「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-12-04 06:00
投稿日:2021-12-04 06:00
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで怖い思いをしたという人も多いようです。そこで今回は、元彼から届いた身勝手でちょっと怖いLINEを5つ、ご紹介します!

身勝手すぎる…元彼からのちょっと怖いLINE5選

1.「俺に未練があるんじゃない?」

 こちらの元彼は、「お前の新しい彼氏は俺の後輩。嫉妬させようとしてるのは未練があるからでしょ?」と送ってきています。ここまではまあいいとして、怖いのがそのあと。「後悔してるならヨリ戻してやってもいいよ」との一言。なぜ、上から目線なのでしょう……。

 女性も「未練なんてないから!」と伝えていますが、きっとこの元彼のメンタルは強いと思うので効果はなさそうですね。こういった男性には、何を言っても変にポジティブに捉えられてしまいそうなので、無視するのが得策かもしれません。

2.「結婚しよう!」

 こちらのLINEは、前半部分で「お前がいないと手首切るかも」。後半部分で「結婚しよう! 絶対幸せにしてやる!」という、かなり情緒不安定なLINEですね……。実はこの女性、この男性に浮気された揚げ句、暴力をふるわれて別れたそう。

 本当に「どの口が言ってるの!?」ですよね。しかも、ここで自分のペースに持っていけたと思ったのか、素直に謝り、「愛してるよ?」の一言。なんでしょうか……もう怖いとしか言いようがありません。

3.「もう一瞬も離さないから…」

 こちらのLINEは、元彼からの一方的な決意の告白。「気持ちを取り戻すために変わると決めた」「毎日連絡してさみしい思いはさせない」「なんでも報告する」と、こちらが頼んでもいない決意を固めてしまっているようです。

 さらに一番最後の「もう一瞬も離さないから……」の言葉には、ちょっと寒気さえ感じます。きっと、このような身勝手な部分に呆れて彼女も振ったのだと思うのですが、今だに気づいていないようですね。

4.「ねえ、いま家の前なんだけど」

 こちらの元彼は、ストーカー気質の強い男性のようです。まず、別れたあとの引っ越し先の家に突然来たこと自体が悪夢ですね。さらに、荷物の忘れ物を理由に家のドアを開けるように言っています。

 彼女が警察を呼ぶと伝えたあとの「そっちはそう出るんだね?」のあたりには、事件の予感すら感じますね。この彼女は、すぐに家を引っ越してスマホも変えたそう。この後、ニュースなどに出ていなければいいのですが……。

5.「お前の本性を拡散してやる」

 こちらの彼氏は、かなりの性悪タイプ。突然のLINEで、彼女の悪いところを書き連ねています。どの悪口を読んでも、元彼がいかに彼女のことを偏見と恨みの目で見ているのかが伝わってきますね。

 女性から一喝されると、感情が爆発。「お前に新しい彼氏ができないように拡散してやるからな!」の一言。結局、この内容が拡散されたかどうかは確認できなかったようですが、こういう恨みを持つタイプの男性と付き合うと、別れたあとが厄介そうです。

元彼からのちょっと怖いLINEは周囲に相談して!

 元彼からのちょっと怖いLINEといっても、中には恐怖を通り越して事件性を感じるものまであるようです。もし、しつこくLINEがくる時には、遠慮せずに周囲の友人や両親、場合によっては警察などに相談してみましょう。

 彼も早く気持ちを入れ替えて、新しい恋へと進んでくれるといいですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-12-02 13:24 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ