨みの目で見ているのかが伝わってきますね。

 女性から一喝されると、感情が爆発。「お前に新しい彼氏ができないように拡散してやるからな!」の一言。結局、この内容が拡散されたかどうかは確認できなかったようですが、こういう恨みを持つタイプの男性と付き合うと、別れたあとが厄介そうです。

元彼からのちょっと怖いLINEは周囲に相談して!

 元彼からのちょっと怖いLINEといっても、中には恐怖を通り越して事件性を感じるものまであるようです。もし、しつこくLINEがくる時には、遠慮せずに周囲の友人や両親、場合によっては警察などに相談してみましょう。

 彼も早く気持ちを入れ替えて、新しい恋へと進んでくれるといいですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ
“在宅ワーク+歯医者”の謎解き 不倫発覚妻のボロ出たLINE3選
 不倫をしている女性って「絶対にバレない」という謎の自信がある人が多いようです。でも、そう思っていたのに、些細なLINE...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
愛情表現or独占欲? “やたらとキス魔な男性”特徴5つと対処法
 大好きな男性からキスをされると嬉しいもの。でも、場所や状況を考えずに何度もキスをされると、さすがに嫌気がさしてしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-08-07 06:00 ラブ
浮気を見破るプロが分析!“絶対に浮気しない”男たちの共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。男女の問題はさまざまですが、一番胸を痛めてしまうのは「浮気」かもしれません。...
山崎世美子 2022-08-06 06:00 ラブ
「喧嘩より100倍マシ」恋人に何でも確認するバツ1男性の理屈
「冷酷と激情のあいだvol.102〜女性編〜」では、恋人のコウジさん(仮名・39歳)がなんでも自分に質問をしてからでなけ...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
「今日はする?」夜の生活も指示待ちする恋人に面食らう女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-06 06:00 ラブ
男を見る目ない自分にイラッ! 無神経な彼氏に冷めたエピ3選
 今回は、女性の「無神経な彼氏に冷めたエピソード」をご紹介します。あなたも、付き合ったあとに「そんな人だったの……?」と...
恋バナ調査隊 2022-08-06 06:00 ラブ