「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-12-04 06:00
投稿日:2021-12-04 06:00
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで怖い思いをしたという人も多いようです。そこで今回は、元彼から届いた身勝手でちょっと怖いLINEを5つ、ご紹介します!

身勝手すぎる…元彼からのちょっと怖いLINE5選

1.「俺に未練があるんじゃない?」

 こちらの元彼は、「お前の新しい彼氏は俺の後輩。嫉妬させようとしてるのは未練があるからでしょ?」と送ってきています。ここまではまあいいとして、怖いのがそのあと。「後悔してるならヨリ戻してやってもいいよ」との一言。なぜ、上から目線なのでしょう……。

 女性も「未練なんてないから!」と伝えていますが、きっとこの元彼のメンタルは強いと思うので効果はなさそうですね。こういった男性には、何を言っても変にポジティブに捉えられてしまいそうなので、無視するのが得策かもしれません。

2.「結婚しよう!」

 こちらのLINEは、前半部分で「お前がいないと手首切るかも」。後半部分で「結婚しよう! 絶対幸せにしてやる!」という、かなり情緒不安定なLINEですね……。実はこの女性、この男性に浮気された揚げ句、暴力をふるわれて別れたそう。

 本当に「どの口が言ってるの!?」ですよね。しかも、ここで自分のペースに持っていけたと思ったのか、素直に謝り、「愛してるよ?」の一言。なんでしょうか……もう怖いとしか言いようがありません。

3.「もう一瞬も離さないから…」

 こちらのLINEは、元彼からの一方的な決意の告白。「気持ちを取り戻すために変わると決めた」「毎日連絡してさみしい思いはさせない」「なんでも報告する」と、こちらが頼んでもいない決意を固めてしまっているようです。

 さらに一番最後の「もう一瞬も離さないから……」の言葉には、ちょっと寒気さえ感じます。きっと、このような身勝手な部分に呆れて彼女も振ったのだと思うのですが、今だに気づいていないようですね。

4.「ねえ、いま家の前なんだけど」

 こちらの元彼は、ストーカー気質の強い男性のようです。まず、別れたあとの引っ越し先の家に突然来たこと自体が悪夢ですね。さらに、荷物の忘れ物を理由に家のドアを開けるように言っています。

 彼女が警察を呼ぶと伝えたあとの「そっちはそう出るんだね?」のあたりには、事件の予感すら感じますね。この彼女は、すぐに家を引っ越してスマホも変えたそう。この後、ニュースなどに出ていなければいいのですが……。

5.「お前の本性を拡散してやる」

 こちらの彼氏は、かなりの性悪タイプ。突然のLINEで、彼女の悪いところを書き連ねています。どの悪口を読んでも、元彼がいかに彼女のことを偏見と恨みの目で見ているのかが伝わってきますね。

 女性から一喝されると、感情が爆発。「お前に新しい彼氏ができないように拡散してやるからな!」の一言。結局、この内容が拡散されたかどうかは確認できなかったようですが、こういう恨みを持つタイプの男性と付き合うと、別れたあとが厄介そうです。

元彼からのちょっと怖いLINEは周囲に相談して!

 元彼からのちょっと怖いLINEといっても、中には恐怖を通り越して事件性を感じるものまであるようです。もし、しつこくLINEがくる時には、遠慮せずに周囲の友人や両親、場合によっては警察などに相談してみましょう。

 彼も早く気持ちを入れ替えて、新しい恋へと進んでくれるといいですね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ